2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Cyril Achardが在籍。シンフォ系プログバンド「Arrakeen」の2nd「Mosaique」 | トップページ | 「ライ」の帝王Safy Boutellaの「Mejnoun」 »

2013年2月 8日 (金)

Misa Micevskiを聴き直す

R0012152
Musician●Misa Micevski Group(guitar)
Title●Two Shores(2007年)
■Amazonより購入


以前、記事にしたセルビア出身のHoldsworthフォロワー、Misa Micevskiによる現時点では唯一の音源「Two Shores」(2007年リリース)ですが、プレスCDをようやっと入手しました。少し前までは配信音源でしか聴くことができなかったのですよね。

別にプレスCDだから特段に変わったことがあるわけではないのですが、一応詳細なクレジットがわかるわけで、これこそがリアルCDの強みです。といっても参加しているミュージシャンは誰一人として知らないわけですが(笑)。唯一の新しい収穫(?)は#3「Vigor Suite」という曲が我らがHoldsworthとJohn McLaughlinに捧げられた曲であったということが判明した点でしょうか。曲はすべてMisa Micevskiによるものです。

数年ぶりくらいで聴き直してみましたが、もちろん「Holdsworth愛」がビンビンと痛いほど伝わってくることには相違ありません。このアルバムがリリースされてから早6年。そろそろ2ndを出してくれないでしょうか。

●Musicians
Misa Micevski / guitar,guitar-synths
Srdjjan Milacic / bass
Dusan Novakov / drums
Dejan Hasecic / guitar synths solo on track 10 (Dance)

●Numbers
1.  Two Shores
2.  Family Song
3.  Vigor Suite(dedicated To Allan Holdsworth and John McLaughlin)
4.  Some Song
5.  Mihailo
6.  Lullaby
7.  Hands of My Mother
8.  It's Open
9.  Svetlana
10. Dance

R0012153



« Cyril Achardが在籍。シンフォ系プログバンド「Arrakeen」の2nd「Mosaique」 | トップページ | 「ライ」の帝王Safy Boutellaの「Mejnoun」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Misa Micevskiを聴き直す:

« Cyril Achardが在籍。シンフォ系プログバンド「Arrakeen」の2nd「Mosaique」 | トップページ | 「ライ」の帝王Safy Boutellaの「Mejnoun」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ