2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 混沌のデュオMarc Ducretの「Silent Vociferation」 | トップページ | David Fiuczynski / Planet Microjam(2012年) »

2012年7月 7日 (土)

気鋭のコンテンポラリー系ギタリストMike Morenoの2nd「Third Wish」

R0010999
Musician●Mike Moreno(guitar)
Title●Third Wish(2007年)
■Amazonより購入


気鋭mのジャス系ギタリストMike Moreno(マイク・モレノ)の2ndです。2007年リリース。Criss Crossからのは初めての音源ということになります。Criss Crossといえば今や大御所の風格すら漂う大看板Adam Rogersがいますが、期待に違わずもろにその路線のギタリストです。彼らはNYCブルックリンを活動拠点とする場合が多いので、「ブルックリン派」とも言われているようです。

多くの若手ジャズ系ギタリストがPat Methenyから影響を受けることが多いのですが、Morenoの場合はJohn AbercrombieやKurt Rosenwinkelあたりの臭いも漂ってきます。特定のフォロワーに回るというよりも先達が残してきた財産をエッセンスとして上手に取り入れたという感じです。

Morenoオリジナルは3曲であとは、Herbie Hancock、Wayne Shorter、Joe Henderson、Billy Strayhornのカバーが5曲。参加メンバーはKevin Hays(piano)、Doug Weiss(bass)、Kendorick Scott(drums)というカルテット構成です。

#1  I Have A Dream
Hancockの1969年作。実に軽やかなMorenoのギターが気持ち良さそうに飛翔します。Kevin Haysのピアノも実に心地よい感じです。Morenoは決して弾き倒すというタイプではなく、スタイルとしてはBen Monderのように静かにそして丁寧に音と音を繋いでいくという職人タイプです。派手さはないものの、あとでしっとりと心に染みわたるというオヤジ泣かせのテクニックを若くして体得してしまったようです。

#2  Children Of The Night

Wayne Shorterの1961年作。今度はアコギでリリカルに歌い上げています。生ピアノとのコンビネーションが実に見事。清廉なイメージは70年代ECMサウンドにも通じます。

#3  Isotope
Joe Hendersonの1969年作。ハードバップ的にいくのかと思いきや曲途中から猛烈なスピードアップで疾走する熱演が聴かれます。Morenoはもの凄く早いパッセージを連発しているのですが、これが弾きまくりと感じさせないあたりが実は凄いことなのかと。これまで押さえ気味だったKevin Haysも結構自由奔放に暴れています。個人的にはアルバム中いち押しです。

#4  Lush Life
Billy Strayhornの曲。鍵盤楽器抜きのトリオ構成で名曲が蘇ります。真摯なプレイが何とも心地よく感じられます。

#5  Third Wish
Morenoオリジナル。若いくせに中年男の涙腺を大いに刺激するような美しいメロディーと老成したかのような老獪な曲構成。オヤジ殺しとはまさにこのこと。時折、浮遊感を感じさせるフレーズを聴かせるのはAbercrombieあたりの影響でしょうか。後半になって高らかに歌い上げるあたりは、耽美系ECMの臭いがプンプンとします。

#6  Another Way
Morenoオリジナル。エレピとKurt Rosenwinkelを彷彿とさせるメロディアスなフレーズが印象的な曲。途中からエレピが70年代Hancock的な感じに移行して、おっ!と思わせます。格好よろしい!

#7  Street Lights

Morenoオリジナル。ハードバップ的に疾走しています。中盤から弾きまくりのMorenoとこれまた70年代Hancock的なエレピとのコンビネーションが抜群。曲最後のギターとエレピの掛け合いはかなりの熱演です。もの凄い弾きまくり状態なのですが、ここでもそれをあからさまに感じさせないあたりが流石の一語です。

#8  A Flower Is A Lovesome Thing
Billy Strayhornの曲。名曲をこれまた美しいギターで歌い上げます。締めの曲としても最高のチョイス!

いわゆる「メインストリームジャズ」とはひと味違う「裏街道ジャズ」の若き旗手として今後の活躍に注目していきたいギタリストです♪


●Musician
Mike Moreno / guitar
Kevin Hays / piano
Doug Weiss / bass
Kendorick Scott / drums

●Numbers
1.  I Have A Dream
2.  Children Of The Night
3.  Isotope
4.  Lush Life
5.  Third Wish
6.  Another Way
7.  Street Lights
8.  A Flower Is A Lovesome Thing

R0011000



« 混沌のデュオMarc Ducretの「Silent Vociferation」 | トップページ | David Fiuczynski / Planet Microjam(2012年) »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/46211616

この記事へのトラックバック一覧です: 気鋭のコンテンポラリー系ギタリストMike Morenoの2nd「Third Wish」:

« 混沌のデュオMarc Ducretの「Silent Vociferation」 | トップページ | David Fiuczynski / Planet Microjam(2012年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ