2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« Gary Willis / Bent(1998年) | トップページ | Jack DeJohnette / In Movement(2016年) »

2016年5月22日 (日)

是巨人 / Arabesque(2004年)

Index
Musician●是巨人
Title●Arabesque(2004年)
■Amazonより購入


日本のオルタナティブシーンでカリスマ的人気を誇る鉄人ドラマー、吉田達也が率いる変態ジャズロックユニット「是巨人」(これきょじん)です。完全に初聴きなんですがAmazonのレコメン情報に乗っかって購入。私が入手したのは再発売盤で2005年の大阪ライブ音源4曲がボートラとして追加されています。

吉田達也 / drums
鬼怒無月 / guitar
ナスノミツル / bass

鬼怒無月(ボンデージ・フルーツ)とナスノミツル(アルタード・ステーツ)とのトリオ構成なのですが、鬼怒無月は名前をよく見かけるもののやはり初聴き。バンドコンセプトが「This Heat + Gentle Giant」で「This Heat=是」「Gentle Giant=巨人」となっているとか。バンド名からしてかなり濃厚な変態臭が漂っていますね。

肝心の音ですがこれも絵に描いたような変態ジャズロックで、ひたすらパワーで圧倒するという猪突猛進タイプ。やけくそ気味に疾走するスタイルに個人的にはRaoul Bjyokenheim率いる「Scorch Trio」に近しいものを感じました。つまりは予定調和を一切否定し、各々のインプロの激しい応酬が延々と続くわけですが、かと言って破綻したりせずきっちりと収まるあたりは、バンマスの吉田達也の力量によるものだと思います。

途中、アコースティカルな楽曲も挟んでいますが、やはりバンドの持ち味はガムシャラな疾走感ではないかと思います。かなり喧しいですしプレイ自体も個性的なので、聴く者を選ぶバンドですが、この手の音楽が好きな人は怖いもの見たさでぜひ♪

●Musicians
吉田達也 / drums
鬼怒無月 / guitar
ナスノミツル / bass

●Numbers
1.  Arabesque
2.  Betwixt
3.  Rambling
4.  Quicksilver
5.  Counterpoint
6.  Presage
7.  Doldrums
8.  Exodus
9.  Sluice
10. Freestone
11. Gibraltar
12. Tantrum
13. You Know What You Like [Bonus Track]
14. Careless Heart [Bonus Track]
15. Out Of Head [Bonus Track]
16. On Reflection [Bonus Track]

« Gary Willis / Bent(1998年) | トップページ | Jack DeJohnette / In Movement(2016年) »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/65556020

この記事へのトラックバック一覧です: 是巨人 / Arabesque(2004年):

« Gary Willis / Bent(1998年) | トップページ | Jack DeJohnette / In Movement(2016年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ