2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« テクニカル系ドラム奏者Marc Norgaadのリーダー作にBrett GarsedとFrank Gambaleが参加 | トップページ | クリポタやAdam Rogersが参加。Clarence Pennの「Dali In Cobble Hill」 »

2013年2月17日 (日)

正統派ジャズロックKenny Wheeler Quintet「1976」

R0012142_3
Musician●Kenny Wheeler(Flugelhorn,trumpet)
Title●1976(1976年)
■Amazonより購入


カナダ・トロント出身でイギリスを拠点に活躍するフリューゲルホルンの名手Kenny Wheeler(ケニー・ホイーラー)がECM以外でレコーディングした「1976」です。文字通り1976年リリース。参加メンバーはArt Ellefson(sax)、Gary Whilliamson(piano)、Dave Young(bass)、Marty Morell(drums)。

ECMでの印象は牧歌的というか清涼感を売りにしていたKenny Wheelerですが、この作品では実に攻撃的なサウンドを聴かせてくれています。中身はというと典型的な70年代型ジャズロック。ややエフェクトがかかり籠もり気味の独特なフリューゲルホルンが縦横無尽に飛び交います。ちょうどチャールズ・ブロンソンが出演した「Death Wishシリーズ」のBGMに近い感じといったらニュアンスが伝わりやすいかもしれせん(余談ですが、「Death Wishシリーズ」ではハービー・ハンコック、ジミー・ペイジ、テリー・プルメリなどが音楽を担当していました)。Gary Whilliamsonが奏でるエレピも実にナイスです。リズム隊もなかなか格好いいです。よく耳を傾けてみると、#1「Hi-Yo」や#2「Slofa」などのフレーズは、同時期にリリースされたECMでの最高傑作「Gnu High」(1975年)とだぶっているんですよね。「Gnu High」はキース・ジャレットの存在もかなり大きいのですが、レーベルが違うとこうも変わってしまうのですね。この盤はなぜか希少のようで今となっては入手困難です。見つけたら即、入手をお勧めします。

●Musicians
Kenny Wheeler / flugelhorn,trumpet
Art Ellefson / sax
Gary Whilliamson / electric piano
Dave Young  / bass
Marty Morell / drums

●Numbers
1.  Hi-Yo
2.  Slofa
3.  Quiso
4.  Blues News
5.  Kitts
6.  H.S.

R0012143


« テクニカル系ドラム奏者Marc Norgaadのリーダー作にBrett GarsedとFrank Gambaleが参加 | トップページ | クリポタやAdam Rogersが参加。Clarence Pennの「Dali In Cobble Hill」 »

ジャズトランペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正統派ジャズロックKenny Wheeler Quintet「1976」:

« テクニカル系ドラム奏者Marc Norgaadのリーダー作にBrett GarsedとFrank Gambaleが参加 | トップページ | クリポタやAdam Rogersが参加。Clarence Pennの「Dali In Cobble Hill」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ