2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« SUNNY KIM / THE SHINING SEA(2014年) | トップページ | DEEP PURPLE / LIVE IN LONG BEACH 1971 »

2015年3月23日 (月)

ALEX SIPIAGIN / BALANCE 38-58(2015年)

R0013851_640x480
Musician●Alex Sipiagin(trumpet,flugelhorn)
Title●Balance 38-58(2015年)
■Amaoznより購入


Criss Crossレーベルの表看板、Alex Sipiagin(アレックス・シピアギン)の新譜を入手しました。この人、最近になってさりげなく量産態勢に入っていますね。2014年10月6日、NYCにて録音。2015年リリース。

Alex Sipiagin / trumpet,flugelhorn
David Binney / alto sax.soprano sax
Adam Rogers / guitar
John Escreet / piano
Matt Brewer / bass
Eric Harland / drums

David Binney、Adam Rogers、Eric Harlandの3人が参加していれば。面子的には文句のつけようがありませんね。Alex Sipiaginの近作からは若干老成した印象を受けていたのですが、1曲目から結構ハード目な感じで攻めてきています。ベースのMatt BrewerとドラムのEric Harlandのリズム隊の働きが大きいですね。活性化された楽団が現代ジャズのなんたるかを指し示しているように思います。

#2はフリューゲルホルンの美しい旋律が印象的なバラード曲ですが、曲中盤から機能するAdam RogersのギターとJohn Escreetの生ピアノがこれまた素晴らしい。タイトなリズムが格好いい#3やこれぞCriss Crossという感じの#4など聴きどころ満載です。

David Binney提供による、ラスト#7はやたらとロックタッチな曲。これもSipiaginにとっては新境地ですね。Adam Rogersなどは「Lost Tribe」時代のことを思い出したのか、いつもの端正なプレイをかなぐり捨てて(?)弾きに弾きまくっています。こうなると完全にジャズロックですね。これはちょっと賛否両論分かれるかも。

●Musicians
Alex Sipiagin / trumpet,flugelhorn
David Binney / alto sax.soprano sax
Adam Rogers / guitar
John Escreet / piano
Matt Brewer / bass
Eric Harland / drums

●Numbers
1.  38-58
2.  Way to Her
3.  Momentum
4.  Echoes Of Thought 
5.  Balance
6.  Yragon
7.  Trio Whale

« SUNNY KIM / THE SHINING SEA(2014年) | トップページ | DEEP PURPLE / LIVE IN LONG BEACH 1971 »

ジャズトランペット」カテゴリの記事

コメント

アダム・ロジャースが入っててジャズロック寄りですか。さっそく即買いしてしまいました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALEX SIPIAGIN / BALANCE 38-58(2015年):

« SUNNY KIM / THE SHINING SEA(2014年) | トップページ | DEEP PURPLE / LIVE IN LONG BEACH 1971 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ