2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

36年ぶりの邂逅。Pat Martino「We Are Together Again」

R0012265
Musician●Pat Martino(guitar)
Title●We Are Together Again(2013年)
■Amazonより購入


ジャズギターの巨匠Pat Martino(パット・マルティーノ)の最新作「We Are Together Again」です。2013年4月、日本先行リリース。

1976年リリースの「We'll Be Together Again」で共演したGil Goldstein(ギル・ゴールドスタイン)との36年ぶりの再演という形になります。Martino自身は前作と比べることは無意味だと言っているようですが、そう言われると聴く立場としてはどうしても比較してみたくなります。前作「We'll Be Together Again」はもともとは生ピアノが使われるはずだったのが機材トラブルの関係でエレピになったことを踏まえつつ、聴いてみることに。最近のMartinoはどちらかというとハードバップ路線へと突き進んでいるように思えるのですが、ここでは一転して2人による静寂な会話に終始しています。静寂な会話という形式は前作も同じことが言えるのですが、やはり36年間という年月の流れは音の一つひとつに明確に表れています。良い意味で枯れたというか、その後の生きざまが耳に迫ってくるのです。

聞けばこの作品は東日本大震災への鎮魂歌の意味合いも含まれているとか。だからこその日本先行リリースなのだと思われます。もちろんMartinoの現在の奥さんが日本人であるということも大きな要因になっているとは思われますが、心に沁みるデュオ作品というのは、このようなアルバムに対してつけられるべき形容でしょう。

ちなみにジャケット写真とライナーは私の古い友人である、音楽ジャーナリスト・常盤武彦氏が担当しています。学生時代、バカばかりやっていたことを思い出しつつ、このアルバムを通して得られたもう一つの邂逅に感謝です♪


●Musicians
Pat Martino / guitar
Gil Goldstein / electric piano,piano

●Numbers
1.  Body And Soul
2.  Before You Ask
3.  Footprints
4.  In A Sentimental Mood
5.  City Lights
6.  Round Midnight
7.  Pompy
8.  Portrait
9.  Peace

R0012266


2013年4月28日 (日)

Portnoy Sheehan MacPalpine Sherinian「Live In Tokyo」を聴く

R0012262
Musician●Portnoy Sheehan MacPalpine Sherinian
Title●Live In Tokyo(2013年)
■Amazonより購入


ついこの間の話ですが、この4人の面子によるライブ映像がWOWOWで放送されまして、もちろん録画して鑑賞したのですが、久方ぶりに「これは凄いライブだわ!」と驚き、興奮が醒めやらぬ間に購入に至った音源です。もしやWOWOWで放送された内容とは別では?と淡い期待を抱きましたが、もちろん同一音源、同一映像が2CD、1DVDとしてまとめられています。いちおう面子を整理しますと、Mike Portnoy(drums,vocal)、Billy Sheehan(bass,vocal)、Tony MacAlpine(guitar)、Derek Sherinian(keyboards)ということで、Dream Theater、Planet X、Liquid Tension Experiment、Talasということになるのでしょうか。しかして、Dream Theater、Talasはほとんどと言ってもいいくらい未聴(汗)。Planet Xだけはほぼコンプリートという相変わらずの偏向ぶり(大汗)。どうもアメリカ産のバンドを避け続けてきたツケ(?)が回ってきているようです。それにしても最近のBilly Sheehanは「NIACIN」の新譜をリリースしたり、内田裕也主宰による例の年末恒例イベントに参加したりと、ホント八面六臂の大活躍ですよね。2012年11月14日、ZEPP TOKYOにおけるライブです。

なぜかJeff Beckの「The Pump」が取り上げられていたりと選曲の意図はよくわかりませんが、まあ、とにかく4人とも凄まじいテンションで弾きまくること、叩きまくること。これは多少値が張ってもDVD付きバージョンを買うべきです。#2「Acid Rain」のあまりの格好良さ、Planet Xの名曲#5「Apocalypse 1470B.C.」での息を呑むような緊張感は映像を見ることでよりリアルに伝わってきます。お馴染みの楽曲が多い[CD 1]に対して未開拓が多い[CD 2]に関しては、どうもアメリカ色が強くなってきて正直にいいますと流して聴いています。#15「Shy Boy」も「ああ、聴いたことがあるかも」というレベルでして(滝汗)。申し訳ありません。



●Musicians
Mike Portnoy / drums,vocal
Billy Sheehan / bass,vocal
Tony MacAlpine / guitar
Derek Sherinian / keyboards

●Numbers
[CD 1]
1.  A Change Of Seasons:The Crimson Sunrise
2.  Acid Rain
3.  The Stranger
4.  Stratus
5.  Apocalypse 1470B.C.
6.  Tony MacAlpine Guitar Solo
7.  Been Here Before

[CD 2]
8.  Birds Of Prey (Billy's Boogie)/Billy Sheehan Bass solo
9.  The Farandole
10. The Pump
11. Mike Portnoy Drum Intro/Nightmare Cinema
12. Hell's Kitchen
13. Derek Sherinian Keyboard Solo
14. Lines In The sand
15. Shy Boy

2013年4月27日 (土)

Rob Whitlockによるご機嫌な「Sketchin'」

R0012174
Musician●Rob Whitlock(keyboards,organ)
Title●Sketchin'(2005年)
■Amazonより購入


アメリカ出身の鍵盤楽器奏者Rob Whitlockが2005年にリリースした痛快なジャズ&ファンク作品です。恥ずかしながら初めて知った人なのですが1959年生まれということですから中堅どころということになるのでしょうか。おそらく初リーダー作であると思われるこの作品ですが、参加ミュージシャンが実に豪華絢爛。Anthony Jackson(bass)、Vinnie Colaiuta(drums)、Criff Almond(drums)、Pat Kelley(guitar)、Bob Whitlock(guitar)、Scott Henderson(guitar)、Michael Brecker(tenor sax)、Amber Whitlock(vocal)などという面々。同じファミリーネームの人は血縁関係なのでしょうか。

個人的に注目はScott Hendersonが参加した2曲です。特にアルバムテーマ曲である#7「Sketchin'」はHendersonとすぐわかる例のうねうねを駆使して縦横無尽に暴れまくっています。#4「God Bless the Child」は女性ボーカル入りの曲ですが、Michael Breckerまで参加するという豪華版。

どうしてもScott Hendersonばかりに注目が集まってしまうのは仕方がないのですが、ほかの曲もなかなかの出来映えで、純粋にジャズアルバムとしても楽しむことができます。ちなみに続編「Sketchin'2」にもScott Hendersonが参加しています。スコヘンの露出度という点では「Sketchin'2」のほうが面白いかもしれません。



●Musicians
Rob Whitlock / keyboards,organ
Anthony Jackson / bass
Vinnie Colaiuta / drums
Criff Almond / drums
Pat Kelley / guitar
Bob Whitlock / guitar
Scott Henderson / guitar on #4,#7
Michael Brecker / tenor sax
Amber Whitlock / vocal

●Numbers
1.  At Golden Pawn
2.  To Heather With Love
3.  I Deal
4.  God Bless the Child
5.  Po Man's Gravy
6.  Rob's New Tune
7.  Sketchin'

R0012175


2013年4月26日 (金)

John Surman70年代初期音源の編集盤「Glancing Backwards The Anthology」

R0012261
Musician●John Surman(baritone sax,soprano sax)
Title●Glancing Backwards The Anthology(2006年)
■カケハシレコードから購入


フリー系のバリトンサックス奏者John Surman(ジョン・サーマン)による70年代前期の音源をまとめたアンソロジーものです。迂闊にも知らなかったのですが2006年にリリースされています。

この手のミュージシャンの一般的な評価というか需要はかなり低いといううことは厳然たる事実ではありますが、それにしてもそんなSurmanの音源を3枚のCDにまとめてしまうという太っ腹ぶりには感服します。というわけで中身をご紹介。
---------------------------------------------------
[CD 1]
1.  Oh! Dear
2.  Dousing Rod
3.  Silver Cloud
4.  Incantation
5.  Caractacus
6.  Let's Stand
7.  Foyer Hall
8.  Porte Des Lilas
9.  Vertably
10. In Between
11. Sixes And Sevens
12. Green Walnut
[CD 2]
1.  Billie The Kid
2.  Dee Tune
3.  Centering
4.  Joachim
5.  Drum
[CD 1][CD 2]#1-#5 The Trio(1970年)
John Surman / sax
Stu Martin / drums
Barre Phillips / bass
---------------------------------------------------
6.  Conflagration
7.  Malachite
8.  Nuts
9.  Sixs And Sevens
10. B
11. Afore The Morrow
[CD 2]#6-#11 Conflagration(1971年)
Mike Osborne / alto sax,clarinet
John Surman / baritone sax,soprano sax,bass clarinet
Barre Phillips / bass
Dave Holland /  bass
Stan Sulzmann / clarinet,flute
Mark Charig / cornet
John Marshall / drums
Stu Martin / drums
Chick Corea / piano
John Taylor / piano
Alan Skidmore / soprano sax,tenor sax,flute
Malcolm Griffiths / trombone
Nick Evans / trombone
Harold Beckett / trumpet,flugelhorn
Kenny Wheeler / trumpet,flugelhorn
---------------------------------------------------
[CD 3]
1.  Glancing Backwards
2.  Earth Bound Hearts
3.  Where Fortune Smiles
4.  New Place,Old Place
5.  Hope
[CD 3]#1-#5 Where Fortune Smiles(1971年)
Dave Holland / bass
Stu Martin / drums
John McLaughlin / guitar
Karl Berger / piano
John Surman / baritone sax,soprano sax
---------------------------------------------------
6.  Harry Lovett-Man Without A Country
7.  Are You Positive You're Negative?
8.  Wrested In Mustard
9.  Professor Goodly's Implosion
10. Master Of Disaster
11. Don't Leave Me Like This
[CD 3]#6-#11 Live At Woodstock Town Hall(1976年)
Stu Martin / drums,synthesizer
John Surman / bass clarinet,reeds,baritone sax,soprano sax
---------------------------------------------------

いずれもJohn Surmanの代表作といえる名盤ですが、「The Trio」「Where Fortune Smiles」などは結構入手困難だったりするので、まとめて聴いてみたい人やこれからSurmanに挑もうと考えている人にとっては重宝するかもしれません。個人的にはSurman、Martin、Phillipsの3人による丁々発止のインプロ合戦がスリリングな「The Trio」が一番のおすすめ盤ですが、John McLaughlinとの激しいバトルが聴ける「Where Fortune Smiles」はやはり英国ジャズロックを語るうえでは欠かせない重要作品です。特に[CD 3]#4「New Place,Old Place」で聴くことのできる凄まじいインプロの応酬は必聴です♪

2013年4月21日 (日)

元「Watchtower」のギタリストRon Jarzombekの「Solitarily Speaking of Theoretical Confinement」

R0012254_2
Musician●Ron Jarzombek(guitar,bass,programming)
Title●Solitarily Speaking of Theoretical Confinement(2002年)
■Amazonより購入


アメリカの変態系HMバンド元「Watchtower」のギタリストRon Jarzombek(ロン・ジャーゾンベク)のソロ音源です。2002年リリース。参加メンバーはRoland Emessy(strings,syntesizers)、Prodeus Effecks(piano,harp,bells)、Dee Fore(drums,percussions)という面子ですが、すみません、どなたも存じ上げません。そういえばJarzombek兄弟による「Spastik Ink」にも在籍していました。

「Watchtower」でのJarzombekのギターも変態極まりなかったのですが、このリーダー作も変態ギターの神髄(?)を惜しげもなく披露しています。トラック数はなんと45曲に及んでいますが、曲間無しで一種の組曲風になっています。全編にわたってマニア垂涎の変態ギターのオンパレードがこれでもかという案配で続きます。おそらく同タイプの変態系ギタリストとして挙げられるであろう「Meshuggah」のFredrik Thordendalのような狂気じみた要素はほとんど感じられず、またRon Thalのような人をおちょくるような悪遊戯的な要素は皆無という感じです。適度な軽妙さを漂わせながらただひたすら難解極まる変態フレーズを凄まじい速度でいとも容易く弾きこなしてしまう、そんな曲芸師のようなイメージです。ギター好きには堪らない魅力が満載なわけですが、まあ、凄まじい音の洪水を前にしてしまうと完全コピーは絶望的です。

WatchtowerやCynicあたりの変態性に十分に耐性がある人のみ、強く推奨いたします♪

●Musicians
Ron Jarzombek / guitar,bass,programming
Roland Emessy / strings,syntesizers
Prodeus Effecks / piano,harp,bells
Dee Fore / drums,percussions

●Numbers
1.  Wait A Second
2.  A Headache And A Sixty-Fourth
3.  I've Got The Runs
4.  Spelling Bee
5.  911
6.  Melodramatic Chromatic
7.  To B Or Not To B
8.  Dramatic Chromatic
9.  Frank Can Get Drunk And Eat Beer
10. Battle Of The Hands
11. About Face
12. Having Second Thoughts
13. Two-Face
14. 7 Up
15. Sabbatic Chromatic
16. 207.222.200.112
17. Grizzly Bears Don't Fly Airplanes
18. Snuff
19. Sex With Squeakie
20. Two Thirds Of Satan
21. At The 7-11
22. On Second Thought
23. The Whole Truth, Nothing But...
24. Sick, Dirty, Sick
25. Minor Yours
26. Minor Else!
27. Give Me A Break
28. Yum Yum Tree
29. At The Stop N Go
30. On A Scale From 1 To 10
31. Static Chromatic
32. Rigidude
33. Erratic Chromatic
34. WatchTower
35. Back And Forth
36. Dimented
37. 1st And 10
38. Gimme 5
39. In The Name Of Ron
40. I've Got The Runs Again
41. Tri, Tri Again
42. 9 to 5
43. I've Got The Runs Really Bad
44. Gee!
45. I'll Be Back...

R0012255


2013年4月20日 (土)

北欧風シンフォ系プログレKarmakanicの「Wheel Of Life」

R0012250
Musician●Karmakanic
Title●Wheel Of Life(2003年)
■Amazonより購入


スウェーデンのプログレバンド「The Flower Kings」のベース奏者Jonas Reingold(ヨナス・レインゴールド)を中心として結成された「Karmakanic」(カーマカニック)の2ndです。2003年リリース。恥ずかしながら「Flower Kings」自体があまり馴染みがないのですが、ギターのKrister Jonsson(クライスター・ヨンソン)で釣り上げた音源です。参加メンバーはJonas Reingold、Krister Jonssonに加えてZoltan Csorsz(drums)、Goran Edman(vocal)のカルテットにゲストミュージシャンが多数という感じです。北欧プログレはあまり知らないのですが、おそらく当地のミュージシャンで固めていると推測されます。Krister JonssonはなぜかKrister Jonzonとクレジットされています。ちなみにボーカルのGoran EdmanはYngwie Malmsteenとの共演歴があるとか。

この盤は一部ではジャズロックの傑作と評価されているようですが、聴く限りではシンフォ系プログレサウンド。やはりというかYESあたりに大きく影響を受けていると思われる音作りは旧来のプログレファンならばすんなりと受け入れられるのではないかと思われます。楽曲自体は変拍子を多用しかなり複雑な構成ですが、意外と軽めのボーカルと軽快なリズム隊の大活躍によって、本家YESほどの重苦しさは感じません。Krister JonssonはSteve Howeのように前面にしゃしゃり出てくるフロントマンタイプではないので全体の中での存在感はさほど強烈ではありませんが、裏でこそこそと変態フレーズを弾いてほくそ笑むタイプの人です。これは自身のリーダー作でも同じようなことを感じます。


●Musicians
Jonas Reingold / electric bass,fretless bass,keyboards
Goran Edman / vocals
Zoltan Csorsz / drums
Krister Jonsson / electric guitar,acoustic guitar

Richard Anderson / keyboards
Roine Stolt / guitar
Tomas Bodin / Hammond organ
Hans Bruniusson / percussions
Helen Melin / percussion
Sal Dibba / congas and yembe
Helge Albin / flute
Jakob Karlzon / piano and keyboards
Ola Heden / piano
Inger Ohlen / vocals
Alex Reingold / speech

●Numbers
1. Masterplan,Part 1
2. Alex In Paradise
3. At The Speed Of Light
4. Do U Tango?
5. Where The Earth Meets The Sky
6. Hindby
7. Wheel Of Life
8. Masterplan,Part 2

R0012251


2013年4月19日 (金)

Vitalij Kuprijの3rd「VK3」を聴き直す

R0012236
Musician●Vitalij Kuprij(keyboards,paino)
Title●VK3(1999年)
■ディスクユニオンで購入


ウクライナ出身のVitalij Kuprij(ヴィタリ・クープリ)は1974年生まれの鍵盤楽器奏者。渡米前は本格的にクラシックピアノを習っていたという鍵盤楽器奏者ではありがちな経歴を持っています。渡米後は「Atension」に参加した後にソロ活動をスタートし、テクニカル系HRの殿堂「シュラプネルレーベル」からGreg Howeとの共演作「High Definition」(1997年)をリリースし、華麗すぎる超絶技巧で世間の度肝を抜きまくりました。

リーダー作としては3枚目にあたこの作品は、当時シュラプネルの看板ギタリストだったTony MacAlpine(トニー・マカパイン)を迎えて相変わらずのネオクラシカル&超絶技巧路線を突っ走っています。もちろん全曲インスト。この時期のMacAlpineもネオクラ路線全盛期の頃だったので、2人してこれでもか!とばかりに丁々発止のソロの応酬を展開。この手の音楽好きにとっては辛抱たまらん魅力が満載なわけですが、いまあらためて聴き直すと次第に飽きてきてしまうのも否めません。「へ~」「は~」「凄いね~」で終わってしまう嫌いがないわけではありません。おまけにこの2人の超絶技巧に対してバックのリズム隊が実力的に一枚落ちるため(特にドラムのJon Doman)、何となく聴いていて落ち着かない感じも受けてしまいます。もう少し時間をかけて丁寧に仕上げれば何とかなったのに…と思ってしまう1枚です。

●Musicians
Vitalij Kuprij / keyboards,piano
Tony MacAlpine / guitar
Dave Naccarelli / bass
Jon Doman / drums

●Numbers
1.  Break Through
2.  Estimation
3.  Alternate Diversion
4.  Infusion
5.  Forever
6.  Game Of Power
7.  Reflections

R0012237


2013年4月14日 (日)

Pat Mrtinoの編集盤「Givin' Away The Store」

R0012234
Musician●Pat Martino(guitar)
Title●Givin' Away The Store(1999年)
■Amazonより購入


完全復活して久しいPat Martino(パット・マルティーノ)の編集盤が出ていたので思わず買ってしまいました。リマスター盤という要素ももちろん大きいのですが、あまりにも格好いいジャケットに釣られてというのが本当のところです。収録曲は下記をご覧いただくこととして、「Footprints」(1972年)「Willis..With Pat」(1978年)「Nightwings」(1994年)「We'll Be Together Again」(1976年)「Live!」(1972年)などから選曲されています。どうやらジャズの巨人32人の編集盤らしいのですが、詳細は不明です。

個人的に収穫だったのがWillis Jackson(sax)との共演曲で、これは初めて聴いたこともあって実に新鮮な印象。しかし、圧巻はなんと言っても「Live!」収録の#7「Siunny」でしょう。まるで精密機械のように叩き出される一糸乱れぬギターソロは実に数分間にも及びますが、いつ聴いても圧倒されます。ちなみに「Sunny」はアメリカの歌手Bobby Hebbによるヒット曲のカバーですが、Martinoだけでなく、あの勝新太郎や和田アキ子も好んで歌っています。というわけで、いくつか動画を貼っておきます♪編集盤ということですがMartino入門編としてもなかなか素晴らしい選曲です。





●Musicians
Pat Martino / guitar
Bobby Rose / guitar
Richard Davis / bass
Billy Higgins / drums
James Ridl / piano
Marc Johnson / bass
Sherman Ferguson / drums
Willis Jackson / sax
Carl Wilson / organ
Jimmy Lewis / bass
Yusef Ali / drums
Ralph Dorsey / percussions
Bob Kenmotsu / sax
Bill Stewart / drums
Gill Goldstein / piano
Eddie Green / piano
Tyrone Brown / bass
Ron Thomas / piano
Jabali Billy Hart / drums
Steve LaSpina / bass
Joey Baron / drums

●Numbers
1.  The Visit
2.  Blue In Green
3.  Single Action
4.  Nightwings
5.  You Don't Know What Love Is
6.  Along Game Betty
7.  Sunny
8.  I Remember Clifford
9.  Slipback

R0012235


2013年4月13日 (土)

滝野聡が参加。佐藤達哉のリーダー作「Ecdysis」

R0012228
Musician●佐藤達哉(sax)
Title●Ecdysis(2003年)
■Amazonより購入


ジャズサックス奏者、佐藤達哉による3枚目のリーダー作「Ecdysis」です。2003年リリース。佐藤達哉は1957年生まれ。早稲田大学モダンジャズ研究会時代にコルトレーンに憧れて独学でサックスを始めたそうです。以降、山下洋輔、日野元彦らと活動を行ってきたとか。参加メンバーは以下に記していますが、当欄の目的はギターの滝野聡。リーダー作「TAKINO」「TAKINO 2」ではかなりスリリングなハード系フュージョンギターを聴かせてくれた滝野聡のプレイが気になるというわけで購入。

滝野聡自身は10曲中5曲に参加していますが、かなり真っ当なジャズギタリストに徹しています。全体的な仕上がりのいわば「大人のジャズ」という塩梅なので、滝野氏が暴れまくるシーンを求めることは無理筋と言えるかもしれません。穏やかで落ち着いた滝野氏のギターに触れるのもまた良しということで納得。個人的には美空ひばり「りんご追分」をジャズ風にアレンジした#2「Ringo Oiwake」がなかなか面白いと感じました。確かにありがちと言えばありがちなチョイスではありますが、たまには昔の名曲に違ったアプローチで触れることも新鮮な気分にしてくれます♪

●Musicians
佐藤達哉 / sax
早川哲也 / bass
滝野聡 / guitar on #1,#6,#7,#8,#9
米田正義 / piano
小島勉 / drums

●Numbers
1.  Giraffe
2.  Ringo Oiwake
3.  Ill Keep Loving You
4.  It’s a Dance
5.  The Odeon
6.  Operation“K”
7.  Darn That Dream
8.  Eleventh Hour
9.  Time Remembered
10. Gray Matter

R0012229


2013年4月12日 (金)

Miles 0kazakiの1st「Mirror」を入手

R0012220
Musician●Miles Okazaki(guitar)
Title●Mirror(2007年)
■Amazonより購入


音楽ネタとはまったく無関係の話題で恐縮です。10数年ぶりにやってしまいました。持病とも言える「肩痛&首痛」。仕事環境が変わったことも大きいのですが、長年の懸案事項である頸椎の歪みが肩痛を引き起こし、最悪は指先の痺れに至るという奴です。この数年間、何とかしのいでいたのですが、ある日突然右肩が上がらなくなってしまいました。私の場合は頸椎の変形がさまざまな神経に悪さをしているらしいのです。ただ困ったことに、劇的な痛みを伴うわけでもなく地味に痛くて地味に動作に不具合をもたらすため、周囲の理解を得難いという悲しい状況があります。間接や筋肉の不具合に原因が求められるいわゆる「●肩」とは根本的に違うのですが、いちいち説明するのも面倒なので、「はーい、●肩でーす」と言っています。本当はPC仕事も長時間続けるのは地味に辛く、タイプミスも多くて困るのですが、何とか誤魔化す日々です。暖かくなってきて症状が緩和されてきてはいますが、完全復活まではしばらく時間がかかりそうです。

閑話休題。

最近、妙に入れ込んでいる日系アメリカ人ギタリストMiles Okazakiの1stを入手しました。資料によればアメリカで自主制作されましたがイタリアのジャズ専門レーベル「Jazz Engine Records」が復刻したようです。復刻にあたってジャケットも一新されているので注意が必要です。メンバーはDavid Binney(sax)、Chris Potter(sax)、Dan Weiss(drums)といつもながらのブルックリン派のミュージシャンがずらり。Miles Okazakiは作品によってさまざまな表情を見せるというか、それがために正体不明のミュージシャンと呼ばれるのですが、1stの作風は「コンテンポラリー系ワールドミュージック」という塩梅。摩訶不思議な変則リズムに加えてタブラなどが多用されることで、ことさら国籍不明な味わいが醸し出されています。

Okazaki自身もほとんどがアコギでプレイしているので、強烈な個性を押し出した2nd3rdと比較すると「地味と言えば地味」。何回も聴き込んでいくと、一筋縄ではいかないことが身に染みてわかるのですが、やはり第一印象に左右されやすいことは否めません。まるで私の「首痛&肩痛」のようです。Okazakiの個性をガツンと味わいたい人はやはり3rdあたりから入るのがいいかもしれません。

●Musicians
Miles Okazaki / guitar,kanjira,computer
David Binney / alto sax
Miguel Zenon / alto sax
Chris Potter / tenor sax
Christof Knoche / soprano sax,alto sax
Jon Flaugher / bass
Dan Weiss / drums,tabla,frame-drum,drum-samples

●Numbers
1.  Theme I
2.  Spiral
3.  Mirror I
4.  Howl
5.  Invention
6.  Theme II
7.  Metamorphosis
8.  Halfway
9.  Momentum
10. Canon
11. Theme III
12. Improvisation
13. Volcano
14. Mirror II
15. Chorale

R0012221


2013年4月 7日 (日)

Richard Hallebeekが参加。Rene Engelの4th「Slow Life」

R0012240
Musician●Rene Engel(drums,percussions,keyboards)
Title●Slow Life(2013年)
■メーカーサイトより購入


オランダ出身のフュージョン系打楽器奏者、Rene Engel(ルネ・アンジェル)が4枚目にあたる新譜を出したので入手しました。前作「Nostalgia」が2002年の作品でしたからなんと11年ぶりの「新作」ということになります。この手のミュージシャンが寡作というか作品間のインターバルが長いことは世の常ですが、それにしても久しぶりにも程があります。Rene Engelと聞いてニヤリとしたお方は相当なフュージョンマニア。オランダのギターモンスターRichard Hallebeekの盟友でして、Hallebeek自身もRene Engelの2nd3rdに連続参加しています。参加メンバーはDavid de Marez Oyens(bass)、Davy de Wit(bass)、Coen Molenaar(keyboards)、Martin Verdonk(percussions)、Sebastian Altekamp(piano)、Frans Vollink(bass)という布陣です。ベース奏者のFrans Vollinkの名前はちょいちょい目にしますが、ほかの人たちはおそらくお初です。アムステルダムのスタジオとHallebeekの自宅スタジオでレコーディングされています。このアルバムの存在もHallebeekのサイトを巡回中に発見しました。Abstract LogixやGuitar Nineではまだアップされていないようですね。

タイトルといい長閑な雰囲気のジャケットデザインといい、イージーリスニング的な音楽を想像してしまいますが、実際は前3作同様にハード系フュージョンなのでご安心を(笑)。正直に言いましてこの音源を入手する動機はHallebeek目当てなわけですが、それを差し引いても実に良質なフュージョンアルバムに仕上がっています。Rene Engelは#2「Zanwinul」のように時折アフリカンでエスニックな要素を振りまきますね。

と言っても放置しているとそのまま消えてしまいそうなマイナー音源であることは間違いなく、日本人を代表していち早くレビューさせていただきました。Rene Engelの旧譜は我らが「World Disque」さんが再入荷しているようなので、興味ある方は今のうちにぜひぜひ♪

●Musicians
Rene Engel / drums,percussions,keyboards
Richard Hallebeek / guitar
David de Marez Oyens / bass
Davy de Wit / bass
Coen Molenaar / keyboards
Martin Verdonk / percussions
Sebastian Altekamp / piano
Frans Vollink / bass

●Numbers
1.  Rock Upon Jazz
2.  Zanwinul
3.  Chick
4.  Sketches Of Cadaques
5.  Shuffle Me,Baby!
6.  All Those Tears In Canyelles
7.  6 1/2 Weeks IN Habana
8.  Father And Son Memories
9.  Time For Some Tukker-Rock
10.  Slow Life

R0012241


2013年4月 6日 (土)

仏産ブラックメタルの雄「Deathspell Omega」の5th「Paracletus」

R0012212
Musician●Deathspell Omega
Title●Paracletus(2010年)
■Amazonより購入


カルト的な人気を誇るフランス出身のブラックメタルバンド「Deathspell Omega」の5枚目のアルバム「Paracletus」です。2010年、「Season of Mist」よりリリース。以前の記事にも書きましたがフランスのブラックメタルバンドという点だけで希少なのですが、その過激な政治思想のためなのかメンバーのプロフィールや写真などもほとんど公になっていないという奇っ怪極めるバンドです。

「メタル大手」のSeason of Mist(「SOM」)からのリリースのためでしょうか。この手のブラックメタルバンドのアルバムにしては、かなり音質も良好でサウンドプロダクションも極上に近いものがあります。デス声は当然、ギターも嫌になるほど不協和音を奏で続けるのですが、音がしっかりと耳に入ってくるので疲労感はそれほどでもありません(一般的な意味での疲労ではなく、あくまでもブラックメタルにしては…ですが)。

相変わらず予測不可能な曲展開、凶暴かつ異常なフレーズ満載のギターですが#1「Epiklesis I」で聴かれるように時折意味もなくメランコリックな一面も見せています。ただ傑作「Si Monumentum Requires Circumspice」で見せた宗教音楽にも通じる静寂さはここではほとんど陰を潜め、ある意味ではわかりやすく単純明快にひたすら全力疾走でがなり立てています。それもややセールスを意識した「SOM作品」ゆえなのでしょうか。

●Musician
Deathspell Omega

●Numbers
1.  Epiklesis I
2.  2 Wings of Predation
3.  Abscission
4.  Dearth
5.  Phosphene
6.  Epiklesis II
7.  Malconfort
8.  Have You Beheld the Fevers?
9.  Devouring Famine
10. Apokatastasis Panton

R0012213


2013年4月 5日 (金)

イタリアのサックス奏者Gaetano PartipiloとMiles Okazakiの共演「I Lile Too Much」

R0012216_2
Musician●Gaetano Partipilo(sax)
Title●I Like Too Much(2008年)
■Amazonより購入


イタリアのサックス奏者Gaetano Partipilo(ガルターノ・パルティピロ)が心身気鋭のギタリストMiles Okazakiとブルックリン派ミュージシャンではお馴染みのドラム奏者Dan Weissと組んだトリオによる音源です。2007年8月6日、イタリアでのライブ演奏です。イタリアのジャズレーベル「Jazz Engine」よりリリースされています。#4「Canon per Tones」のみがMiles Okazakiの曲ですほかはGaetano Partipiloによる曲。

全編が3人よる実に静かなインプロという感じなのですが、実は3者による激しいバトルが水面下で繰り広げられています。静かにそれでいて絞り出すように繰り出されるインプロの凄まじい応酬は一聴の価値ありです。Gaetano Partipiloはさまざまなエフェクターを駆使して七色の音を作り出す一方、Miles Okazakiも相変わらず一筋縄では行かないフレーズを連発して盛り上げています。この時期のOkazakiはBen Monderを若干意識しているよううに思えます。難解と言えば難解と言える音楽かもしれませんが、ブルックリン派ジャズが好きな人は面子からみても結構はまってしまうような中毒性がありますね。

●Musicians
Gaetano Partipilo / sax
Miles Okazaki / guitar
Dan Weiss / drums

●Numbers
1.  12 in Sogliano
2.  Celluloide
3.  Dave Moss
4.  Canon per Tones
5.  Ingratitude
6.  1:40 to New York

R0012217


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ