2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Marc Ducret / Le Sens De La Marche(2007年) | トップページ | Arild Andersen / Shimri(1977年) »

2016年4月 2日 (土)

Arild Andersen / Clouds In My Head(1975年)

330pxclouds_in_my_head
Musician●Arild Andersen(bass)
Title●Clouds In My Head (1975年)
■Amazonより購入


ノルウェー出身のベース奏者Arild Andersen(アリルド・アンダーセン)。ECM初期作が3枚セットで発売になっていることに今さら気がつきました。いずれも初CD化。この「Clouds In My Head」はたまさかアナログ盤を所有していましたが、未聴の2枚も聴けるならありがたいということで購入。そう言えばECMは最近になって未CD化音源をこうしたセット販売形式で世に送り出していますね。ありがたいことです。1975年2月録音。3CDなんですが、あえて1作ずつ分けて書いてみます。

Arild Andersen / bass
Jon Balke / piano
Knut Riisnaes / tenor & soprano sax,flute
Pal Thowsen / drums

渋い面子ですね…というかArrild Andersen以外のミュージシャンはよく存じ上げません。

内容はというとベース奏者のリーダー作らしくベースが全面に押し出された曲が中心。初期ECM作品にしては珍しくジャズロック色が強い楽曲が目立ちます。タイトなリズム隊がよけいにそう感じさせるのでしょうね。そう言えばビル・フリゼールが参加したライブ盤「A Molde Concert」(1981年)もECMらしからぬアグレッシヴなプレイが目立ちました。個人的には#3「Outhouse」、#6「Cycles」、「A Molde Concert」でもプレイされた#8「The Sword Under His Wings」あたりが好みですが、あえてECMらしさを求めるならJon Balkeのピアノが切なく歌い上げる#2「Last Song」、Knut Riisnaesのテナーがこれまた切ない#4「Song For A Sad Day」、小品でありながら美しい#7「Siv」など、実にバラエティに富んだ内容です。

●Musicians
Arild Andersen / bass
Jon Balke / piano
Knut Riisnaes / tenor & soprano sax,flute
Pal Thowsen / drums

●Numbers
1.  305 W 18 St
2.  Last Song
3.  Outhouse
4.  Song For A Sad Day
5.  Clouds In My Head
6.  Cycles
7.  Siv
8.  The Sword Under His Wings

« Marc Ducret / Le Sens De La Marche(2007年) | トップページ | Arild Andersen / Shimri(1977年) »

ジャズベース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arild Andersen / Clouds In My Head(1975年):

« Marc Ducret / Le Sens De La Marche(2007年) | トップページ | Arild Andersen / Shimri(1977年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ