2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« Michel Reis / Capturing This Moment(2015年) | トップページ | かみむら泰一 / のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年) »

2015年10月24日 (土)

BRAND X / LIVE FROM RONNIE SCOTT'S LONDON SEPTEMBER '76(1976年)

R0014004_1024x768
Musician●Brand X
Title●Live From Ronnie Scott's London September '76(1976年)
■HMVより購入

ここに来て「Brand X」の発掘ライブ音源がちょいちょいリリースされのは一体どういう理由なのでしょうね。誰かが老後資金を蓄えようと私蔵音源を商品化しているのでしょうか。隠居状態のPhil Collinsはメンバーではありますが、権利関係はJohn GoodsalとPercy Jonesが握っていると思われるので、“犯人”は2人のうちどちらかだと思われます。私が最近入手したのは1977年11月28日、サンフランシスコライブと今回ご紹介する1976年9月、ロンドン「Ronnie Scott's Club」でのライブ音源です。

Robin Lumley / keyboards
John Goodsall / guitar
Percy Jones / bass
Phil Collins / drums

毎度お馴染みの70年代Brand Xの固定メンバーです。ちなみに77年の音源にはPhil Collinsは参加しておらずKenwood Dennardという人がドラムを担当しています。サンフランシスコライブが海賊盤に毛が生えたレベルで若干がっかりしていたところ、対してこちらの盤はなかなか上出来な内容で一安心。おそらくライン撮りなのでしょうね。音質もバランスもまずまずです。GoodsallとJonesファンなら“買い”でしょう。

余談ですがこのCDをiTunesでリッピングしたところ、ミュージシャン名、アルバム名、曲名とも全く無関係な情報が出てきてビックリ。音楽ジャンルを見ると「Disco」という表示。演奏時間もライナー情報と誤差の範囲を遙かに超えて食い違っています。「これは品違いだ!」と血圧が上がってHMVに対して怒りの返品依頼をしようとしました。まぁ、洒落で品違いの音源を聴いてやろうと思い直したところ、聴こえてくるのは間違いなく「Brand X」。仕方がないので手動で情報を修正しました。地下音源ならともかく、ふつうに市場で出回る商品でもこんなことがあるんですね。酷いよな~。

●Musicians
Robin Lumley / keyboards
John Goodsall / guitar
Percy Jones / bass
Phil Collins / drums

●Numbers
1.  Unorthodox Behaviour
2.  Malaga Virgen
3.  Improvisation(Aka Tito's Leg)

« Michel Reis / Capturing This Moment(2015年) | トップページ | かみむら泰一 / のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年) »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/62140252

この記事へのトラックバック一覧です: BRAND X / LIVE FROM RONNIE SCOTT'S LONDON SEPTEMBER '76(1976年):

« Michel Reis / Capturing This Moment(2015年) | トップページ | かみむら泰一 / のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ