2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Cyril Achardのリーダー作第2弾「In Constancia Contans」 | トップページ | 唯一無二、和風プログ風デスメタル「五人一首」の2nd「内視鏡世界」 »

2013年3月20日 (水)

豪州出身のテクニカル系ギタリストChris Brooksの1st「The Master Plan」

R0012218
Musician●Chris Brooks(guitar)
Title●The Master Plan(2001年)
■新宿レコードで購入


オーストラリア出身のテクニカル系ギタリストChris Brooks(クリス・ブルックス)による初リーダー作です。2001年リリースですがレコーディング自体は1993年からスタートしていたようです。これは若手ギタリストの常かもしれませんが作曲は当然としてすべての楽器を自身でプレイするという家内制手工業的な作品です。

このギタリスト、日本語版サイトが開設されるなど結構な力の入り具合で前宣伝されていました。実はそれに釣られて買ってしまった記憶があります。内容はというと典型的なハード系フュージョンという感じで楽曲はトニー・マカパインやグレッグ・ハウあたりから強い影響を受けています。時折ネオクラシカルの要素が入ってくるあたりは、初期マカパインのアルバムと錯覚しそうになるほどです。楽曲的にも完成度が高くかなり聴かせるギタリストですが、聴いているとどうしてもマカパインの陰がちらついてしまうのも事実。もうちょっと個性を押し出してもいいのでは、でもかなりの実力はあるので次作に乞うご期待!などと勝手に思っていましたが、2nd「The Axis Of All Things」がリリースされたのが10年後の2011年。この手のミュージシャンの需要がどれほどあるのかはわかりませんが、なかなか厳しい状況であることは確かです。

●Musician
Cris Brooks / all instruments

●Numbers
1.  Kryptica
2.  Inner Light
3.  Crack In The Hourglass
4.  Blue Sky Odyssey
5.  Funksion
6.  Master Plan Suite

R0012219


« Cyril Achardのリーダー作第2弾「In Constancia Contans」 | トップページ | 唯一無二、和風プログ風デスメタル「五人一首」の2nd「内視鏡世界」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

Thank you for your support and review.

Chris

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪州出身のテクニカル系ギタリストChris Brooksの1st「The Master Plan」:

« Cyril Achardのリーダー作第2弾「In Constancia Contans」 | トップページ | 唯一無二、和風プログ風デスメタル「五人一首」の2nd「内視鏡世界」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ