2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Chris Potter / Ultrahang(2008年) | トップページ | The Spontaneous Music Ensemble / Karyobin(1968年) »

2016年7月30日 (土)

Randy Brecker / 34th N Lex(2003年)

Index_2
Musician●Randy Brecker(trumpet,fluegelhorn)
Title●34th N Lex(2003年)
■Amazonで購入


あまりにもメジャーすぎて当欄で取り上げることに若干戸惑いがある名盤。Randy Breckerによる2003年作「34th N Lex」です。2004年にグラミー賞コンテンポラリージャズ部門賞を受賞したのも大いに頷けるわけです。

Randy Brecker / trumpet,flugelhorn
Michael Brecker / tenor sax
David Sanborn / alto sax
Ronnie Cuber / baritone sax
Ada Rovatti / tenor sax
Fred Wesley / trombone
Michael Davis / trombone
Adam Rogers / guitar
Chris Taylor / guitar
CHris Minh Doky / bass
Gary Haase / bass
George Whitty / keybords,prog
Clarence Penn / drums
Zach Danziger / drums,prog
Makeeba Mooncycle / voice
J Phoenix / vocal

おお!何とも綺羅星のごとくスターたちの名前がクレジットされています。亡き弟のMichael Breckerが1曲を除いて全面参加。重戦車のごとく居並ぶ管楽器の放列ですが聴いていて、不思議と重苦しさとか息苦しさは一切感じられません。簡単に表現してしまえば、NYCフレイバー満載の最高に格好いいファンキーフュージョン。でも、NYCフレイバーって具体的に説明せよと言われてしまうと困ってしまうのですが…。要はあらゆるエンターテイメントの頂点であるということです。

当欄の目当ては実は先日来日ライブを堪能したギターのAdam Rogersだったりするわけですが、アルバム全体の構成、楽曲、もちろん各ミュージシャンのプレイとも極上の出来映えです。いきなりブヒブヒとテナーサックスが嘶く#1「34th N Lex」からエンジン全開。目当てのAdam Rogersは7曲に参加していて、「Lost Tribe」時代に培ったロックテイストあふれるソロを聴かせてくれます。個人的なベストは#2と#3、そして#5ですね♪

●Musicians
Randy Brecker / trumpet,flugelhorn
Michael Brecker / tenor sax
David Sanborn / alto sax
Ronnie Cuber / baritone sax
Ada Rovatti / tenor sax
Fred Wesley / trombone
Michael Davis / trombone
Adam Rogers / guitar
Chris Taylor / guitar
CHris Minh Doky / bass
Gary Haase / bass
George Whitty / keybords,prog
Clarence Penn / drums
Zach Danziger / drums,prog
Makeeba Mooncycle / voice
J Phoenix / vocal

●Numbers
1.   34th N Lex
2.   Streeange
3.   Shanghigh
4.   All 4 Love
5.   Let It Go
6.   Foregone Conclusion
7.   Hula Dula
8.   Fisherman, The
9.   Give It Up
10.  Tokyo Freddie
11.  The Castle Rocks

« Chris Potter / Ultrahang(2008年) | トップページ | The Spontaneous Music Ensemble / Karyobin(1968年) »

ジャズトランペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お邪魔いたします。
ランディーは大好きなのにこのアルバムは
まだ聞いていないという。
落ち着いていて良さそうですね。
メンバーもさることながら。
知らないアーチストも多いという。
またお邪魔いたします。

jamken さま

コメントありがとうございます。

実はランディーのリーダー作を聴くのは初めてです。目当てはAdam Rogersだったのですが、彼はもちろん作品としても素晴らしいと思います。
ぜひ、お聞きいただければ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Randy Brecker / 34th N Lex(2003年):

« Chris Potter / Ultrahang(2008年) | トップページ | The Spontaneous Music Ensemble / Karyobin(1968年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ