2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 | トップページ | FRAGILE通算9枚目のアルバム「Phantom」 »

2013年5月10日 (金)

スコヘンが参加。Jeff Berlinの初リーダー作「Champion」

R0012282
Musician●Jeff Berlin(bass,vocal)
Title●Champion(1985年)
■ディスクユニオンで購入


「BRUFORD」で凄まじいばかりの超絶技巧を聴かせていたアメリカ出身のベース奏者Jeff Berlin(ジェフ・バーリン)の初リーダー作「Champion」です。いまは懐かしい西ドイツ(当時)の「Passport」レーベルより1985年にリリースされています。参加ミュージシャンはScott Henderson(guitar)、Neil Schon(guitar)、T Lavits(keyboards)、
Steve Smith(drums)、Neil Peart(drums)、Ronnie Montrose(vocal)、Clare Fischer(keyboards)、Keith England(vocal)、Roger Love(vocal)といま考えると凄い面子です。Berlinを含めたScott Henderson、T Lavits、Steve Smithの4人は当時まだ若手で同じ「Passport」所属という事情もあります。プロデュースはいまは亡きRonnie Montrose。Neil SchonとNeil Peartの両NeilはRonnie Montroseによる引き合いなのでしょう。

ほとんどの曲がBerlinによるものですが、ハードフュージョン路線で行くのかロック路線で行くのか、方向性がきちんと定まっていないように感じられます。フュージョンならば#1や#2、#5あたりの珠玉の名曲が早くも生まれているのですが、唯一Neil Schonが参加したロック調の#4あたりまで進んでいくと「あれれ」感は正直否定できません。このあたりはプロデュースの問題かもしれません。Scott Hendersonはすでに完成の域に達していますね。

Berlin、Scott Henderson、T Lavits、Steve Smithは後に同じPassportレーベルから「Players」という企画モノをリリースしますが、これがまた素晴らしい作品です。残念ながら版元倒産のため、入手は困難を極めますがぜひ聴いていただきたい音源です。



●Musicians
Jeff Berlin / bass,backing vocal
Scott Henderson / guitar on #1,#2,#3,#5,#7,#8
Neil Schon / guitar on #4
T Lavits / keyboards
Steve Smith / drums
Neil Peart / drums on #3,#8
Ronnie Montrose / vocal

●Numbers
1.  Mother Load
2.  20,000 Prayers
3.  Marabi
4.  Subway Music
5.  Three Nighter
6.  Dixie
7.  What I Know Now
8.  Champion

« ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 | トップページ | FRAGILE通算9枚目のアルバム「Phantom」 »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スコヘンが参加。Jeff Berlinの初リーダー作「Champion」:

« ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 | トップページ | FRAGILE通算9枚目のアルバム「Phantom」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ