2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月26日 (日)

SIMON PHILLIPS / PROTOCOL II(2014年)

R0013816_1024x768
Musician●Simon Phillips(drums)
Title●Protocol II(2014年)
■Amazonより購入


いまでは上原ひろみとのセッションで知られるスーパードラマー、Simon Phillipsによる久々のリーダー作です。作品としては2013年にiTunesなどで配信されていましたが、来日公演に合わせる形で2014年にCD化されています。

というわけでメンバー紹介。
Simon Phillips / drums
Andy Timmons / guitar
Steve Weingart / keyboards
Ernest Tibbs / bass

Andy TimmonsとはTony Williamsの追悼盤「Another Lifetime」以来の共演になるのでしょうか。鍵盤のSteve Weingartとベース奏者Ernest Tibbsのお二人はお初です。

アルバムタイトルから推測されるように、Simon Phillisにとっての初リーダー作「Protocol」(1988年)の続編的な位置づけにあるようです。「Protocol」ではPhillipsがすべての楽器を自分でこなしてスタジオで作り上げたのに対して、本作はライブを意識したメンバー構成になっています。実際、2014年には日本公演を敢行しています。

というわけで拝聴です。正直言いまして、ドラム奏者としてSimon Phillipsにはさして興味があるわけではなく、当欄としての注目はあくまでもギターのAndy Tommonsだったりするわけですが、初回作「Protocol」との比較で聴くと「無難にまとめてきたな」というのが第一印象です。この人が本当にプレイしたい音楽となると、あまりに音楽的キャリアが幅広く多彩なためか、正体がつかめなかったりするのですが、このアルバムを聴いてある意味で納得しました。ハード系フュージョンだったのですね。

ただ「無難にまとめてきたな」と感じるのは、強烈なフックというかキラーチューンというか、これぞ!と思わせる何かが足りないように感じられるからです。確かに手堅いし、ツボも押さえている。Andy Tommonsも手堅くプレイしていますが、Phillipsが彼の魅力を最大限に引き出しているかというと、物足りない感がしてしまうのです。ベテランが手管を使って上手い具合にまとめてみました、というのが正直なところです。そういえば「Protocol」も「Another Lifetime」もあまり印象がなかったな~。

えらく酷評してしまいましたが、決して嫌いではないのです、この手の音楽は。ただメンツから考えると期待値は当然高くなりますし、だからこそもっと何とかならなかったのかな、というわけなのです。


●Musicians
Simon Phillips / drums
Andy Timmons / guitar
Steve Weingart / keyboards
Ernest Tibbs / bass

●Numbers
1.  Wildfire
2.  Soothsayer
3.  Gemini
4.  Moments of Fortune
5.  Upside in Downside Up
6.  First Orbit
7.  Octopia
8.  Enigma

2015年4月19日 (日)

Lu7「春だニコタマLu7」に行ってきました♪

R0013874_1024x768
当欄2回目のライブレポートをお届けします。

日本が誇るインストゥルメンタルユニット「Lu7」(エルユーセブン)がライブを行うということで行ってきましたよ、ニコタマへ。昨年の11月に六本木で「レコ発記念ライブ」を行って以来ですが、彼らにとってはけっこう異例の短いインターバルのようです。

というわけで、いざニコタマの地へ。ニコタマって幼少の頃の記憶では何もない長閑な街だったのですが、駅を降りたって吃驚。何ともシャレオツな街へと変貌を遂げているではないですか!かなりの浦島太郎感を感じながら会場の「二子玉川KIWA」へと向かいます。「二子玉川KIWA」は地下1階にあるキャパ100名ほどのこぢんまりとしたライブハウスです。表看板も街の雰囲気に合わせたのかシャレオツで控えめな感じなので、うっかりすると通り過ぎてしまいそうです。開場は18時30分。18時15分頃に着くと同好の方々がすでに会場前に10名ほどおられます。昨年のライブでもお見かけした方々もいらっしゃったので、軽く会釈などを。お互いに名前も素性も知らない同士ですが、好きな音楽でつながるゆるい連帯感が心地よく感じられます。

R0013879_1024x768R0013880_1024x768

整理番号順に並んでいると、急にベースの岡田次郎さんが顔を出して(車の駐車でなにやら緊急事態だったようです)驚いたりしているうちに、いざ会場内へ。ドリンク代込みで3000円とは安いですよね。でもって物販コーナーへ移動。数量限定、Azurite Danceのデザインが施されたオリジナルTシャツとマイクロファイバークロスの2点をすかさずゲット!こりゃ、家宝にしないといけませんね。

R0013882_1024x768

開演19時を5分ほど過ぎた頃にいよいよ「Lu7」の登場です。あっ、メンバー紹介をしないといけませんね。ちなみにライブではなぜか前半と後半、メンバー紹介が2回ありました(笑)

梅垣ルナさん / keyboards
栗原務さん / guitar
岡田治郎さん / bass
嶋村一徳さん / drums

昨年ライブと同じく岡田さん&嶋村さんという強力リズム隊です。向かって左から岡田さん、嶋村さん、不動のセンターポジションに梅垣さん、そしてマーシャルを背に栗原さん。今回、栗原さんのギターはスタインバーガー。オープニングは2ndアルバムから「Bluetail Of Passage」、続けて1stから「12th Tree」。事前情報によると昔懐かしい曲やこれまで封印してきた曲を演奏するということでしたので、なるほど~という感じですね。曲間のMCではそれぞれの曲に対するエピソードが披露されました。ちなみに「Bluetail Of Passage」のギターソロは鳥が元気よく飛翔していくイメージだとか。「L'esprit de l'exil」(さまよえる魂)では栗原さん自身がディスクユニオンなどのCDショップに直接持ち込んだこと、そこでジャンルがわからないから店には置けないと言われた時の心情がもとになって作られたそうです。「L'esprit de l'exil」は曲後半でオーケストラ的な感じのアレンジが施されるので、ライブではどうするのかな、と思っていたところ、梅垣さんの鍵盤が見事に再現していました。ライブ前半を飾るにはうってつけの選曲ですね。

10分ほど休憩をはさんでライブ後半へ。

栗原さんはアコギに持ち替えて梅垣さんとのデュオによる「Ripple(mizu no wa)」(2nd)。この展開は昨年のライブと同じですね。2人がしっとりとかつドラマチックに盛り上げます。続く「Berceuse」(4th)はスタジオ盤ではメロディオン、ギター、パーカッションの構成でしたが、岡田さんと嶋村さんがステージに呼ばれてバンド形式での初お披露目に。梅垣さんの生メロディオンが何ともアットホームな感じを醸し出しホッコリとした雰囲気に。続く「絡みゆく蔓」(3rd)はスタジオ盤よりも嶋村さんのドラムが前面に押し出されたように感じられて面白いな~と思いました。岡田さんのベースソロも堪能。これぞライブの醍醐味ですね。

さてラスト曲はご存じ「トキヲコエテソラニカエリ」(4th)。梅垣さんが「この曲をやる前はもう一回休憩しないと…」と呟いたところ、思わずニンマリとするわれわれ観客。阿吽の呼吸ですね。「この曲を聴かずしてニコタマから帰しませんよ!」と雄叫びを上げる梅垣さん。いやはや11分にも及ぶ大曲。プログレ的でドラマチックな展開には圧倒されっぱなしでした。そういえば、梅垣さん、MCの時に息切れがすると言ってましたが、お加減はいかがでしょうか。念願の生肉食べられればいいですね。

アンコールは「ミドル・ロングサーキット」。むむ、この曲を最後に持ってきましたか!という感じで、最後にがっつり盛り上がるという意味ではベストなチョイスだと思います。

最後に。なんと今年2回目のライブの予告が。7月4日(土)、会場は「平塚KANAFU」(あの「サーカス」のメンバーが運営)だそうです。栗原さんによれば東京以外でのライブは初めてだとか。横浜や川崎を通り越して平塚というのが渋いですね。平塚といえば何と言っても「七夕祭り」。今年は7月3日(金)~5日(日)の3日間開催の予定です。これといって何も特徴がない地方都市(失礼!)が1年で唯一盛り上がる時です。次回ライブが七夕祭りに合わせてなのかはどうかは触れられませんでしたが、当日の東海道線は浴衣の若者たちで一杯になります。電車で行かれる方は、心の準備が必要かもしれません。私は夏だし、今回入手したTシャツでも着ていこうかな…

R0013883_1024x768


●Musicians
梅垣ルナ / keyboards
栗原務 / guitar
岡田治郎 / bass
嶋村一徳 / drums

セットリスト
1.  Bluetail Of Passage(2nd)
2.  12th Tree(1st)
3.  Azurite Dance(4th)
4.  Mariana's Garden(2nd)
5.  L'esprit de l'exil(2nd)
(休憩)
6.  Ripple(mizu no wa)(2nd)
7.  Berceuse(4th)
8.  絡みゆく蔓(3rd)
9.  Flying Seed (Landscape 37)(1st)
10. トキヲコエテソラニカエリ(4th)
11. ミドル・ロングサーキット(encore)


2015年4月18日 (土)

EXTOL / EXTOL(2013年)

R0013849_640x480
Musician●Extol
Title●Extol(2013年)
■Amazonより購入


ノルウェーのプログメタルバンド「Extol」の5作目、その名も「Extol」です。2013年リリース。何と前作「The Blueprint Dives」から8年ぶりの新作になるとか。以前は5人組でしたが、いろいろ事情があったようでトリオ構成になってしまいました。ベースはOle Borudがギターと兼任することでカヴァーしています。

でもって聴いてみるとこれが実に素晴らしい出来映え。もとより楽曲面、テクニカルな面で高い評価を受けているバンドなんですが、長期休養中を経てさらにパワーアップした感があります。トリオになったことによる不利など微塵も感じさせません。元はこの3人が中核メンバーだったこともあって、スタジオワークには影響していないのでしょうね。

相変わらずの変拍子の多用、複雑すぎる楽曲、デスとクリーンヴォイスとの巧みすぎる使い分け、そして爽やかとも思える疾走感。彼らの魅力は健在です。「Opeth」が脱メタル化を図り完全にプログレ路線へと転換したのと対照的に、メタル成分をしっかり残しつつ、テクニカルかつプログレ的要素を同時に成立させるワザは完璧といってもいいでしょう。特に#2などは「80年代YES」を思い起こしてしまいました。これはヘビロテ再生決定ですね。

●Musicians
Peter Espevoll / vocal
David Husvik / drums,vocals
Ole Borud / guitar,bass,voice,mellotoron

●Numbers
1.  Betrayal
2.  Open The Gates
3.  Wastelands
4.  A Gift Beyond Human Reach
5.  Faltering Moves
6.  Behold The Sun
7.  Dawn Of Redemption
8.  Ministers
9.  Extol
10. Unveiling The Obscure

2015年4月12日 (日)

GORKA BENITEZ / GASTEIZ(2014年)

R0013842_800x600
Musician●Gorka Benitez(tenor sax,flute)
Title●Gasteiz(2014年)
■Amazonより購入


スペインのサックス奏者Gorka Benitez(ゴルカ・ベニテス)の最新作を入手しました。意欲的な作品を続々と送り出している例の「New Talentレーベル」の物件です。2014年リリース。2012年7月16日、スペインで開催された「Victoria-Gasteiz Jazz Festival」でのライブ音源になります。

参加メンバーは、
Gorka Benitez / tenor sax,flute
Ben Monder / guitar
David Xirgu / drums

David Xirgu(drums)はバルセロナ在住のお方でBenitezとは盟友の関係にあるようで、Benitezのほとんどの作品に参加しています。ギターのBen Monderはもはや説明不要ですが、Benitezのリーダー作「Gorka Benitez Trio」(1998年)にもXirguとともに参加しています。

「Gorka Benitez Trio」でも感じたのですが、Gorka Benitezは端正に吹くNYCのミュージシャンと違って野趣あふれる土着的なプレイをする人です。類似のサックス奏者というとガトー・バルビエリに近い印象を受けます。スピリッチャルな一面は後期コルトレーンを受け継いでいるのではないでしょうか。今回はフルートも操り、多彩な一面を見せつつ、相変わらず時として呪術的とも感じられるエモーショナルなプレイを聴かせてくれています。

もう一人の“主役”Ben Monderは「高速アルペジオの名手」として知られていますが、最近ではコードワーク主体のプレイスタイルに転じたようですね。加えてこの音源ではBenitezのブロウに合わせて結構長尺なソロワークを披露しています。随所で聴かれる両者の激しいインタープレイはかなり聴き応えがあります。いままだ聴かれなかったMonderの新たな魅力が発見できるだけでなく、純粋に現代ジャズの逸品としてお勧めです♪この盤、プレスCDはなかなか入手困難なようですが、iTuesでも配信されているので、興味ある方はぜひ!

●Musicians
Gorka Benitez / tenor sax,flute
Ben Monder / guitar
David Xirgu / drums

●Numbers
1.  A Marte otra ves
2.  El duelo
3.  Pan duro
4.  Una y Mil veces
5.  Faisa calma
6.  Goazen(Varnos)
7.  Idocia
8.  Silbable

2015年4月11日 (土)

THE ARISTOCRATS / CULTURE CLASH LIVE!(2015年)

R0013854_640x480
Musician●The Aristocrats
Title●Culture Clash Live!(2015年)
■HMVより購入


Guthrie Govan(guitar)、Bryan Beller(bass)、Marco Minnemann(drums)といういま一番脂が乗っているトリオのCD&DVDです。タイトルからわかるようにアルバム「Culture Clash」のライブヴァージョンということになります。ライナーを頼りに会場を整理してみると、まさに全世界を渡り歩いていたことになりますね。

[CD]
#1-#5  2014年1月25日米カリフォルニア
#6     2014年2月20日英マンチェスター
#7     2014年8月17日バンコック
#8     2014年2月28日オランダ

[DVD]
#1-#4  2014年8月19日川崎クラブチッタ
#2#5#8 2014年8月17日バンコック
#3   CD#6と同音源
#6-#7  2014年1月28日メキシコシティ   
#9     CD#8と同音源

一部音源でCDとDVDが重複していますが、丸かぶりの商品が当たり前の状況を考えれば非常に良心的な内容ではないでしょうか。いやあ、これは素晴らしい。クラブチッタが“Tokyo”と記載されているのはご愛敬ですかね。彼らにとって東京も川崎もほぼ同じですから。そういえばU.K.のライブも“Tokyo”で行われたことになっていました。

このトリオの作品はスタジオライブ的な作りが基本なので、ライブになったからといって劣化することはあり得ません。むしろライブのほうがさらにパワーアップしている感があります。聴く者を決して裏切ることのない、まさに信頼と実績のバンドですね。内容に関してはもう文句をつけようもない完璧さ。何度も言いますが、CDを聴く前に必ずDVDを観てください。そうしないと、途中で必ずわけがわからなくなってしまいます。

このライブ盤とほぼ同時発売で2014年8月20日、大阪ライブも発売されています。そちらは“オフィシャルブート”扱いでやや音質に難ありですが、無編集の彼らのステージを楽しむことができます。

●Musicians
Guthrie Govan / guitar
Bryan Beller / bass
Marco Minnemann / drums

●Numbers
1.  Sweaty Knockers
2.  Ohhhh Noooo
3.  Get It Like That
4.  Culture Clash
5.  Gaping Head Wound
6.  Louisville Stomp
7.  Desert Tornado
8.  Living The Dream

[DVD]
1.  Furtive Jack
2.  Ohhhh Noooo
3.  Louisville Stomp
4.  Get It Like That
5.  Culture Clash
6.  Blues Fuckers
7.  Gaping Head Wound
8.  Desert Tornado
9.  Living The Dream

2015年4月 5日 (日)

MARC DUCRET / TOWER-BRIDGE(2014年)

R0013853_640x480
Musician●Marc Ducret(guitar)
Title●Tower-Bridge(2014年)
■Amazonより購入


フランスの奇才Marc Ducret(マルク・デュクレ)によるTowerシリーズの完結盤的な作品です。2014年リリース。アルバムインフォメーションがまるでないので、もしかしたらTowerシリーズの縮刷版的なものが届いたらどうしてくれようと若干不安があったのですが、届いたCDを聴いてそれは杞憂に終わりました。2012年11月15日と21日の2日間にわたるライブ録音。ほとんどの曲、参加メンバーがTowerシリーズとかぶっていますが、「Vol.3」が2012年12月17日~19日、「Vol.4」が2011年5月と2012年2月の録音ですから、まぁ“新作”と言ってもいいでしょう。そういえば当欄でVol.3を取り上げたとき、隠し玉があるのでは?と推測しましたが、案の定、隠してありましたね。

参加メンバーを整理しましょう。
Marc Ducret / guitar
Kasper Tranberg / trumpet
Dominique Pifarely / violin
Tim Bernne / alto sax
Fidel Fourneyron  / trombone
Matthias Mahler / trombone
Alexis Persigan / trombone
Fred Gastard / bass sax
Autonin Rayon / piano
Sylvain Lemetre / percussions
Peter Bruun / drums
Tom Rainey / drums

という案配です。懐かしのTim BernneとTom Raineyの名前が見られますね。Tim Bernne+Tom Raineyにヴァイオリン奏者を加えたVol.2と複数のトロンボーン奏者を配したVol.3とほぼ同じような構成になります。いわばメンバー的にはTowerシリーズオールスター大会です。

さて、拝聴です。メンバー的には本人も含めて総勢12人という大所帯になるのですが不思議と圧迫感というか暑苦しさを感じさせません。これはDucretがメンバーはもちろんのこと、曲の細部に至るまで完璧にコントロールしているからで、完全フリーの中での統合性という相矛盾する要素を同時にやってのけている点に驚きを感じます。しかもライブ録音という状況下で。Ducret関連の音源はかなり聴いてきたつもりですが、これほど完成度が高いライブ音源にはなかなか出会えません。フランスとポーランドのライブ盤「「Live 1」 「Live2」もかなりの傑作だと思いますが、このアルバムもそれに匹敵するのではないかと思います。

●Musicians
Marc Ducret / guitar
Kasper Tranberg / trumpet
Dominique Pifarely / violin
Tim Bernne / alto sax
Fidel Fourneyron  / trombone
Matthias Mahler / trombone
Alexis Persigan / trombone
Fred Gastard / bass sax
Autonin Rayon / piano
Sylvain Lemetre / percussions
Peter Bruun / drums
Tom Rainey / drums

●Numbers
[CD 1]
1.  Sur l'Electrcite
2.  Real Thing #1
3.  Real Thing #2

[CD 2]
1.  Real Thing #3
2.  Softly Her Tower Crumbled in the Sweet Sun
3.  L'Ombra di Verdi

2015年4月 4日 (土)

【再聴】ALLAN HOLDSWORTH / ALLAN HOLDSWORTH GROUP THEN!(1990年)

R0013800_1024x768_2
Musician●Allan Holdsworth(guitar,barritone guitar)
Title●Allan Holdsworth Group Then!(1990年)
■Amazonより購入


ギターマエストロAllan Holdsworthのリマスター盤再聴シリーズです。これが最後になりますね。

2002年にリリースされた初のオフィシャルライブ盤「All Night Wrong」に続いて出たのがこの「Then!」です。個人的には「All Night Wrong」のほうが圧倒的に好きだったこともあり、このアルバムはあまり好みではなかったのですよね。1990年5月4日~6日、六本木ピットインでの音源です。このライブ盤、当初は御大からのOKが出ずにお蔵入りになっていたのですが、御大の信奉者である、Christopher Hoardという人がねばり強く交渉した結果、やっと陽の目を見たという代物。Christopher Hoard主宰のインディーズレーベル「The Alternity Records」からは先行して「The Best Of Allan Holdsworth / Against The Clock」という自身初のベストが発売されているのですが、この発掘盤はベスト盤とのセット企画だったようです。

参加メンバーを整理しましょう。
Allan Holdsworth / guitar,barritone guitar
Steve Hunt / keyboards
Gary Husband / drums
Jimmy Johnson / bass

1988年のツアーから帯同している鍵盤楽器奏者で、アルバム「Secrets」制作にも参加したSteve Huntの存在が目を引きます。また「Wardenclyffe Tower」で初めて使用したバリトンギターを試用しているあたりがポイントでしょうか。1990年は時期的に「Secrets」リリース直後ということになります。整音作業は施されているそうですが、オーヴァーダビングなどは一切行われていないそうで、ジャケットの「生」の漢字がそのことを表現しているのでしょうか。

#1  Zone 1
アルバム未収録のインプロ。いきなりバリトンギターの登場です。フリーめの曲なのですがこの時期好んでプレイされていましたね。Steve Huntの鍵盤がいかにもしょぼくて…

#2   Proto Cosmos
New Tony Williams Lifetime「Believe It」(1975年)収録曲。御大はこの曲がよほどのお気に入りのようでことある機会にプレイしていますね。Holdsworthyプレイヤーもよくカヴァーしています。わかりやすい曲なので、ツカミとしてはOK。でも、やっぱりHuntの鍵盤がしょぼくて…

#3   White Line

「I.O.U.」(1982年)収録曲。オリジナルはPaul Williamsのボーカル入りでしたが、ギターがカヴァーする形に。これはこれで良いと思います。そういえば「Road Games」(1983年)収録曲「Three Sheets To The Wind」のWillimsボーカル入りバージョンもブートで聴いたことがあります。後半のギターソロが熱いですね!

#4   Atavacron

アルバム「Atavacron」(1986年)収録曲。ここでもHuntの鍵盤が非力で苦痛に感じるのですが、御大の素晴らしいソロが帳消しにしてくれています。

#5   Zone 2

再びフリー的なのインプロ。何度も言いますが御大のいうフリーは、ごく一般にいわれるフリージャズとは異なると思います。要は弾き倒しのギターにおまえらしっかりついて来いよ、という感じでしょうか。唯我独尊的フリーというやつです。

#6   Pud Wud
アルバム「Sand」(1987年)収録曲。この曲もライブで好んでプレイされていたようです。リラックスした感じで張りつめた緊張感をほぐす役割があったのでしょうか。アルバムとしての「Sand」が苦手ですが、この曲はすきです。でも、Huntの鍵盤が…。どうしてもHuntが重用された理由がわかりません。

#7   House Of Mirrors
アルバム「Hard Hat Area」(1993年)収録曲。かなり先行して披露されていることになりますが、観測気球的にオーディエンスの反応を確かめたかったのかもしれませんね。でも、ほとんど完成系に仕上がっています。

#8   Non-Brewed Condiment

アルバム「Atavacron」(1986年)収録曲。この曲を初めて聴いたときは度肝を抜かれましたが、相変わらず素晴らしいですね。この曲のソロを聴けただけでも十分お釣りが出ます。

#9   Zone 3
三度、フリー的なインプロ。7分にもわたる長尺は、いくらファンであってもちょっとキツいです…

#10  Funnels(bonus track)
日本盤オンリーのボートラ。アルバム「Atavacron」(1986年)収録曲。相変わらず美しく流麗なソロにうっとりとさせられます。ボートラ扱いになってしまった理由はわかりませんが、知らないままに輸入盤をつかまされた人は気の毒ですね。

ところで、今回再発売になった紙ジャケット仕様なんですが、初回発売のライナーに掲載されていた写真などは一切カットされてしまっています。居酒屋でくつろぐ御大の写真などは味があって好きだったのですが…

●Musicians
Allan Holdsworth / guitar,barritone guitar
Steve Hunt / keyboards
Gary Husband / drums
Jimmy Johnson / bass

●Numbers
1.  Zone 1
2.  Proto-Cosmos
3.  White Line
4.  Atavacron
5.  Zone 2
6.  Pud Wud
7.  House Of Mirrors
8.  Non-Brewed Condiment
9.  Zone 3
10. Funnels(bonus track)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ