2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ATTILA ZOLLER / DREAM BELLS(1975年) | トップページ | WYSCAN / THIRD WISH(1995年) »

2015年5月30日 (土)

STEVE HUNTER / IF BLUE WAS ORANGE(2003年)

R0013864_1024x768
Musician●Steve Hunter(bass)
Title●If Blue Was Orange(2003年)
■Gemm.comより購入


オーストラリアを拠点に活動しているジャズベース奏者Steve Hunter(スティーヴ・ハンター)のリーダー作「If Blue Was Orange」です。2003年リリース。例によって日本ではほとんど存在を知られていないミュージシャンだと思われますが、数枚ほどリーダー作をリリースしていることから、地元ではそこそこ有力なミュージシャンではないかと思われます。

というわけで参加メンバーをご紹介。
Steve Hunter / bass
Dale Barlow / tenor sax
Andrew Gander / drums
James Muller / guitar,piano

ギターのJames Muller目当てで入手したわけですが、何と1曲のみピアノも担当しています。後にも先にもMullerがピアノを弾いたのはこのアルバムが最初で最後ではないかと思われます。サックス奏者のDale BarlowもドラムのAndrew Ganderもリーダーアルバムを出していますが、MullerもHunterもそれぞれに客演しています。オージージャズ界での人的結束力はやはり強固です。

というわけで拝聴。典型的なハード系ジャズフュージョンサウンドという趣で、個人的にはドがつくストライクな出来映えです。Mullerのギターはフュージョンというよりもかなりロック寄りのテイストでこそ生きてきますよね。特に#2「Conjure Hum Vedo」での火の出るような凄まじいソロは一聴の価値十分です。Steve Hunterもかなりの腕達者ですね。ちなみに#1「Lotus On Irish Streams」はJohn McLaughlinに捧げられた曲だそうですが、そんな雰囲気は聴く限りあまり伝わってきません。なかなか知られる機会が少ないオージージャズですが、これは自信をもってお勧めできる名盤です♪

●Musicians
Steve Hunter / bass
Dale Barlow / tenor sax
Andrew Gander / drums
James Muller / guitar,piano

●Numbers
1.  Lotus On Irish Streams
2.  Conjure Hum Vedo
3.  Jamaica Smile
4.  Las Alas
5.  Handprints
6.  If  Blue Was Orange
7.  Let's  Look
8.  Thing King
9.  Blue In  Green
10. Dajastan
11. Ride The Boomerang
12. Love And Logic
13. Muba
14. Soldier Ants

« ATTILA ZOLLER / DREAM BELLS(1975年) | トップページ | WYSCAN / THIRD WISH(1995年) »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STEVE HUNTER / IF BLUE WAS ORANGE(2003年):

« ATTILA ZOLLER / DREAM BELLS(1975年) | トップページ | WYSCAN / THIRD WISH(1995年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ