2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

オージージャズの重要人物Mark Costaの「Textures」

R0013635_1024x768
Musician●Mark Costa(bass)
Title●Textures(2012年)
■Amazonより購入


オーストラリアを拠点に活動するベース奏者Mark Costaのリーダー作です。レーベルが明記されていないのでおそらくは自主制作盤で初リーダー作になるかと思われます。2012年リリース。ネットで調べたところ、この人に関する日本語記事が見あたらなかったので、おそらくかなりマイナーな存在なのだと思われます。

というわけで参加メンバーをご紹介。
Mark Costa / bass
James Muller / guitar
Bill Risby / piano,synthesizers
Gordon Rytmeister / drums
Tony Azzopardi / percussions

完全にギターのJames Muller目当てで購入しましたが、Mark Costaとは同郷ということで“オージージャズ人脈”であることは明らかです。James Mullerといえば同じ豪州出身の鍵盤楽器奏者、Sean Waylandとの共演作が比較的知られているのではないかと思われます。

というわけで傾聴。James Muller自身名義の作品にも共通する雰囲気を感じさせるのですが、オージージャズ特有の力感あふれるカラッとしたサウンドが特徴です。その意味では現代ジャズシーンの裏街道を歩むブルックリン派とは対極にありますが、かといって王道とも言えず流行のクールネスジャズともまた違うんですよね。うまく当てはまる表現が思いつかないのですが、どこか70年代フュージョンサウンドを彷彿とさせる懐かしさが音の端々に満ちています。その意味で中高年好みの仕上がりになっているのではないでしょうか。

お目当てのJames Mullerは水を得た魚のごとく、結構自由奔放に弾き倒しています。ギタリストとしてのMullerの魅力はジャズとロックとの間を自由自在に行き来する速弾きにあると思っていますが、この盤でのMullerはまさにそうです。バックを支えるミュージシャンもなかなかの腕前です。知られざるオージージャズを知るうえでお勧めの盤です♪



●Musicians
Mark Costa / bass
James Muller / guitar
Bill Risby / piano,synthesizers
Gordon Rytmeister / drums
Tony Azzopardi / percussions

●Numbers
1.  Dedication
2.  Textures
3.  End Games
4.  Hidden Germ
5.  StandAnd Deliver
6.  White Sands
7.  Pendulum
8.  A Father's Love

2014年6月28日 (土)

Tim Millerが参加。Aldo Romano「Corners」

R0013672_1024x768
Musician●Aldo Romano(drums)
Title●Corners(1999年)
■Amazon Franceより購入


イタリアのベテラン打楽器奏者、Aldo Romano(アルド・ロマーノ)による作品です。1999年、フランスの老舗「Label Bleu」よりリリースされています。Aldo Romanoってあまり聴いたことがないな~と思いきや、John AbercrombieやNgyuen Leとの共演作で耳馴染みでした(汗)

というわけで参加メンバーを。
Aldo Romano / drums
Mauro Negri / clarinett
Ronnie Patterson / piano
Tim Miller / guitar
Michel Benita / bass

というカルテット構成です。ベース奏者のMichel Benitaは「Label Bleu」のお家芸「ライ音楽」ではそれなりに知られた存在です。Tim Millerはアメリカ人ながらその低体温系プレイで異彩を放つギタリストですね。

というわけで拝聴。Romano自身によればタイトルは“世界の街角”を意識したものだそうです。ジャケット写真をあらためて見たら、写っているのは何と銀座の夜景ではないですか!肝心の音のほうはいかにも「Label Bleu」らしい欧州系無国籍ジャズ。冒頭のフランス語によるSEがいかにもそれらしい雰囲気を醸し出しています。ギターのTim Millerは相変わらず力が抜けきったフレーズを披露してくれています。無国籍というか、クールというか、やっぱり低体温系というか。絶対に力むことなく、粛々とフレーズを紡ぎ続けています。時間帯的には間違いなく夜10時過ぎのイメージですね。とらえどころなくウネウネと浮遊しまくる独自のプレイスタイルは、こうしたアルバムによくマッチしていると思います。

●Musicias
Aldo Romano / drums
Mauro Negri / clarinett
Ronnie Patterson / piano
Tim Miller / guitar
Michel Benita / bass

●Numbers
1.  Port au Prince
2.  Petionville
3.  Inside Out
4.  Song for Elis
5.  Brothers of Land (Camp David)
6.  Bianconiglio
7.  Storyville
8.  Blue Bamboo Blue
9.  Il Ritorno
10. Campo dei Fiori
11. Pietralata
12. Pioggia Sul' Pineto
13. Positano
14. Tompkins Square
15. Belleville

2014年6月22日 (日)

Eric Klossの「To Hear Is To See!」と「Consciousness!」カップリング盤を聴く

R0013667_1024x768
Musician●Eric Kloss(alto sax,tenor sax)
Title●Eric Kloss & The Rhythm Section(1969、1970年)
■ディスクユニオンで購入


盲目のサックス奏者、Eric Kloss(エリック・クロス)の初期作品「To Hear Is To See!」(1969年)と「Consciousness!」(1970年)のカップリング盤です(ともにPrestige盤)。アルバムタイトルが「Eric Kloss & The Rhythm Section」となっていますが、参加メンバーが凄いことになっています。

Eric Kloss / alto sax,tenor sax
Chick Corea / electric piano,piano
Dave Holland / bass
Jack DeJohnnette / drums
Pat Martino / guitar on #6-#10

「To Hear Is To See!」のレコーディングが1969年7月22日、「Consciousness!」が1970年1月6日となっているので、2枚ともChick CoreaはもちろんDave HollandとJack DeJohnnetteもマイルス楽団に在籍中の“アルバイト”という形になりますね。マイルスの呪縛から解放されたのか、特にCoreaが実に伸びやかにプレイしているように感じられます。1949年生まれのEric Klossは驚くことに当時20歳。何という早熟ぶりなのでしょう。

内容はというといかにも70年代初期特有のゴリゴリと迫ってくるエレクトリックジャズという感じで、ブルース色満載で野性味あふれるKlossの激しいブロウとバックとの丁々発止の攻防が非常に痛快です。

「Consciousness!」からPat Martinoが加勢すると、これがまたさらにゴージャズ極まりないジャズロックサウンドに。Coreaのプレイが前作よりもさらに伸び伸びとして感じられるのは気のせいでしょうか。DeJohnnetteも前作を遙かに上回る暴れぶりです。Pat Martinoは珍しくディストーションを効かせたド派手サウンドで攻めまくってくれています。特に#7「Kay」での鬼気迫るギターソロは一聴の価値ありです。#8「Outward Wisdom」の冒頭で聴かれる12弦ギターの破壊力も迫力満点。ちなみに#10「Consciousness」はMartinoの曲です。


●Musicians
Eric Kloss / alto sax,tenor sax
Chick Corea / electric piano,piano
Dave Holland / bass
Jack DeJohnnette / drums
Pat Martino / guitar on #6-#10

●Numbers
1.  To Hear Is to See
2.  Kingdom Within
3.  Stone Groove
4.  Children of the Morning
5.  Cynara
6.  Sunshine Superman
7.  Kay
8.  Outward Wisdom
9.  Song to Aging Children
10. Consciousness

2014年6月21日 (土)

JOHN McLAUGHLIN / BOSTON RECORD(2014年)

R0013668_1024x768
Musician●John McLaughlin(guitar)
Title●The Boston Record(2014年)
■ディスクユニオンで購入


70歳を過ぎてもなお精力的な活動を続けるJohn McLaughlinの最新作を入手しました。ご存じ「The 4th Dimension」名義による音源で、2013年6月22日、ボストンはBerklee Performance Centerでのライブ音源になります。Abstract Logixよりリリース。

メンバーを紹介します。
John McLaughlin / guitar
Etienne M'Bappe / bass
Ranjit Barot / drums,voice
Gary Husband / drums,keyboards

という面々。何と今をときめくインド人打楽器奏者Ranjit Barotと腰巾着Gary Husbandとのダブル打楽器シフトです。このアルバム、かなり前からAbstractのサイトでリリースがアナウンスされていたので、某巨大物販サイトで予約注文を入れておいたのですが、リリース間近になっても一向に届く気配がなし。その後、何回か入荷が遅れるという内容のメールが届いていたのですが、再三の“送る送る詐欺攻撃”にいい加減シビレを切らして店頭購入した次第です。Abstractでは3月から発売していますし、普通に国内の店頭でも扱っているわけですよ。密林が在庫なしというのも腑に落ちませんが、単純に手配ミスではないかと踏んでいます。最近の密林の入荷はどうもおかしいと思いませんか?

というわけで傾聴です。演奏内容はAbstract Logixからリリースされている近作からの楽曲が中心になっていますね。まぁ、とにもかくにも“ど迫力級”のプレイの連続です。御大は70歳を過ぎて衰えるどころか、ますます進化しているのではないでしょうか。同年代のJeff Beckもそうなんですが、化け物とは御大のための形容ではないかと。Ranjit BarotとGary Husbandとのダブルドラム作戦は、この盤では成功していると思います。いや、こっちはこっちで凄い迫力ですから。ただ、Husbandが鍵盤楽器を扱うあたりは、いささか興ざめしてしまいます。この人の鍵盤だけは苦手です。ラストの#9「You Know You Know」はご存じMahavishnu Orchestra時代の名曲ですが、おなじみのイントロが流れ出した時点で、すでに随喜の涙がちょちょ切れること必至です。John McLaughlinファンならずとも、ハードフュージョンファンは必携のアルバムです。確信はありませんが、もしやDVDも出るのでは?それはそれで買ってしまうと思います。

そんな素晴らしい作品なんですが、あえて苦言を。音質がお世辞にも良好とは言えません。会場の状況なのかよくわかりませんが、高音が割れるわ、音がつぶれるわで、長時間聴いていると頭痛が…。

●Numbers
John McLaughlin / guitar
Etienne M'Bappe /bass
Ranjit Barot / drums,voice
Gary Husband / drums,keyboards

●Numbers
1.  Raju
2.  Little Miss Valley
3.  Abbaji
4.  Echoes from Then
5.  Senior C.S.
6.  Call and Answer
7.  Maharina
8.  Hijacked
9.  You Know You Know

2014年6月15日 (日)

Allan HoldsworthのBBCライブ音源「Nevermore BBC Broadcast」

R0013662_1024x768
Musician●Allan Holdsworth(guitar)
Title●Nevermore BBC Broadcast(?)
■Yahoo!オークションで入手


最近になってツアー再開がアナウンスされたAllan Holdsworth(アラン・ホールズワース)。引退興行などと言われていますが、どうやらガセっぽいですよね。さて、自宅をあれこれと整理していたらまろび出てきた音源を久しぶりに聴いております。と言ってもブート音源なので、どうかご容赦願います。数年前に某巨大オークションサイトで落とした物件ですが、そもそもの出元は、おそらく関西地区にある例のブート屋ではないかと思われます。もちろんプレスCDではなくCD-Rです。音質は元音源がしっかりしているだけに、ブートとしては良好な部類です。

というわけで、メンバー紹介を。
#1-#5 August 1,1980
Allan Holdsworth / guitar
Gordon Beck / piano
John O'Whey / sax
Ray Warleigh / bass
John Marshall / drums

#6-#12 November 20,1981
Allan Holdsworth / guitar
Gary Husband / drums,piano
Paul Carmichae / bass

ブートにしては珍しくクレジットがついているのですが、ともにBBC Radio 3“Jazz in Britain”に出演したときのスタジオライブ音源です。1980年~1981年ということは丁度「I.O.U.」制作の頃と一致します。

まず、1980年の音源ですが、盟友とも言えるGordon Beckが参加していることもあり、かなりジャズ寄りのアレンジでプレイしています。Gordon Beckとは前年の1979年に共演作をリリースしていますよね。John Marshallの参加は「Soft Machine」時代からの繋がりだと思います。Holdsworthのライブにしては珍しくサックス奏者が参加しているのですが、これが素人でもすぐに分かってしまうほどの酷さ。やたら悠長な感じでブロウするので、曲の雰囲気をすっかり台無しにしてしまっています。Holdsworthはもちろん、Gordon Beckがなかなかいい感じなだけに、余計にサックスの芋っぷりが露呈します。Holdworthがサックス奏者と共演しない理由はもしかしたらこの音源に原因があるのかも。#3「Every Little Breeze」と#4「Sundy(Nevermore)」は「The Things You See」のアレンジです。

CD後半の1981年の音源は「I.O.U.」メンバーからPaul Williamsを抜いた構成。腰巾着Husbandがドラムにピアノにと懸命のサポートに徹しています。しかし、ピアノははっきり言って要りません。1980年ライブと聴き比べるとすでに楽曲として完成型に仕上がっています。ギターもはっきり言って凄いです。Husbandが場を乱している感は否めませんが、それを置いても、やはりマニアにとっては堪らないプレイの連続技です。


●Musicians
Allan Holdsworth / guitar
Gordon Beck / piano on #1-#5
John O'Whey / sax piano on #1-#5
Ray Warleigh / bass piano on #1-#5
John Marshall / drums piano on #1-#5
Gary Husband / drums,piano on #6-#12
Paul Carmichae / bass on #6-#12

●Numbers
1.  Intro
2.  The Things You See
3.  Every Little Breeze
4.  Sundy(Nevermore)
5.  Outro
6.  Intro
7.  White Line
8.  Shallow Sea
9.  Where Is One
10. Prayer/Drifting Into The Attack
11. Letters Of Marque
12. Outro

2014年6月 8日 (日)

Deep Purple「Live in Japan」の完全版を聴いてみた

R0013661_1024x768
Musician●Deep Purple
Title●Live in Japan 2014 remaster(2014年)
■Amazonより購入


今年はじめにアナウンスされたDeep Purpleの「Live in Japan」完全版。確か3月発売とされていましたが、遅れに遅れて5月28日に発売されました。実はやや安い海外盤を予約注文していたところ、発売直前になってAmazonから「いやいや、君が予約している海外盤のDVDはPAL方式なので君のDVDプレイヤーでは再生できないよ」的なメールが入り、結局は2万円近くする日本盤を買うはめに。まぁ、事前に教えてくれただけでよしとするべきでしょう。何も知らされないで、PAL方式を買わされた時の怒りというかショックはかなりのものだと想像されます。

「Live In Japan」がアンコール曲を追加してリマスター化されたのは確か2002年頃だったと思われます。また、「Live In Japan 完全版」と称して大阪公演と東京公演を分けて収録した「3CDバージョン」も出回っていますが、今回のリマスターは「3CDバージョン」から漏れた6曲を追加したうえでのリマスター化とするのが正確でしょうね。いずれにしろ、初来日から42年経った今、これでやっと3日間のライブ音源がすべて出揃ったわけです。

というわけでいまさらの感もありますが、メンバーのおさらい。
Ritchie Blackmore / guitar
Ian Gillan / vocal
Roger Glover / bass
Jon Lord / organ
Ian Paice / drums

で、中身を紹介しますと、
12インチボックス(LPサイズ)の中には、CD4枚+DVD1枚+7インチシングル復刻盤(A面「Black Night」B面「Woman From Tokyo」)が入っていて、
ほかにも
・60ページ豪華ブックレット
・20ページ・ツアー・プログラムのレプリカ
・ポスター/Deep Purpleファミリー・ツリー
・当時のプレスリリース
・ポスト・カード5枚(日本武道館でのライヴ写真)
・LPバージョンのMP3音源ダウンロードカード(1972年・2013年バージョン)

と、まぁ2万円近くもふんだくるんだから、これだけ入れれば文句も出ないでしょうと言わんばかりのてんこ盛り状態です。いや、文句は言いませんが豪華ブックレットや7インチシングルなんて要らないから少しでも値段を下げて欲しいというのが本音なんですが。ブックレットなんて一回パラパラとめくったらそれでお仕舞いなんですよね。ましてやポストカードなどをもらって喜ぶ御仁などこの世に存在するのでしょうか。ちなみにファミリー・ツリーとはサラブレッドの血統表みたいなもので、メンバーの変遷や派生グループが一覧となって見られるものです。

肝心のリマスター効果ですが、「3CDバージョン」の音質はお世辞にも良好とは言えなかっただけに、よくぞここまで良くしてくれたと手放しで褒めちぎりたいと思います。大音量で聴くほど、その素晴らしさが実感できるはずです。「Child In Time」でIan Gillanが叩くコンガがしっかりと確認できたのは軽く感動してしまいました。従来盤「Live In Japan」と違い、音の定位は左右が逆、つまり客席で聴いている状態に。また、曲順も従来盤と違い演奏順に変わっています。また、巷間ささやかれている従来盤と「3CDバージョン」のピッチの違い(3CDバージョンのほうがやや遅いという噂)は判別不能でした。

高価すぎるのが難点なのですが、従来盤「Live In Japan」をすり切れるほど聴きまくった世代にとっては、やはり入手する価値は十分すぎるほどありますね。これだけは断言できます。間もなくZEPのリマスター盤がリリースされますが、ホント中高年にとって受難の時が続きます。ZEPに関しては内容的に大差なしと判断して、高価な国内盤はやめて輸入盤にシフトしました。

ところで、海外の配信サイトから無料ダウンロード権(同梱のカードにサイトのアドレスとパスワードが印刷されています)を与えられているのですが、これが時間がかかりすぎて一向にダウンロードできません。2.4GBもある音源データってどんなもんなのでしょうね。そのサイト、アナログ音源専門の配信サイトなのですが、いったいどんな人が利用しているのでしょう。まぁ、こちらは気長にチャレンジしてみます。

<後日談>件の無料ダウンロードですが、何度かチャレンジして何とかダウンロードが完了しました。何度も失敗した原因は拙宅の貧弱なネットワーク環境にあったのだと思われます。ただし音源ファイルは「WAV」なので、iPhoneなどで聴く場合は「MP3」などに変換する必要があるようです。また、ピットレート値がかなり高いので、これも調整する必要があります。この機会をもちまして、こうした音源データについても勉強することができました。

●Musicians
Ritchie Blackmore / guitar
Ian Gillan / vocal
Roger Glover / bass
Jon Lord / organ
Ian Paice /.drums

●Numbers
[Disc 1] 大阪フェスティバル・ホール(1972年8月15日)
1.  Highway Star
2.  Smoke on The Water
3.  Child In Time
4.  The Mule (Drum Solo)
5.  Strange Kind Of Woman
6.  Lazy
7.  Space Truckin’

[Disc 2] 大阪フェスティバル・ホール(1972年8月16日)
1.  Highway Star
2.  Smoke on The Water
3.  Child In Time
4.  The Mule (Drum Solo)
5.  Strange Kind Of Woman
6.  Lazy
7.  Space Truckin’

[Disc 3] 日本武道館(1972年8月17日)
1.  Highway Star
2.  Smoke on The Water
3.  Child In Time
4.  The Mule (Drum Solo)
5.  Strange Kind Of Woman
6.  Lazy
7.  Space Truckin’

[Disc 4] Encores from all three nights
1.  Black Night - Osaka,August 15
2.  Speed King - Osaka,August 15
3.  Black Night - Osaka,August 16
4.  Lucille - Osaka,August 16
5.  Black Night - Tokyo,August 17
6.  Speed King - Tokyo,August 17

[Disc 5](DVD) ※Wikiより転載
Made in Japan - The Rise of Deep Purple MK II documentary
Smoke On the Water (Official clip)
The Revolution Germany 1972 (Small documentary piece from Boblingen Sporthalle Stuttgart 10th February 1972)
Smoke On the Water (Live clip from Hoftsra University 29th May 1973)

●7″Record Store Day single
Side one:Black Night - Tokyo,August 17
Side two:Woman From Tokyo

2014年6月 7日 (土)

マレーシア出身のベース奏者Linda Ohの3rd「Sun Pictures」

R0013634_1024x768
Musician●Linda Oh(bass)
Title●Sun Pictures(2012年)
■Amazonより購入


マレーシア出身でNYCを拠点に活躍するベース奏者、Linda Oh(リンダ・オー)による3枚目のリーダー作です。2012年リリース。お初にお耳にかかるミュージシャンなのですが、2010年にメジャーデビューというキャリア的には新進気鋭。名前の感じからして華僑出身なのでしょうね。レコーディングのクレジットには「November 12,2012,at WKCR,Columbia University」とありますが、観客なしのライブ音源なのかもしれません。

というわけでメンバー紹介です。
Ben Wendel / tenor sax
James Muller / guitar
Linda Oh / bass
Ted Poor / drums

完全にギターのJames Muller目当てで購入したのですが、これが結構な当たりという感じです。女性ベース奏者といえば今をときめくエスペランザ嬢がアタマ一つ抜け出している印象ですが、マルチのエスペランザに対してLinda Ohはベース一本という愚直なタイプです。楽曲としてはいま流行のNYCクールジャズという感じなのですが、James Muller起用もNYC人脈からなのだと想像されます。Ted PoorはMike Moreno人脈ということになります。

というわけで傾聴。いま流行のNYCクールジャズという趣で、ブルックリン派とまでにはいかないが、粛々という感じで結構尖ったことをやっています。肝心のLinds Ohのベースは意外にも大人しい印象を受けます。個人的な印象では何と言ってもギターのJames Mullerが素晴らしく、クールに決めるソロ回しは相変わらず切れ味抜群です。全体的に大盛り上がりすることがないので、聴く人を選ぶ作品ですが現代NYCジャズシーンを知るうえで聴いてみたい1枚です。

●Musicians
Ben Wendel / tenor sax
James Muller / guitar
Linda Oh / bass
Ted Poor / drums

●Numbers
1. Shutterspeed Deams
2. Polyphonic HMI
3. Footfall
4. Blue Over Gold
5. Yoda
6. Terminal 3
7. 10 Minutes Till Closing

2014年6月 1日 (日)

サックス奏者Dayna Stephensの「Today Is Tomorrow」

R0013633_1024x768
Musician●Dayna Stephens(tenor sax)
Title●Today Is Tomorrow(2012年)
■Amazonより購入


定期的にお届けしている「Criss Cross」関連音源です。NYCを活動拠点に置く新進気鋭のサックス奏者Dayna Stephens(ダイナ・ステファンス)による2枚目のリーダー作「Today Is Tomorrow」を入手したので早速傾聴。順番が逆になってしまいましたが、「I'll Take My Chances」(2013年)の出来があまりに素晴らしかったので追尾物件ということになります。

というわけで参加ミュージシャンのご紹介を。
Dayna Stephens / tenor sax
Michael Rodriguez / trumpet
Raffi Garabedian / tenor sax
Julian Lage / guitar
Aaron Parks / piano
Kiyoshi Kitagawa / bass
Donald Edwards / drums

ベースの北川潔は初聴き。いまをときめくJulian LageとAaron Parksの名前が見えますね。こいつは期待大です。

というわけで購入してから何回も聴き直しているのですが、聴くたびに受ける印象が変わってしまい、なかなかレビュー作成が難しい作品で少々困惑しています。確かに面子も凄いし聴きどころが満載なのですが、どこか熱くなれないのですよね。十分に聴き込めば、だんだん味わいがにじみ出てくるような“スルメ烏賊物件”なのかといえばそうでもありませんし。若いのだからもっと尖ってもいいのに…というのが正直な感想です。ひたすらクールにまとめる、これが現代ジャスの一つの姿なのかもしれません。

個人的な興味の焦点はギターのJulian Lageなのですが、ほとんど生音に近いのですが、しっかりとフレーズが歌っているしキチンと自己主張できるタイプのギタリストですね。いまやあちこちから声がかかる超売れっ子ミュージシャンですが、確かにその理由がよくわかります。

●Musicians
Dayna Stephens / tenor sax
Michael Rodriguez / trumpet
Raffi Garabedian / tenor sax
Julian Lage / guitar
Aaron Parks / piano
Kiyoshi Kitagawa / bass
Donald Edwards / drums

●Numbers
1.  Skylark
2.  Kwooked Stweet
3.  Radio-Active Earwarm
4.  De Pois Do Amor,O Vazio
5.  Loosy Goosy
6.  Black Narcissus
7.  Haden's Largo
8.  Hard-Boiled Wonderland
9.  The Title
10. Cartoon Element

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ