2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

ジャズボーカル

2016年4月 9日 (土)

Youn Sun Nah / Lento(2013年)

51olnnrrful
Musician●Youn Sun Nah(vocal)
Title●Lento(2013年)
■Amazonより購入


韓国出身の歌姫Youn Sun Nah(ユンサンナ)によるリーダー作です。2013年、ACTレーベルよりリリース。そういえば韓国出身で似たような名前の女性タレントがいましたが、最近は姿を見かけなくなりましたね。このYoun Sun Nahの存在を知ったのはNguyen Leの「Celebrating The Dark Side Of The Moon」(2014年)への客演がきっかけです。何とも野太く力強いボーカルが印象的だったわけです。

Youn Sun Nahの経歴を調べてみると、父は指揮者、母はミュージカル俳優という音楽一家に生まれ、大学ではフランス文学を専攻。ファッション会社で働いていたところ歌が上手いという理由で劇団にスカウトされ、ミュージカル女優に転身します。そこでプロ歌手を本格的に目指すことに。27歳の時にフランスへ渡り、ジャズとシャンソンを学び2001年にフランスでプロデビューを果たします。音楽的活動は当初、フランスと韓国に限られていましたが、やがてヨーロッパ全域で存在が知られるようになります。近年では、ジャンルにとらわれないワールドワイドな活動を展開しています。

というわけで参加メンバーのご紹介。
Youn Sun Nah / vocal
Ulf Wakenius / guitar
Lars Danielsson / bass,cello
Vincent Peirani / accordion,accordina
Xavier Desandre-Navarre / percussions

Ulf WakeniusとLars Danielssonの起用が彼女に対する高い期待値を示していますよね。

音楽としては先に触れたようにジャズ、シャンソン、そして韓国の伝統音楽と実に多岐にわたります。これといって音楽的な枠組みにこだわらないというか、はじめからそうしたものから超越した部分で勝負しているのでしょう。ですから、東アジア出身ということでオリエンタルチックな要素を期待することはあまり意味がないかもしれません。それよりも何と言っても彼女の魅力は表現力豊かな歌唱力で、曲に合わせて変幻自在の声を操ります。WakeniusとDanielssonの好サポートも光ります。#11「Arirang」はあの“アリラン”です。

●Musicians
Youn Sun Nah / vocal
Ulf Wakenius / guitar
Lars Danielsson / bass,cello
Vincent Peirani / accordion,accordina
Xavier Desandre-Navarre / percussions

●Numbers
1.  Lento
2.  Lament
3.  Hurt
4.  Empty Dream
5.  Momento Magico
6.  Soundless Bye
7.  Full Circle 
8.  Ghost Riders In The Sky
9.  Waiting
10. Arirang
12. New Dawn

2015年11月 8日 (日)

SUNNY KIM / PAINTER'S EYE(2010年)

R0013891_1024x768
Musician●Sunny Kim(vocal)
Title●Painter's Eye(2010年)
■HMVより購入


韓国のジャズシンガーSunny Kim(サニー・キム)聴き2枚目です。The Shining Sea(2014年)から遡ります。この人に関する情報は相変わらず少ないのですが、どうやらスティーヴ・レイシーに師事していたとか。スティーヴ・レイシーは2004年に亡くなっていますので、お弟子さんだったのはそれなりに昔のことになります。どうしてサックス奏者の弟子がボーカルを?と思わないわけではありませんが、そのあたりの詳細は不明です。どちらかと言えばメーンストリームから離れた裏街道系のミュージシャンであることは間違いないようです。

というわけでメンバーの紹介を。

Sunny Kim / vocal
Ben Monder / guitar
Richie Barshay / percussions
Pheeroan AkLaff / percussions
Chris Speed / reeds
Angelica Sanchez / piano
Sean Conly / bass

という面々です。正直に言いますとBen Monderの参加が購入動機なのですが、よくよくメンバーを見るとJim Black周辺人物のクラリネット奏者Chris SpeedやMarc Ducret周辺の鍵盤楽器奏者Angelica Sanchez、Tony Malaby周辺のベース奏者Sean Conlyなど、一癖もふた癖もありそうなミュージシャンばかりです。

というわけで拝聴です。

Sunny Kimの歌唱は非常に骨太で、かなりお腹に響いてきます。英語とハングル語で歌い分けていますが、英語で歌う曲はどちらかというとコンテンポラリー系なのに対して、ハングル語の場合はかなり韓国色というかアジア的な色彩が強まります。当たり前か。特にハングル語から伝わる一種の情念のような感情は彼女ならではの魅力です。お勧めは表題曲#2「Painter's Eye」。Ben Monderによる極度に絞り込まれたまるで俳句のようなギターワークとKimの優しげな歌声があいまって、素晴らしい幻想世界を構築しています。

●Musicians
Sunny Kim / vocal
Ben Monder / guitar
Richie Barshay / percussions
Pheeroan AkLaff / percussions
Chris Speed / reeds
Angelica Sanchez / piano
Sean Conly / bass

●Numbers
1. Passing
2. Painter's Eye
3. A Tree and a Bird
4. Ink Silence
5. In Between
6. Worm
7. Bloom and Winter
8. A Slow Landscape

2015年3月22日 (日)

SUNNY KIM / THE SHINING SEA(2014年)

R0013811_1024x768
Musician●Sunny Kim(vocal)
Title●The Shining Sea(2014年)
■Amazonより購入


今回初めて聴くミュージシャンです。韓国出身のジャズシンガー、Sunny Kim(サニー・キム)の作品です。2014年11月リリース。版元は韓国の「ヨリン音楽」。2013年11月13日、14日にソウルにある「オリンパスホール」でのライブ音源になります。このSunny Kimというお方、調べてみたらすでに数枚ほどアルバムをリリースしているようで、同国では有名なミュージシャンのようです。

実は「高速アルペジオの名手」Ben Monderの近作を調べていたところ偶然引き当てた物件で、Ben Monder以外の事前情報は一切なしの状態で購入しました。しかし、これが大変な掘り出し物!Sunny Kimの歌唱からは一聴すると英語で歌っていることもあり、あまり韓国色というかアジア的な要素が感じられません。しかし、アルバム後半にさしかかりハングル語で歌い始めると俄然アジア色が濃厚になります。何というかジャズ風の韓国演歌を聴いているかのようです。まるで怨念を込めているかのような土臭さがみなぎります。歌声はとにかく骨太なんですが、時として高音ファルセットを駆使するなど変幻自在の魅力を秘めています。変幻自在という意味では、Ben Monderと共演歴があるTeo Bleckmannと共通するものがありますが、個人的にはSunny Kimの表現力のほうが圧倒していると感じました。いずれにしろ、この人ただ者ではないですね。韓国出身のジャズシンガーといえば、Nguyen Leの新譜に参加したYoun Sun Nahも凄いと思ったのですが、このSunny Kimも侮れません。

で、Ben Monderですが昔の十八番である「高速アルペジオ」はほとんど使わず、コードワークとエフェクターで勝負する奏法へ変えたようです。相変わらず変てこりんですね。まぁ、この人しか出せない音色は健在です。このアルバム、Amazonなどでも購入できますが版元が韓国ということもあって、韓流ネットショップでも入手できるようです。


●Musicians
Sunny Kim / voice,live electronic processing, kkwaenggwari,temple bells
Ben Monder / guitar

●Numbers
1.   Willow Weep For Me
2.   Late Green
3.   Everywhere
4.   Let’s Fall in Love
5.   Love, On Tis Loneliness
6.   Worm
7.   Wild Rose / Lullaby for Rose
8.   The Shining Sea

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ