2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 謎のギタリストDan CarlinのアルバムにAllan Holdsworthが参加 | トップページ | ベテランシンガーPaul Kordaの「Early Years」にHoldsworthが参加 »

2012年7月21日 (土)

Larry Coryell「Level One」が初CD化!

R0011761
Musician●Larry Coryell(guitar)
Title●Level One(1975年)
■Amazonより購入


ジャズロックギターの大御所Larry Coryell(ラリー・コリエル)による久々の音源を入手しました。といっても旧譜のリイシューなので特段大騒ぎする必要もないと思われるので、さらりと紹介します。くわしくはアナログ盤紹介記事をご覧ください♪

1970年代中盤にCoryyellは自身の固定ユニット「The Eleventh House」を結成し快進撃につぐ快進撃を遂げますが、このアルバムは「The Eleventh House」名義としては確か2枚目だったと思います。レーベルはヴァンガードから「Arista」に代わっています。NYCの「Electric Lady Studio」で録音されています。

全編が異常なまでのハイテンションで疾走する典型的なジャズロックアルバムです。「The Eleventh House」時代はCoryellのギターもさることながら、Alphonse Mouzon(percussions)とMike Mandel(keyboards)の存在が大きいと思います。おそらくMcLalughlinを強烈にライバル視して作られたと想像される#1「Level One」には神出鬼没のSteve Kahnが12弦ギターでゲスト参加しています。

ところでこのアルバム、CD化情報は結構前からアナウンスされていたにもかかわらず、途中、発売延期が2回もあって、約1ヶ月遅れでやっと陽の目を見た次第です。この手のアルバムではよくあることなので今さら驚いたりはしませんが、いま某巨大通販サイトでは入荷まで相当日にちがかかってしまうようですね。おそらく再発売はないと思われますので、全国500万人ものCoryellファンは早めに入手されることをお勧めします。そうしないと悪質なトレーダーが法外な高価をつけ始めることが予想されます。

●Musicians
Larry Coryell / guitars
Michael Lawrence / trumpet,Flugelhorn
John Lee / bass
Mike Mandel / keyboard
Alphonse Mouzon / percussion
Steve Khan / 12 string guitar on Level One

●Numbers
1.  Level One
2.  The Other Side
3.  Diedra
4.  Some Greasy Stuff
5.  Nyctaphobia
6.  Suite: a. Entrance b. Repose c. Exit
7.  Eyes Of Love
8.  Struttin' With Sunshine
9.  That's The Joint

R0011762


« 謎のギタリストDan CarlinのアルバムにAllan Holdsworthが参加 | トップページ | ベテランシンガーPaul Kordaの「Early Years」にHoldsworthが参加 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/46351592

この記事へのトラックバック一覧です: Larry Coryell「Level One」が初CD化!:

« 謎のギタリストDan CarlinのアルバムにAllan Holdsworthが参加 | トップページ | ベテランシンガーPaul Kordaの「Early Years」にHoldsworthが参加 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ