2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「Niacin」の8年ぶりの新作「Krush」 | トップページ | ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 »

2013年5月 5日 (日)

変態系HMバンド「Spastic Ink」の2nd「Ink Combatible」

R0012269_2
Musician●Spastic Ink
Title●Ink Combatible(2004年)
■Amazonより購入


「Watch Tower」などの流れを汲む変態系HMバンド「Spastic Ink」(スパスティック・インク)による2ndです。2004年リリース。中心人物は元「Watch Tower」のギタリストRon Jarzombek(ロン・ジャーゾンベク)で、Jason McMaster(vocal)、Pete Perez(bass)、Bobby Jarzombek(drums)という布陣。RonとBobbyは兄弟ですね。Jason McMasterは「Watch Tower」のボーカル担当だったと思います。ゲストミュージシャンとしてご存じMarty FriedmanやJens Johansson、Cynicのベース奏者Sean Maloneなどが参加。こりゃ、強力だわ。ちなみにMarty Friedmanは#8でギターソロを弾いています。

音としては基本的にはWatch Towerの延長線上にあるといっていいのですが、メタルという枠組みが何となく存在したWatch Towerに対して、「Spastic Ink」の音楽性は実に自由性に富んでいます。全曲を通して変拍子の連続で、曲構成もまったく予測不能な不可解さ。そして、Ron Jarzombekの超絶技巧と、この手の変態系プログメタルの要素は完璧に揃っています。1st「Ink Complete」(1997年)はどことなく習作的な感が強かったのですが、この作品では明らかにパワーアップしています。Watch TowerやCynicあたりが好きな人ならば、かなりはまってしまうこと請け合いです。

●Musicians
Ron Jarzombek / guitar
Jason McMaster / vocal
Pete Perez / bass
Bobby Jarzombek / drums

●Numbers
1.  Aquanet
2.  Just a Little Bit
3.  Words for Nerds
4.  Melissa's Friend
5.  Read Me(instrumental)
6.  Multi-Masking
7.  In Memory of...
8.  ACRONYM (A Chaotic Realization of Nothing Yet Misunderstood)
9.  The Cereal Mouse(instrumental)

R0012270_2


« 「Niacin」の8年ぶりの新作「Krush」 | トップページ | ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変態系HMバンド「Spastic Ink」の2nd「Ink Combatible」:

« 「Niacin」の8年ぶりの新作「Krush」 | トップページ | ECMを代表する12弦ギターの名手Ralph Towner「Solo Concert」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ