2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« テクニカル系ギタリストの競演「Guitar on the Edge」シリーズ | トップページ | スコヘン&デニチェン&バーリンの最強ユニット「HBC」1st »

2012年10月27日 (土)

JOHN McLAUGHLIN / NOW HERE THIS(2012年)

R0011953
Musician●John McLaughlin(guitar)
Title●Now Here This(2012年)
■Amazonより購入


70歳を迎えても今なお第一線で活躍を続けるJohn McLaughlin(ジョン・マクラフリン)率いる「4th Dimention」による2年ぶりの新譜が出たので早速入手してみました。このユニットとしては「To The One」以来ということになりますね。例によってAbstract Logixからリリースされています。参加メンバーはGary Husband(piano,synthesizers,drums)、Etienne M'Bappe(bass)、Ranjit Barot(drums)という面子です。Etienne M'Bappeはカメルーン出身でジョー・ザヴィヌルの「ザヴィヌル・シンジケート」で活躍したベース奏者。Ranjit Barotはインド出身のミュージシャンで御大の最近のお気に入りドラム奏者です。

そもそも「4th Dimention」はアルバム「Industrial Zen」制作から派生して生まれたユニットですが、アルバムを出すごとに進化しているから凄いことです。基本的には「To The One」の延長線上にあるハードフュージョンという作風には変わりませんが、何よりもリズム隊が素晴らしいの一語。おそらくMcLaughlin御大が組んだリズム隊の中でも最強ではないでしょうか。リリース前に御大自らが「私のこれまでの作品のなかの頂点だ」と豪語しただけの出来映えにあります。とにかく躍動し続けるリズム隊、70歳を迎えても一向に衰えを知らない御大が繰り出す弾丸フレーズ。どれをとっても素晴らしいの一語です。早くも今年度ハードフュージョンの最高傑作と断言いたします。

●Musicians
John McLaughlin / guitar,guitar synth
Gary Husband / piano,synthesizers,drums
Etienne M'Bappe / bass
Ranjit Barot / drums

●Numbers
1.  Trancefusion
2.  Riff Raff
3.  Echoes From Then
4.  Wonderfall
5.  Call & Answer
6.  Not Here Not There
7.  Guitar Love
8.  Take It Or Leave It

R0011954


« テクニカル系ギタリストの競演「Guitar on the Edge」シリーズ | トップページ | スコヘン&デニチェン&バーリンの最強ユニット「HBC」1st »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

マクラフリン先生は70歳を超えてもアグレッシブに弾きまくって素晴らしいですね。

音楽師の今年の ハードフュージョン No.1 の太鼓判もうなずけます。

 … とすると、今年のハードフュージョン No.2 は Henderson Berlin Chambers の HBC Super Trio と言う所でしょうか。

ではでは

betta taroさま

コメントありがとうございます。亀レス申し訳ありません。
記事に書きましたが、御大本人がいう最高傑作というのは、
あながち大げさではない、素晴らしい作品ですね♪

ご察しの通り、ハードフュージョンNo2はスコヘンさんで決まりです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JOHN McLAUGHLIN / NOW HERE THIS(2012年):

« テクニカル系ギタリストの競演「Guitar on the Edge」シリーズ | トップページ | スコヘン&デニチェン&バーリンの最強ユニット「HBC」1st »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ