2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« MAHAVISHNU ORCHESTRA / AWAKENING...LIVE IN NY '71 | トップページ | Pete McCann / Most Folks(2006年) »

2016年2月14日 (日)

上原ひろみ / Spark(2016年)

Ucco9998_jod_extralargejpg_2
Musician●上原ひろみ(piano,keyboard)
Title●Spark(2016年)
■Amazonより購入


ご存じ「Hiromi The Project Trio」による4枚目になる新譜「Spark」が届きました。

上原ひろみ / piano,keyboard
Anthony Jackson / contrabass guitar
Simon Phillips / drums

個人的にはこの3人によるプロジェクトがここまで続くとは想像もしていませんでしたし、厳しい音楽市場を考えると同一メンバーによる連続作というのは状況的になかなか出来ないことだと思います。

というわけで拝聴。4作連続で聴いていると聴く側も一種の“慣れ”みたいなのが出てしまうのですが、良くも悪くも期待通りの“Hiromi節”の連続です。前作「Alive」(2014年)を聴いたときは「正直ここまでやってしまうと次作は聴き側のハードルが上がって大変だな」という印象を持ったのですが、本作は結果として現状維持になったなというのが率直な感想です。もちろんプレイそのものやぴったりと息の合った3人のインタープレイの応酬は素晴らしいの一語。でも、耳に入ってくる音はどこかで聴いたことのあるフレーズが多いんですよね。その意味で新鮮な驚きに満ちていた前々作「Move」(2012年)のほうが面白かったな、というのが正直なところです。前作でも同じようなことを書きましたが、彼女の音楽的活動の目標がこのプロジェクトの維持にあるとしたら、早晩行き詰まってしまうでしょうし、そろそろ方向転換のタイミングに近づいているのではと個人的には思います。

それにしても、「Alive」で感じられた“プログレ成分”はますます濃厚になっています。#1「Spark」での静寂なイントロから一転して変拍子で攻め立ててくる展開などはまさにプログレそのものですね。

とまぁ、上原ひろみについてはついつい辛口になってしまうのですが、これも大きな期待値の裏返しということでご理解ください。

●Musicians
上原ひろみ / piano,keyboard
Anthony Jackson / contrabass guitar
Simon Phillips / drums

●Numbers
1.  Spark
2.  In A Trance
3.  Take Me Away
4.  Wonderland
5.  Indulgence
6.  Dilemma
7.  What Will Be,Will Be
8.  Wake Up And Dream
9.  All's Well

« MAHAVISHNU ORCHESTRA / AWAKENING...LIVE IN NY '71 | トップページ | Pete McCann / Most Folks(2006年) »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上原ひろみ / Spark(2016年):

« MAHAVISHNU ORCHESTRA / AWAKENING...LIVE IN NY '71 | トップページ | Pete McCann / Most Folks(2006年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ