2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月19日 (月)

「Hello 三島!Lu7冬ツアー」のライブに行ってきました♪

Wfullsizerender
Musicians●梅垣ルナ(keyboards)、栗原務(guitar)、岡田治郎(bass)、嶋村一徳(drums)
Date●2016/12/11 Sun.
Place●三島afterBeat


「Lu7」が初のツアーを行うということで行ってきました。つい先日高田馬場で「Lu7秋の陣」を敢行したばかりなのに1ヶ月も経たないうちに彼らのライブに触れることができるとは!というわけで、在来線やら新幹線やらを乗り継いでやってきたのが「三島afterBeat」。元々は担々麺が有名な中華料理屋で機会があるとライブ会場に変身するというユニークなお店。三島駅から徒歩約15分ほどのロケーションです。学生時代、隣町の沼津に学校寮があった関係でここら辺は何度も訪れていることもあり、馴染み深く、なんだか懐かしいなと感慨にふけりながら歩いて行くと現地到着です。例によって開場時間の少し前に着いたのですが、まだリハーサルが終わっていなかったようで、演奏が店外まで漏れ聴こえてきます。本番前に生音を聴けるとはなんだか得した気分になりますね。

Ffullsizerender
そんなこんなで開場を待っていると、Lu7ライブの常連のお方も到着し、しばし歓談。やがてお店スタッフの方に誘われて店内に入場です。第一印象として「ステージが近い!」。キャパ的には10数名程度のこじんまりとした空間で、私は事前の希望どおりステージ向かって右寄り席を陣取ります。すでにテンションが上がってしまった私は写真を撮りまくっていたのですが、先ほどの常連さんに「マグカップ買わなくていいの?」と声をかけられて、我に返りました。そうそう、前回ライブで買い逃した「オリジナルマグカップ」入手も重要なミッションなのでした。

Fgggullsizerender
開演時間は18時スタートといつもよりやや早め。遠方からのお客に配慮した時間設定に感謝です。ほぼ定刻通りにメンバーの登場です。

梅垣ルナ / keyboards
栗原務 / guitar
岡田治郎 / bass
嶋村一徳 / drums

という不動の鉄板メンバー。ステージがやや手狭な関係でいつもと違って左から梅垣さん、岡田さん、嶋村さん、栗原さんという位置取りです。「秋の陣」ではハイヒールを履いていた梅垣さんは、今回はいつも通り裸足で臨んでいます。

<1stSet>
01:Nut Kicking Squirrel ★★★
02:Bonito ★★★
03:Crimson Carpet ★
04:Blue Planet ★
05:Mariana's Garden ★★
06:ミドル・ロングサーキット

<2ndSet>
07:Passing The Air Gates
08:Azurite Dance ★★★★
09:浮遊都市 ★★★★
10:Kesaran Patharan ★
11:Flying Seed (Landscape37) ★
12:トキヲコエテソラニカエリ ★★★★

<Enc>
L'esprit de l'exil ★★

★ 1st
★★ 2nd
★★★ 3rd
★★★★ 4th

(梅垣さんのブログより転載)

Fullsizerender
梅垣さんによればユニット初のツアーということで、まずはご挨拶的に1stから4thアルバムから満遍なくチョイスしたセットリストを考えたとのこと。いきなり冒頭から個人的お気に入り「Nut Kicking Squirrel」。お得意の変拍子の嵐と鬼のように連なるユニゾン攻撃。Lu7の十八番の技連続ということでまずツカミはOK!という感じです。

Lu7ライブの魅力の一つと言えば、梅垣さんによる舌鋒鋭い突っ込みとかみ合わないようでいて実はかみ合っている栗原さんの二人が織りなすMC。初のツアーということもあり梅垣さんは若干緊張気味のように感じられました。そんなMCから得られた情報として、なんと来年2月26日(日)に神奈川県平塚市「KANAFU」にてライブを敢行するとのこと。当会場は昨年7月にもライブを行っている場所(平塚「KANAFU」のライブレポートはこちら)。あの有名なコーラスグループ「サーカス」のメンバー、叶さんご一家が経営しているアットホームな雰囲気のお店です。梅垣さんはすでにお店の雰囲気に合わせたセットリストを練っているようで、いまから楽しみです。さらに11月25日に何らかのイベントが予定されているそうで、その日は予定を空けておいてほしいとのこと。

この日は栗原さんの機材の調子が万全でなかったようで苦労されているように見えましたが、4人の息がぴったり合ったときの鳥肌モノの凄みはさすがの一語。正直に白状しますが、1stSetでは「Blue Planet」、2ndSetでは「トキヲコエテソラニカエリ」あたりでは涙腺が崩壊しそうに。人間、ある程度年齢を重ねてくるとちょっとやそっとでは泣かないものだと思いますが、4人の渾身のプレイに魂を揺さぶられてしまった私でした。ふと近くの席の女性を見ると、やはりハンカチで涙をふいていました(というふうに見えました)。

というわけで、今回のツアーではいろいろと大切なものをいただいたように思います。おそらく地元の方と思われる男性3人が大いに盛り上がっていたのも印象的でした♪

11fullsizerender

Lu7チャンネルの動画を張りつけておきます♪

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ