2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Eric Harland / Voyager Live by Night(2008年) | トップページ | Andy LaverneとJohn Abercrombieのデュオアルバム「Natural Living」 »

2014年4月25日 (金)

Miles DavisのBootlegシリーズ第3弾はFillmore Eastの完全版

R0013606_1000x750
Musician●Miles Davis(trumpet)
Title●Miles at the Fillmore(1970年)
■Amazonより購入


Miles DavisのBootlegシリーズですが、1967年、1969年ときて、いよいよ70年代の電化マイルスに突入しました。しかも既存盤の「Miles at the Fillmore」を補完する完全版として登場です。2014年リリース。

というわけで参加メンバーを。
Miles Davis / trumpet
Steve Grossman / tenor,soprano sax
Chick Corea / electric piano
Keith Jarrett / organ,tambourine
Dave Holland / bass
Jack DeJohnette / drums
Airto Moreira / percussions

1970年の6月17日から20日までの4日間、Fillmore Eastでのライブ音源を漏れなく収録。テオ・マセロの手によるオリジナル盤ではカットされたSteve Grossmanのサックスが“復活”すると同時にボーナストラックとして、同年4月のFillmore Westでの音源が収められています。

というわけで傾聴。通しで聴いた感想ですが個人的にはテオ・マセロの編集盤よりもこちらのほうが圧倒的に好みです。何せ無加工の生音がダイレクトに伝わってくる迫力にはただただ唖然とさせられます。オリジナルが“作品”であるならば、こちらは生々しい“記録”であると、どなたかが巧い喩えをされていましたが、まさに言い得て妙です。

短命に終わったChick Corea(左チャンネル)とKeith Jarrett(右チャンネル)との双頭鍵盤楽器体制、Steve Grossmanのサックスなどなど、聴きどころは満載ですが、個人的にはJack DeJohnetteの大活躍ぶりに耳を奪われました。いわゆる電化マイルスが目指したポリリズムの中心人物は、間違いなくJack DeJohnetteであることを再認識した次第です。一方で、リズム隊のもう一人の担い手、Dave Hollandはタイプとしてそろそろ限界だなと嫌でも痛感させられます。ほどなく、よりファンク色が強いMichael Hendersonにメンバーチェンジしたのも納得できます。

ボーナストラックのFillmore Westの音源はKeith Jarrett加入前ですが、こちらは音質的にいまひとつですが、もちろん演奏内容は素晴らしいの一語です。

●Musicians
Miles Davis / trumpet
Steve Grossman / tenor,soprano sax
Chick Corea / electric piano
Keith Jarrett / organ,tambourine
Dave Holland / bass
Jack DeJohnette / drums
Airto Moreira / percussions

●Numbers
[CD 1] Fillmore East,June 17,1970
1.  Introduction
2.  Directions
3.  The Mask
4.  It's About That Time
5.  Bitches Brew
6.  The Theme
7.  Paraphernalia / Fillmore West,Aplil 11,1970
8.  Footprints / Fillmore West,Aplil 11,1970

[CD 2] Fillmore East,June 18,1970
1.  Directions
2.  The Mask
3.  It's About That Time
4.  Bitches Brew
5.  The Theme
6.  Spanish Key (Encore)
7.  The Theme (Encore)

[CD 3] Fillmore East,June 19,1970
1.  Directions
2.  The Mask
3.  It's About That Time
4.  I Fall in Love Too Easily
5.  Sanctuary
6.  Bitches Brew
7.  The Theme
8.  Miles Runs the Voodoo Down / Fillmore West,Aplil 11,1970

[CD 4] Fillmore East,June 20,1970
1.  Directions
2.  The Mask
3.  It's About That Time
4.  I Fall in Love Too Easily
5.  Sanctuary
6.  Bitches Brew
7.  Willie Nelson
8.  The Theme

« Eric Harland / Voyager Live by Night(2008年) | トップページ | Andy LaverneとJohn Abercrombieのデュオアルバム「Natural Living」 »

ジャズトランペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Miles DavisのBootlegシリーズ第3弾はFillmore Eastの完全版:

« Eric Harland / Voyager Live by Night(2008年) | トップページ | Andy LaverneとJohn Abercrombieのデュオアルバム「Natural Living」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ