2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Michal Urbaniakの傑作「FusionⅢ」を入手 | トップページ | 幻の名盤「Reverie」がCD化されていました! »

2013年3月 3日 (日)

フランス産ブラックメタルの最高峰、Deathspell Omegaの「Si Monumentum Requires Circumspice」

R0012186
Musician●Deathspell Omega
Title●Si Monumentum Requires Circumspice(2004年)
■Amazonより購入


久しぶりにメタルネタ、しかもブラックメタルです。フランス出身の正体不明のブラックメタルバンド「Deathspell Omega」が2004年にリリースした傑作「Si Monumentum Requires Circumspice」です。ブラックメタルは新教圏、しかもノルウェーやスウェーデンあたりの北欧圏から生まれることが多いのですが、旧教、しかもラテン民族によるブラックメタルということだけで異彩を放っています。また、多くのブラックメタルバンドはメンバーの自己主張がことさら強烈で、そのため犯罪行為を犯したりといかにも物騒な存在なのですが、この「Deathspell Omega」はメンバーの素性すらはっきりとしていないようです。不気味ですね。

2枚目まではごく普通の(?)原初的なブラックメタルサウンドでしたが、このアルバムを契機に音楽性が一変。宗教音楽的な要素と伝統的な(?)ブラックメタルサウンドを融合させるという大胆な試みにチャレンジします。#1「First Prayer」からしていきなり宗教音楽的で荘厳な調べが響きわたり度肝を抜かされます。ただ闇雲にガナリ立てながら疾走するブラックメタルとは完全に一線を画しています。

随所にブラックメタル本来のプリミティブな魅力を十分にふりまきながらも、楽曲のレベルは実にハイクオリティー。この一見矛盾する要素をいとも容易く両立させてしまうあたりに、底知れぬ実力を感じさせます。アルバム全体の構造は前半が絶望感いっぱいのデス声でゴリゴリと押しまくりますが、後半からは中世教会音楽を思わせる静逸で安寧の世界へと移行します。まるでジキルとハイド氏的な緩急のつけ方も、見事のひと言。したがって70分以上にも及ぶ大作ながら僅かながらも飽きさせることはありません。もちろん、かなり体力を消耗することは確かですが。


●Musician
Deathspell Omega

●Numbers
1.   First Prayer
2.   Sola Fide I
3.   Sola Fide II
4.   Second Prayer
5.   Blessed Are the Dead Whiche Dye in the Lorde
6.   Hetoimasi
7.   Third Prayer
8.   Si Monumentum Requires,Circumspice
9.   Odium Nostrum
10.  Jubilate Deo (O Be Joyful in the Lord)
11.  Carnal Malefactor
12.  Drink the Devil's Blood
13.  Malign Paradigm

R0012187


« Michal Urbaniakの傑作「FusionⅢ」を入手 | トップページ | 幻の名盤「Reverie」がCD化されていました! »

メタル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« Michal Urbaniakの傑作「FusionⅢ」を入手 | トップページ | 幻の名盤「Reverie」がCD化されていました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ