2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Jeff Beck御大来日記念盤「Yosogai」 | トップページ | Jeff Kollman率いる「Cosmosquad」のBaked Potatoライブ »

2014年4月11日 (金)

ECMの超問題作。Michael Mantler「The Jazz Composers Orchestra」

R0013218
Musician●Michael Mantler(composer,conductor)
Title●The Jazz Composers Orchestra(1968年)
■ディスクユニオンお茶の水Jazz館で購入


ECM初期の問題作、Michael Mantler(マイケル・マントラー)による「The Jazz Composers Orchestra」です。1968年リリース。いまでこそリリスズム溢れる諸作品を送り出すブランドイメージが定着していますが、レーベル発足当初は、かなり意欲的かつ実験的でアグレッシヴな作品をリリースしていました。この「The Jazz Composers Orchestra」のその中の一つで、マイケル・マントラーが指揮するところの大オーケストラとソロイストがガチンコ勝負を展開するというもの。1968年1月24日、5月8日、6月20日、6月21日の4日間にわたって録音されています。

ソロイストを務めるミュージシャンは曲順に、
Don Cherry(cornet)
Gato Barbieri(tenor sax)
Larry Coryell(guitar)
Roswell Rudd (trombone)
Steve Swallow(bass)
Pharoah Sanders(tenor sax)
Cecil Taylor(piano)
というメンツ。
特に#2「Communications #9」で聴かれるLarry Coryellの奇っ怪なギターと、#6「Communications #11-Part 2」でのCecil Taylorの鬼神のようなピアノソロが大変印象的です。いわゆるバックに回った形のミュージシャンを見ても、Randy Brecker、Steve Lacy、Steve Marcus、Carla Bley、Ron Carter、Charlie Haden、Eddie Gomezなどの後に大物へと大成した人たちの名前がずらり。Ron Carterを除けばまだまだ新進気鋭の若手ミュージシャンだったわけで、逸材を発掘し育てる育成型レーベルの原型を見ることができます。


●Musicians
Michael Mantler / composer,conductor
Don Cherry / cornet on #1
Lloyd Michels / fluegelhorn
Randy Brecker / fluegelhorn
Stephen Furtado / fluegelhorn
Bob Northern / fluegelhorn
Julius Watkins / fluegelhorn
Jimmy Knepper / trombone
Roswell Rudd / trombone on #3
Jack Jeffers / bass trombone
Howard Johnson / tuba
Steve Lacy / soprano sax
Al Gibbons / soprano sax
Steve Marcus / soprano sax
Gene Hull / alto sax
Bob Donvan / alto sax
Frank Wess / alto sax
Bob Donovan / alto sax
Jimmy Lyons / alto sax
Gato Barbieri / tenor sax on #1
Lew Tabackin / tenor sax
George Barrow / tenor sax
Pharoah Sanders / tenor sax on #4
Charles Davis / baritone sax
Larry Coryell / guitar on #2
Carla Bley / piano
Cecil Taylor / piano on #6
Kent Carter / bass
Ron Carter / bass
Richard Davis / bass
Charlie Haden / bass
Reggie Workman / bass
Eddie Gomez / bass
Steve Swallow / bass on #3
Bob Cunningham / bass
Reggie Johnson / bass
Alan Silva / bass
Andrew Cyrille / drums
Beaver Harris / drums

●Numbers
1.  Communications #8
2.  Communications #9
3.  Communications #10
4.  Preview
5.  Communications #11-Part 1
6.  Communications #11-Part 2

« Jeff Beck御大来日記念盤「Yosogai」 | トップページ | Jeff Kollman率いる「Cosmosquad」のBaked Potatoライブ »

フリージャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECMの超問題作。Michael Mantler「The Jazz Composers Orchestra」:

« Jeff Beck御大来日記念盤「Yosogai」 | トップページ | Jeff Kollman率いる「Cosmosquad」のBaked Potatoライブ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ