2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 私を構成する9枚(ECM編) | トップページ | Lage Lund / Early Songs(2008年) »

2016年2月 6日 (土)

DEWA BUDJANA / JOGED KAHYANGAN(2013年)

R0013940_1024x768
Musician●Dewa Budjana(guitar)
Title●Joged Kahyangan(2013年)
■Amazonより購入


インドネシア出身のギタリストでロックバンド「GiGi」のリーダー、Dewa Budjana(デワ・ブジャナ)による2013年作品です。おそらく彼にとっての初の海外録音作のはずで、2012年6月7日、カリフォルニアで録音されています。

Dewa Budjana / guitar
Larry Goldings / hammond organ,piano
Bob Mintzer / tenor sax,soprano sax,clarinet,bass clarinet
Jimmy Johnson / bass
Peter Erskine / drums
Janis  Siegel / vocals on #4

Allan Holdsworthとの共演で有名なJimmy Johnson(bass)と大物Peter ErskineはDewa Budjanaのリーダー作に参加していますね。Bob Mintzerの参加が意外と言えば意外なのですが、これまでのハードフュージョン色濃厚な作風から、よりジャズに近づけたいという狙いからの起用だと思われます。そういえば彼の作品には必ずアジア系ミュージシャンが参加していましたが、今回は皆無。つまりは完全アウェー状態で単身渡米したのだと思われます。

さて、拝聴です。これまでのDewa Budjanaの作品は少なからず東南アジア的な要素を意識して作られてきましたが、本作品は完全にジャズフュージョンアルバムとして仕上がっています。アメリカ録音だけに郷に入れば…ということなのでしょうか。やはりBob Mintzer加入の影響力は大きいかと思います。これはこれで作品として立派に成立していると思いますが、何だか個性が死んじゃったな~という捉え方も一方であるかと思います。確かにこの手のギターならば結構ありふれているわけですよね。アウェーで臨んだ気合いはいいとして、完全に飲まれてしまっている印象しか受けないのです。

これは勝手なお願いなのですが、たとえばNguyen Le的な立ち回り方もできたはず、と思わざるを得ません。

●Musicians
Dewa Budjana / guitar
Larry Goldings / hammond organ,piano
Bob Mintzer / tenor sax,soprano sax,clarinet,bass clarinet
Jimmy Johnson / bass
Peter Erskine / drums
Janis  Siegel / vocals on #4

●Numbers
1.  Foggy Cloud
2.  Joged Kahyangan
3.  Dang Hyang Story
4.  As You Leave My Nest
5.  Majik Blue
6.  Erkoman
7.  Guru Mandala
8.  Borra's Ballad 

« 私を構成する9枚(ECM編) | トップページ | Lage Lund / Early Songs(2008年) »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DEWA BUDJANA / JOGED KAHYANGAN(2013年):

« 私を構成する9枚(ECM編) | トップページ | Lage Lund / Early Songs(2008年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ