2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 豪華ゲストを従えたJohn Patitucci「Line By Line」 | トップページ | Vin入りカルテットの4作目。Abercrombie「Wait Till You See Her」 »

2014年2月22日 (土)

Arild Andersenのピアノトリオ再び「The Triangle」

R0013222
Musician●Arild Andersen(double-bass)
Title●The Triangle(2004年)
■ディスクユニオンお茶の水Jazz館で購入


ノルウェー出身のベース奏者Arild Andersen(アリルド・アンデルセン)
が中心となっているピアノトリオによる「The Triangle」(2003年)です。
参加メンバーは
ギリシャ出身の鍵盤楽器奏者Vassilis Tsabropoulos(ヴァシリス・ツァブロプス)
Soft Machineなどで活躍したイギリス出身のJohn Marshall(drums)
という構成です。
同一メンバーによる「Achirana」(1999年)の続編的な作品なのでしょう。全9曲中、Andersenが3曲、Tsabropoulosが4曲を担当しています。プロデューサーはご存じマンフレード・アイヒャー氏が担当しています。

メンバー2作目ということも関係していると思われますが、鬼気迫るリリスズムに溢れていた前作「Achirana」よりはややリラックスムードが漂う本作。相変わらずECMらしい透徹感が実に清々しい作品に仕上がっています。#2「Pavane」はラヴェルの曲が原曲だそうです。個人的な一押しは#7「Lines」で珍しく4ビートのアップテンポな曲。3分にも満たない小品ですが、なかなか聴かせます。ラスト#9「Cinderella Song」はTsabropoulosの作品ですが、Bill Evans2を彷彿とさせる甘いメロディーでうっとり。アルバム最後を飾るにはもっとも相応しい佳作です♪

●Musicians
Arild Andersen / double-bass
Vassilis Tsabropoulos / piano
John Marshall / drums

●Musicinas
1.  Straight
2.  Pavane
3.  Saturday
4.  Choral
5.  Simple Thoughts
6.  Prism
7.  Lines
8.  European Triangle
9.  Cinderella Song

« 豪華ゲストを従えたJohn Patitucci「Line By Line」 | トップページ | Vin入りカルテットの4作目。Abercrombie「Wait Till You See Her」 »

ジャズベース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arild Andersenのピアノトリオ再び「The Triangle」:

« 豪華ゲストを従えたJohn Patitucci「Line By Line」 | トップページ | Vin入りカルテットの4作目。Abercrombie「Wait Till You See Her」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ