2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Svein Rikard Mathisen / Copenhagen Diaries(2015年) | トップページ | David Gilmore / Energies Of Change(2016年) »

2016年3月 6日 (日)

Pete McCann / Range(2015年)

Maxresdefault_3
Musician●Pete McCann(guitar)
Title●Range(2015年)
■Amazonより購入


NYCで活躍するコンテンポラリー系ギタリスト、Pete McCannによる最新作「Range」です。2014年5月8日、NYCにて録音。

Pete McCann / guitars
John O'Gallagher / alto sax
Henry Hey / piano,organ,rhodes
Matt Clohesy / bass
Mark Ferber / drums

Matt Clohesyの参加が目を引きますが、ほかのミュージシャンは決してメジャーとは言い難いですね。ドラム奏者のMark FerberはSean Waylandの「Pistachio 2」に参加していました。

Pete McCannはいわゆるコンテンポラリー系ギタリストに属すると思いますが、まず驚くのは確かなテクニックと表現力の豊かさ。彼のリーダー作「Most Folks」(2008年)でも触れましたが、元々はジミヘンから影響を受けてギターを始めたということもあり、ジャズ一辺倒ではなく随所にロックギター的なイディオムを持ち込むことで、表現の幅を広げることに成功しています。楽曲によりエフェクターを駆使しながら巧みにトーンを使い分け、変幻自在なフレーズを生み出す技には感服します。ギンギンに弾き倒したと思えば、#7のようにアコギでダークな世界を表現したりと聴いていて飽きることがありません。ギター好きはもちろん、現代ジャズに触れるうえで欠かせない好作です。

●Musicians
Pete McCann / guitars
John O'Gallagher / alto sax
Henry Hey / piano,organ,rhodes
Matt Clohesy / bass
Mark Ferber / drums

●Numbers
1.  Kenny
2.  Seventh Jar
3.  Realm
4.  To The Mountains
5.  Mustard
6.  Dyad Changes
7.  Numinous
8.  Bridge Scandal
9.  Rumble
10. Mine Is Yours

« Svein Rikard Mathisen / Copenhagen Diaries(2015年) | トップページ | David Gilmore / Energies Of Change(2016年) »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/64076898

この記事へのトラックバック一覧です: Pete McCann / Range(2015年):

« Svein Rikard Mathisen / Copenhagen Diaries(2015年) | トップページ | David Gilmore / Energies Of Change(2016年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ