2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 英国のエクストリームメタルバンド「Sacred Mother Tongue」の2nd「Out of the Darkness」 | トップページ | フランスの奇人Emmanuel Boozの「Dans Quel Etat J'erre」 »

2014年5月25日 (日)

上原ひろみの新譜「Alive」を聴いてみた♪

R0013640_1024x768
Musician●上原ひろみ(piano)
Title●Alive(2014年)
■Amazonより購入


もはや日本を代表する鍵盤楽器奏者となった「上原ひろみ」の最新作です。2014年リリース。

上原ひろみ / piano
Anthony Jackson / bass
Simon Phillips / drums

初めて気がついたのですが、「The Trio Project」と冠せられるようになっていたのですね。同一メンバーで3作連続というのはキャリア初だと思われます。あえて「The Trio Project」としているのは、時期的にソロや別フォーマットでの活動と棲み分ける必要性が出てきているのかもしれませんね。DVD付きやらいろいろなフォーマットで発売されていますが、ここは気張って「プラチナSHM規格」を選択。まぁ実際は通勤の行き帰りにiPodで聴くレベルですから、気張ってもあまり意味がないのですが(汗)。

さて、傾聴。
前前作「Voice」、前作「Move」と聴き比べていますが、作風としては前2作の延長線上にあります。というか、このトリオで演奏する限りはある程度の着地点に落ち着くというか、予定調和とまではいかないまでも、あらかたの完成図は想像できてしまうのですね。いい意味での「信頼と実績」に裏づけられた…というヤツです。そんな視点でこのアルバムを聴くと「Voice」で受けた衝撃や「Move」での驚きがここでも味わえるかというと、正直言いましてそこまでの感慨はありません。だからと言って駄作ということではなく、いい意味でも逆の意味でも“高値安定”という印象です。フォローのつもりではありませんが、相変わらず“プログレおやじ”を引き寄せる不思議な魔力を放っております。

つらつら考えるに、彼女やトリオに対してリスナーが求めるハードルやレベルが高くなりすぎているのかもしれませんね。だからというわけではありませんが、いったんこのフォーマットも“ご破算”にしてしまうよいタイミングかもしれませんし、また違った形で新鮮さを提供することもよりJazzっぽい生き方なのではないかと。というわけで次作に期待です♪

●Musicians
上原ひろみ / piano
Anthony Jackson / bass
Simon Phillips / drums

●Numbers
1.  Alive
2.  Wanderer
3.  Dreamer
4.  Seeker
5.  Player
6.  Warrior
7.  Firefly
8.  Spirit
9.  Life Goes On

« 英国のエクストリームメタルバンド「Sacred Mother Tongue」の2nd「Out of the Darkness」 | トップページ | フランスの奇人Emmanuel Boozの「Dans Quel Etat J'erre」 »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上原ひろみの新譜「Alive」を聴いてみた♪:

« 英国のエクストリームメタルバンド「Sacred Mother Tongue」の2nd「Out of the Darkness」 | トップページ | フランスの奇人Emmanuel Boozの「Dans Quel Etat J'erre」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ