2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Donald Edwards / Evolution Of An Influenced Mind(2014年) | トップページ | Alex Argento / EGO(2007年) »

2016年5月14日 (土)

Joanne Brackeen / AFT (1977年)

51crv2682tl
Musician●Joanne Brackeen(piano)
Title●AFT(1977年)
■Amazonより購入


Joanne Brackeenのリーダー作「AFT」です。この人、ベース奏者のClint Houstonつながりで客演作は聴いているのですが、リーダー作は初聴きです。あらためて聴き直すとずいぶんと男性寄りのプレイヤーなのですね。力強くてダイナミック。さすがスタン・ゲッツの楽団に抜擢されるだけあります。

Joanne Brackeen / piano
川崎燎 / guitar
Clint Houston / bass

個人的には川崎燎の参加がポイントです。彼の音源は気になったら入手する程度なのでコレクターとまではいきませんが、いままで聴いた音源の中ではかなりジャズ寄りで速いパッセージを連発しています。加えてフラメンコの影響を随所に感じさせるフレーズの連発で実に個性豊かな仕上がりになっています。Clint Houstonのベースもドラムレスの空間を埋めるかのごとく、いつになく饒舌なプレイに徹しています。

ここで余談を。1970年代前半、Tony WilliamsがLifetimeをいったん解体し、New Lifetimeを結成する際、後任ギタリストとして川崎燎が参加することになりリハーサルまで行ったとのこと。しかし、Tony Williamsはなぜか姿をくらまし音信不通に。実際はスウェーデンに渡り、ストックホルムで亡きJack BruceとAllan Holdsworthの3人に黒人女性歌手を加えてスタジオセッションを行っています。で、蓋を開けてみたらNew Lifetimeの正式ギタリストはAllan Holdsworthに決定していたというオチ。川崎燎にとってはとんでもない話ですが、裏ではJack BruceとJohn McLaughlinあたりがHoldsworthを押していたのでしょうね。以上、ライナーからの情報でした。

●Musicians
Joanne Brackeen / piano
川崎燎 / guitar
Clint Houston / bass

●Numbers
1.  Haiti B
2.  Charlotte's Dream
3.  Dreamers
4.  Aft
5.  Winter Is Here
6.  Green Voices Of Play Air

« Donald Edwards / Evolution Of An Influenced Mind(2014年) | トップページ | Alex Argento / EGO(2007年) »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Joanne Brackeen / AFT (1977年):

« Donald Edwards / Evolution Of An Influenced Mind(2014年) | トップページ | Alex Argento / EGO(2007年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ