2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 是巨人 / Arabesque(2004年) | トップページ | Coda / Sounds of Passion(1986年) »

2016年5月28日 (土)

Jack DeJohnette / In Movement(2016年)

91s5qawjnel_sl1400__3
Musician●Jack DeJohnette (drums,piano,electronic percussion)
Title●In Movement(2016年)
■Amazonより購入

ECMより新譜が到着しました。Jack DeJohnette、Ravi Coltrane、Matthew GarrisonというColtraneゆかりのミュージシャンによる「In Movement」です。2015年10月、NYCにてレコーディング。プロデューサーはMアイヒャー。アルバム名義は3人共同ですが、ここでは敬意を表してDeJohnetteのリーダー作扱いにしています。

Jack DeJohnette  / drums,piano,electronic percussion
Ravi Coltrane / tenor,soprano and sopranino saxophones
Matthew Garrison / electric bass,electronics

このメンバーで昨年秋の「東京Jazz」に参加していましたね。BSで鑑賞しながらこの3人でアルバムを作ってくれたら嬉しいなと思っていたところ、待望のリリースです。よく考えてみたらRavi Coltraneは50歳前後、Matthew Garrisonも40代半ばとそれなりの年齢になっているんですね。感慨深いものがあります。

いきなりColtraneの「Alabama」からスタートするこのアルバム。一聴すると60年代後半のスピリッチャルジャズという塩梅ですが、ECMのブランドイメージの枠組みを意識しているのかフリーに行きすぎないようにRavi ColtraneとMatthew Garrisonの2人が上手い具合にコントロールしています。もちろんDeJohnetteも手練れの熟練技で上手い具合に着地点を見いだしているように感じます。そもそもこの面子によるアルバムが、ECMからリリースされたこと自体が驚きですし、メンバーが繰り出す激しいインプロの嵐はかなり聴き応えがあります。

ちなみに#5「Serpentine Fire」はEarth,Wind & Fireの曲で今年亡くなったモーリス・ホワイトに対する追悼の意味があるようです。#3「The Two Jimmys」はDeJohnetteのオリジナルでJimi HendrixとJimmy Garrisonに対するオマージュ。そして#7「Rashied」はお察しのようにRashied Aliへのトリビュートソングになっています。個人的にはGarrisonの爆音ベースが五臓六腑をえぐる#1「Alabama」がベストです。

●Musicians
Jack DeJohnette  / drums,piano,electronic percussion
Ravi Coltrane / tenor,soprano and sopranino saxophones
Matthew Garrison / electric bass,electronics

●Numbers
1.  Alabama
2.  In Movement
3.  Two Jimmys
4.  Blue In Green
5.  Serpentine Fire
6.  Lydia
7.  Rashied
8.  SoulfulBallad

« 是巨人 / Arabesque(2004年) | トップページ | Coda / Sounds of Passion(1986年) »

ジャズドラム」カテゴリの記事

コメント

ECMにしては珍しいメンバーでしたが、強力な部分があるにしても、やはりマンフレート・アイヒャーのコントロール下にある、そういう意味ではECM的にけっこういいアルバムだったんではないかと思います。マシュー・ギャリソンの他の聴いたことのある出演作は、もっとハードコア・フュージョン寄りに振れていた感じもあるのですが、今回の演奏もトリオという意味では、興味深かったです。

TBさせていただきます。

910さん、コメントありがとうございます。返信が遅くて申し訳ありません。
メンバー的になかなか面白い組み合わせですが、冷静になって聴き直すとECMの枠組みの中でそれなりの苦慮があったのだろうなと思います。特にマシュー・ギャリソンの生かしどころが難しかったのではと思います。

奇天烈音楽士さま、トラバありがとうございます。

仰るとおり、名前は並記されてますが、ディジョネットの作品といっていいですよね。
全編、ディジョネットの采配でいい塩梅に収まっているといっても過言でないとおもいます。
エレクトロニクスの使い所って難しいとおもうんですよね。
マシュー・ギャリソン、頑張ってるとおもいます。次回は、もうっと頑張って欲しいですね。

>Suzuckさま

TBありがとうございます。エレクトロニクスの使い所…確かに難しそうです。使いすぎると邪魔になるし、少ないと存在感が薄くなりますね。
マシュー・ギャリソンはバッキバキの1stリーダー作のイメージからすると、彼なりに相当工夫していると思います。

こちらからもTBさせていただきます。
昨年の東京ジャズのときはお互いに様子見しているうちに演奏が終わったような感じで、いまいちピンとこなかったのですが、本作は良かったですね。
ECMからのディジョネットの過去のリーダー作とはまた一味違ったユニークな演奏が楽しめました。

>naryさま

TBありがとうございます。次回作があるとすれば、マシュー・ギャリソンの起用法が気になりますし、楽しみですよね。ラヴィ・コルトレーンをしっかり聴いたのは実は初めてですが、父親が偉大すぎるだけに、プレッシャーも尋常ではないだろうなと思いながら聴いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jack DeJohnette / In Movement(2016年):

» In Movement/Jack DeJohnette/Ravi Coltrane/Matthew Garrison [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの新譜が6日に2枚届いていました。予定ではECMだけであと6月10日までに [続きを読む]

» In Movement / Jack DeJohnette / Ravi Coltrane / Matthew Garrison [My Secret Room]
ジャズ界を代表するレジェンドなドラマーJack DeJohnette。 彼の新譜 [続きを読む]

» Jack DeJohnette, Ravi Coltrane, Matthew Garrison / In Movement [Jazz & Drummer]
Jack DeJohnette (Ds, P, El-Per)Ravi Coltrane (Ts, Ss, Sopranino)Matthew Garrison (El-B, Electronics)Rec. October 2015, NY(ECM 2488)ジャック・ディジョネットとジョン・コルトレーンの息子のラヴィ・コルトレーン、ジ ... [続きを読む]

« 是巨人 / Arabesque(2004年) | トップページ | Coda / Sounds of Passion(1986年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ