2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 別冊カドカワ「プログレッシヴ・ロック」特集を買う | トップページ | オージージャズ「Jamie Oehlers Double Drummer Group」の「You R Here Session One」 »

2012年9月15日 (土)

スイス出身の新鋭トロンボーン奏者Samuel Blaser「Boundless」にMarc Ducretがゲスト参加

R0011751
Musician●Samuel Blaser(trombone)
Title●Boundless(2011年)
■Amazonより購入


当欄が半ば意地になりながら音源蒐集をしているフランスの奇才Marc Ducret(マルク・デュクレ)ですが、そもそもアーティスト情報が少ないうえに神出鬼没的にほかのミュージシャンの作品に客演することが多く、その意味でも「追いかけがいのいある」ギタリストです。とはいえ、いまはネットという強力な武器があるので、大いに助かっているのですが。「病膏肓に入る」とはまさにこのことです。

そんなわけでネット情報を頼りに引っかけたのがこの音源です。主役のSamuel Blaser(サミュエル・ブラッサー)という人はまったくのお初ですが、スイス出身の気鋭のトロンボーン奏者で現在ベルリンを中心にアンダーグラウンドな活躍をしているとか。アングラと表現したのは、メジャーな存在ではないという意味で、フリー界では引く手あまたの期待の星だとか。年齢的に30歳前後ということですがすでにリーダー作を何枚かリリースしています。参加メンバーは例によってお目当てのMarc Ducret(guitar)、Baenz Oester(bass)、Gerald Cleaver(drums)といったベテランぞろい。

内容はというと完全な欧州系フリージャズ。Samuel Blaserは実年齢に似合わない重厚かつ老成したトロンボーンを聴かせてくれます。一応、曲タイトルとしては4編から構成される組曲の形をとってはいますが、完全にBlaserとDucret両者によるインタープレイの連続です。まさに丁々発止、息を飲む緊張感の連続が延々と続きます。特に#2「Boundless Suite Part II」での盛り上がりぶりには窒息寸前です。

しかして、音質にやや難があるなと思っていたら、ライブ音源だったのですね。当欄のスタイルをあえて崩してデータを最後に記します。2010年10月7日、8日、9日の間のライブ音源です。スイスのローザンヌ、チューリッヒ、バーゼルでの収録です。フリー系レーベルとしては知る人ぞ知るスイスのレーベル「Hat Hut」からリリースされています。

●Musicians
Samuel Blaser / trombone
Marc Ducret / guitar
Baenz Oester / bass
Gerald Cleaver / drums

●Numbers
1.  Boundless Suite Part II
2.  Boundless Suite Part II
3.  Boundless Suite Part III
4.  Boundless Suite Part IV

R0011752


« 別冊カドカワ「プログレッシヴ・ロック」特集を買う | トップページ | オージージャズ「Jamie Oehlers Double Drummer Group」の「You R Here Session One」 »

フリージャズ」カテゴリの記事

コメント

奇天烈音楽士 さん はじめまして J worksと申します。

Ducret関係調べもので検索を入れると、必ずヒットする
のがここのサイトということで、時々覗かせてもらって
ました。
Ducretは、"My Man in Sydney / Bobby Previte"で
出会って以来十数年のつき合いになりますが、向こうの
変化もあり、アキることなくつき合える数少ない存在です。
50代半ばになるDucretですが、パフォーマンスの質も
落ちることなく、前進意欲を維持している、この辺も
いいですね。
"Boundless" は近作中でもお気に入りの1枚です。

Ducret以外にも私的好みの怪しい盤やらいかがわしい盤(笑)など
多数並べておられるようで、また覗かせてもらいます。

差し支えなければリンクに入れさせていただきます。
また、本作のTBさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。


J worksさま

はじめまして。コメントありがとうございます。
考えてみればJ worksさまのブログもちょくちょく拝見させていただいております。末永くよろしくお願いします。

Ducretとの出会いは数年前、Disc Union店内で、自主制作のライブ盤(トリオライブ)を偶然試聴して以来のおつき合いです。その後、当然のようにLive 2を買い、ずるずるとハマってしまっている次第です。
原稿化はまだしていませんが"My Man in Sydney / Bobby Previte"も好みです。Bobby Previteとのデュオ盤にも衝撃を受けました。

私からもリンクを貼らさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/47014730

この記事へのトラックバック一覧です: スイス出身の新鋭トロンボーン奏者Samuel Blaser「Boundless」にMarc Ducretがゲスト参加:

» Samuel Blaser / Boundless [前向きに Jazz!]
  01. Boundless Suite, Part 1 (15:12)   02. Boundless Suite, Part 2 (17:48)   03. Boundless Suite, Part 3 (16:11)   04. Boundless Suite, Part 4 (13:23) Samuel Blase... [続きを読む]

« 別冊カドカワ「プログレッシヴ・ロック」特集を買う | トップページ | オージージャズ「Jamie Oehlers Double Drummer Group」の「You R Here Session One」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ