2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« BRAND X / LIVE FROM RONNIE SCOTT'S LONDON SEPTEMBER '76(1976年) | トップページ | John McLaughlin & The 4th Dimensionのライブに行ってきました »

2015年10月25日 (日)

かみむら泰一 / のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年)

R0014003_1024x768
Musician●かみむら泰一(tenor sax)
Title●のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年)
■Amazonより購入

前々から気になっていたBen Monder(guitar)客演作をようやく入手しました。かみむら泰一さん(tenor sax)による「のどの奥からうまれそうなかんじ」(2007年)です。恥ずかしながらかみむらさんの存在は知らなかったのですが、サックスや小物による生音とPCやEffecterなどを駆使して音楽活動を行っている東京在住のミュージシャンだそうです。調べてみたら首都圏を中心に精力的なライブ活動を行っているようです。

というわけで完全にBen Monder目当てで入手したわけですが、参加メンバーがさりげなく豪華です。

かみむら泰一 / tenor sax,effects
Drew Gress / bass
Ben Monder / guitar on #1-3,#6-#8
鳥山タケ / drums
市野元彦 / guitar on #2-#3,#4-#5,#8

作風としてはNYCあたりが似合いそうなコンテンポラリー系ジャズなのですが、微妙にリズムを崩してきたりアブストラクトな一面を聴かせたりと、なかなか一筋縄ではいかない感じです。相変わらずBen Monderのギターはのらりくらりとつかみ所がなく、ヌエ的な立ち回りを見せていますが、かみむらさんもその点に期待したのでしょうね。タイトル曲の#4は曲途中から一転してインプロ的な展開になるあたりが面白く感じられました。

●Musicians
かみむら泰一 / tenor sax,effects
Drew Gress / bass
Ben Monder / guitar on #1-3,#6-#8
鳥山タケ / drums
市野元彦 / guitar on #2-#3,#4-#5,#8

●Numbers
1.  顔と顔
2.  La-Mi
3.  お魚
4.  のどの奥からうまれそうなかんじ
5.  Shrimping
6.  Kioka 2
7.  つまりまする
8.  Parents
9.  カエルのまたの下

« BRAND X / LIVE FROM RONNIE SCOTT'S LONDON SEPTEMBER '76(1976年) | トップページ | John McLaughlin & The 4th Dimensionのライブに行ってきました »

ジャズサックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かみむら泰一 / のどの奥からうまれそうなかんじ(2007年):

« BRAND X / LIVE FROM RONNIE SCOTT'S LONDON SEPTEMBER '76(1976年) | トップページ | John McLaughlin & The 4th Dimensionのライブに行ってきました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ