2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« オランダの歌姫Anneke Van Giersbergenの3rd「Drive」 | トップページ | Mike Holoberの2nd「Canyon」を聴く »

2013年11月 1日 (金)

Beck,Bogart & Appiceの40周年記念盤「Live In Japan」を聴く

R0013035
Musician●Beck,Bogart & Appice
Title●Live In Japan(1973年)
■Amazonで購入


このところ中高年の財布が狙われ続けています。

希代のロックトリオ「Beck,Bogart & Appice」が1973年に来日公演を行い、日本のみでリリースされた「Live In Japan」がリマスター化されて再発売されるとか。完全限定発売というフレーズが、否応なしに中高年の心を強く揺さぶります。というわけで、予約注文したブツが無事に到着しました。1973年5月18日、19日の2日間、大阪厚生年金会館でのライブを収めたもので、メンバーは言うまでもなく、Jeff Beck(guitar)、Tim Bogert(bass,vocal)、Carmine Appice(drums,vocal)のトリオ。

今回のリマスター化の目玉は、5月19日のセットリストに合わせて曲順が入れ替わっている点だとか。アナログは2枚組4面でしたが、アナログ盤の収録時間という物理的な要因と、各盤トップに派手目の曲を配したいという編集上の狙いからそのような曲順になったそうです。ちなみにオリジナル盤ではA面に「Superstition」、C面に「Sweet Sweet Surrender」が収められていました。この編集自体には特別なものは感じませんが、慣れ親しんだ曲順と違うということだけでもかなり新鮮な気分になれます。

この盤は初CD化バージョンと初回リマスター化の2バージョンを所有していますが、Tim Bogertのパートを強調したと言われている初回リマスター盤と聴き比べると、確かに全体のバランスが良くなり格段に聴きやすくなっています。そりゃ、高い銭を出したのですから当然ですね。音に関しては大満足です。完全限定発売ということで、在庫がなくなり次第販売中止ということですから、興味ある方はお早めに!

●Musicians
Jeff Beck / guitar
Tim Bogert / bass,vocal
Carmine Appice / drums,vocal

●Numbers
[CD 1]
1.     Superstition
2.     Livin' Alone
3.     I'm So Proud
4.     Lady
5.     Morning Dew
6.     Sweet Sweet Surrender
7.     Lose Myself With You
8.     Black Cat Moan
9.     Jeff's Boogie
10.   Why Should I Care

[CD 2]    
1.     Going Down
2.     Plynth/Shotgun (Medley)
3.     Boogie

アナログオリジナル盤の曲順も掲載しておきます
[Side A]
1.     Superstition
2.     Lose Myself With You
3.     Jeff's Boogie
[Side B]    
1.     Going Down
2.     Boogie
3.     Morning Dew
[Side C]   
1.     Sweet Sweet Surrender
2.     Livin' Alone
3.     I'm So Proud
4.     Lady
[Side D]         
1.     Black Cat Moan
2.     Why Should I Care
3.     Plynth/Shotgun (Medley)

« オランダの歌姫Anneke Van Giersbergenの3rd「Drive」 | トップページ | Mike Holoberの2nd「Canyon」を聴く »

ロックギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Beck,Bogart & Appiceの40周年記念盤「Live In Japan」を聴く:

« オランダの歌姫Anneke Van Giersbergenの3rd「Drive」 | トップページ | Mike Holoberの2nd「Canyon」を聴く »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ