2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 北欧風シンフォ系プログレKarmakanicの「Wheel Of Life」 | トップページ | John Surman70年代初期音源の編集盤「Glancing Backwards The Anthology」 »

2013年4月21日 (日)

元「Watchtower」のギタリストRon Jarzombekの「Solitarily Speaking of Theoretical Confinement」

R0012254_2
Musician●Ron Jarzombek(guitar,bass,programming)
Title●Solitarily Speaking of Theoretical Confinement(2002年)
■Amazonより購入


アメリカの変態系HMバンド元「Watchtower」のギタリストRon Jarzombek(ロン・ジャーゾンベク)のソロ音源です。2002年リリース。参加メンバーはRoland Emessy(strings,syntesizers)、Prodeus Effecks(piano,harp,bells)、Dee Fore(drums,percussions)という面子ですが、すみません、どなたも存じ上げません。そういえばJarzombek兄弟による「Spastik Ink」にも在籍していました。

「Watchtower」でのJarzombekのギターも変態極まりなかったのですが、このリーダー作も変態ギターの神髄(?)を惜しげもなく披露しています。トラック数はなんと45曲に及んでいますが、曲間無しで一種の組曲風になっています。全編にわたってマニア垂涎の変態ギターのオンパレードがこれでもかという案配で続きます。おそらく同タイプの変態系ギタリストとして挙げられるであろう「Meshuggah」のFredrik Thordendalのような狂気じみた要素はほとんど感じられず、またRon Thalのような人をおちょくるような悪遊戯的な要素は皆無という感じです。適度な軽妙さを漂わせながらただひたすら難解極まる変態フレーズを凄まじい速度でいとも容易く弾きこなしてしまう、そんな曲芸師のようなイメージです。ギター好きには堪らない魅力が満載なわけですが、まあ、凄まじい音の洪水を前にしてしまうと完全コピーは絶望的です。

WatchtowerやCynicあたりの変態性に十分に耐性がある人のみ、強く推奨いたします♪

●Musicians
Ron Jarzombek / guitar,bass,programming
Roland Emessy / strings,syntesizers
Prodeus Effecks / piano,harp,bells
Dee Fore / drums,percussions

●Numbers
1.  Wait A Second
2.  A Headache And A Sixty-Fourth
3.  I've Got The Runs
4.  Spelling Bee
5.  911
6.  Melodramatic Chromatic
7.  To B Or Not To B
8.  Dramatic Chromatic
9.  Frank Can Get Drunk And Eat Beer
10. Battle Of The Hands
11. About Face
12. Having Second Thoughts
13. Two-Face
14. 7 Up
15. Sabbatic Chromatic
16. 207.222.200.112
17. Grizzly Bears Don't Fly Airplanes
18. Snuff
19. Sex With Squeakie
20. Two Thirds Of Satan
21. At The 7-11
22. On Second Thought
23. The Whole Truth, Nothing But...
24. Sick, Dirty, Sick
25. Minor Yours
26. Minor Else!
27. Give Me A Break
28. Yum Yum Tree
29. At The Stop N Go
30. On A Scale From 1 To 10
31. Static Chromatic
32. Rigidude
33. Erratic Chromatic
34. WatchTower
35. Back And Forth
36. Dimented
37. 1st And 10
38. Gimme 5
39. In The Name Of Ron
40. I've Got The Runs Again
41. Tri, Tri Again
42. 9 to 5
43. I've Got The Runs Really Bad
44. Gee!
45. I'll Be Back...

R0012255


« 北欧風シンフォ系プログレKarmakanicの「Wheel Of Life」 | トップページ | John Surman70年代初期音源の編集盤「Glancing Backwards The Anthology」 »

ロックギター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 北欧風シンフォ系プログレKarmakanicの「Wheel Of Life」 | トップページ | John Surman70年代初期音源の編集盤「Glancing Backwards The Anthology」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ