2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Matteo Sabattiniの2nd「Metamorpho」 | トップページ | Andy Timmonsの別働隊「Orange Swirl」 »

2013年7月 5日 (金)

ロシアの気鋭Andrei KondakovとPaul Bollenbackのデュオ「Alone and Together」

R0012364
Musician●Andrei Kondakov(piano)
Title●Alone and Together(2002年)
■Gemm.comより購入


ロシアの鍵盤楽器奏者Andrei Kondakov(アンドレイ・コンダコフ)がアメリカ人ギタリストPaul Bollenback(ポール・ボーレンバック)と組んだギターデュオアルバムです。タイトルの「Alone and Together」はあの名盤「Alone Together」を意識していることは明らかすぎるわけですが、時としてジャズ畑の人はこうしたことを平気でやらかしますね。KondakovとBollenbackは同時期に傑作「Kind of Optimistic」を制作しており、並行して録音されたのだと思われます。2000年と2002年にロシアでレコーディングされています。

デュオアルバムということでバンド形式で制作された「Kind of Optimistic」と比較してもあまり意味をなさないのですが、ここでの2人はあくまでも「静かな対話」に徹しています。繊細すぎるKondakovのピアノと太い弦をバリバリと弾きまくるBollenbackとは対照的とも言えますが、それはそれでしっかりと成立しているように感じられます。Jim HallとBill Evansのラインを狙ったわけではないとは思いますが、全体的に地味すぎるように思います。

ちなみに#3「And I Love Her」はレノン&マッカートニーの名曲です。

●Musicians
Paul Bollenback / guitar
Andrei Kondakov / piano,electric piano

●Numbers
1.  Song for Michel
2.  Together
3.  And I Love Her
4.  Alone Together
5.  Skylark
6.  If I Should Lose You
7.  Cat's Eye
8.  Alone
9.  I Thought about You

« Matteo Sabattiniの2nd「Metamorpho」 | トップページ | Andy Timmonsの別働隊「Orange Swirl」 »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの気鋭Andrei KondakovとPaul Bollenbackのデュオ「Alone and Together」:

« Matteo Sabattiniの2nd「Metamorpho」 | トップページ | Andy Timmonsの別働隊「Orange Swirl」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ