2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「NOA」のライブに行ってきました♪ | トップページ | Christof Lauer / Fragile Network(1999年) »

2016年8月20日 (土)

矢堀孝一 / Elevation(2001年)

023
Musician●矢堀孝一(guitar)
Title●Elevation(2001年)
■Amazonより購入


日本を代表するジャズロックユニット「Fragile」(フラジャイル)のギタリスト矢堀孝一のソロ作第2弾です。2001年リリース。

ソロ第1弾「b」では「Fragile臭」が濃厚だったのですが、このアルバムではいい意味で「脱臭作業」に成功したのでしょう。矢堀氏らしさが随所に押し出されていて本当の意味での「ソロアルバム」に仕上がっています。矢堀氏本人の弁では「Fragileはディストーションを使うことが多い。ソロではクリーン中心に行きたいと思うわけだ」というように前作ではエレキギンギンだったのが、本作では適度にアコギが使われていて作品的にも楽曲的にも幅と奥行きが加わっています。ベースに「Lu7」でも活躍中の「Prism」の岡田治郎、ドラムに渡辺香津美バンドなどで活躍したベテラン、山木秀夫というトリオ構成。山木さんは後藤次利と「gym」というユニットを組んでいましたね。いまは井上陽水のツアーに同行しているようです。

ここで聴かれる矢堀氏のプレイは、得意のフュージョン系あり、プログレ系あり、正攻法的なジャズフォーマットありと、まさに変幻自在。ふだん「Fragile」という枠組の中ではなかなか表現できない矢堀氏本来の趣向が、ここでは思う存分生かされているように思います。腕達者なバックもナイスサポートで好感度大です♪

●Musicians
矢堀孝一 / guitar
岡田治郎 / bass
山木秀夫 / drums

●Numbers
1.  Addicted to Jazz
2.  Mime #1
3.  Elevation #21
4.  Subscription
5.  Rat race
6.  No Crunch
7.  9.P.M.Cruise
8.  Dig it
9.  Addicted to Jazz (electric version)
10. Autumn Leaves 

« 「NOA」のライブに行ってきました♪ | トップページ | Christof Lauer / Fragile Network(1999年) »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢堀孝一 / Elevation(2001年):

« 「NOA」のライブに行ってきました♪ | トップページ | Christof Lauer / Fragile Network(1999年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ