2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« JBU参加「PHALANX」の「In Touch」を聴く | トップページ | 豪華ゲストによるChet Baker「Chet Baker & Wolfgang Lackerschmid」 »

2012年10月 8日 (月)

Alex Machacekの新譜「FAT」を聴いてみた

R0011904
Musician●Alex Machacek(guitar,programming)
Title●FAT(2012年)
■Abstract Logixより購入


「ポストHoldsworth」の呼び名が高いオーストリア出身の超絶ギタリストAlex Machacek(アレックス・マカチェク)の新譜が出たので購入しました。例によってAbstract Logixからのリリースですが、もちろんAmazonでも購入可能です。彼は「ポストHoldsworth」というよりも「新生UK」のメンバーといったほうが通りがいいかもしれませんね。

さて、原点とも言えるトリオ構成で臨んできました。メンバーはRaphael Preuschl(bass)、Herbert Pirker(drums)という面子。知らない人たちだな~と思いきや、調べてきたらベースの人はMachacekがオーストリア時代に制作した「The Next Generation of Sound」に参加していた人ですし、打楽器の人も「[SIC]」に参加した人でした。もちろん、一般性には著しく欠けるミュージシャンではありますが。アルバムタイトルの由来は「Fabulous Austrian Trio」の頭文字をとったという話ですが、その意味では地元回帰という意味なのでしょうか。よくわかりませんが。マスタリングはScott Kinseyが担当しています。インド人歌手でありMachacekの奥さんである「Sumitra」もクレジットされていますが、彼の名前が呼ばれる女性SEでも担当したのでしょうか。

アルバムをリリースする度に作風を変えてくるMachacekなので、彼の音楽性はこれだ!と言い切ることは甚だ困難なわけですが、今回は彼の音楽的原点のひとつである「ザッパ風」で攻めてきました。その意味では音楽的には「[SIC]」に近いかもしれません。難解と言えば、難解。マニアックと言えば確かにマニアック。個人的にはコンビネーション抜群のトリオが醸し出す空気感が実に心地良く、「[SIC]」に比べれば長足の進歩が感じられました。なにはともあれ、Machacekファンはマストバイ(笑)という作品です♪ちなみにこの原稿を書いている時点でのお気に入りは#6「D-Lite」ですが、日が変われば好みも変化する可能性が大です。



●Musicians
Alex Machacek / guitar,programming
Raphael Preuschl / bass,cello,bass-uke
Herbert Pirker / drums

●Numbers
1.  Why Not?(aka Disco Polka)
2.  What A Time To Be Me
3.  Safe Word
4.  Compromising Evidence
5.  Ton Portrait
6.  D-Lite
7.  The Life Of Herbert P.
8.  Studio Swing
9.  Let's Not Argue
10. FYI

R0011905


« JBU参加「PHALANX」の「In Touch」を聴く | トップページ | 豪華ゲストによるChet Baker「Chet Baker & Wolfgang Lackerschmid」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Alex Machacekの新譜「FAT」を聴いてみた:

« JBU参加「PHALANX」の「In Touch」を聴く | トップページ | 豪華ゲストによるChet Baker「Chet Baker & Wolfgang Lackerschmid」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ