2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 日本のプログレ集団による「Pazzo Fanfano Di Musica」 | トップページ | ACTレーベル20周年記念ライブでNguyen Leが大暴れ「The ACT Jubilee Concert」 »

2012年6月24日 (日)

良質なヨーロピアンピアノトリオAlessandro Galati「Traction Avant」

R0011485
Musician●Alessandro Galati(piano)
Title●Traction Avant(1994年)
■Amazonより購入


1990年代、一部ジャズファンの間で話題になったイタリア人鍵盤楽器奏者Alessandro Galati(アレッサンドロ・ガラティ)による1994年の作品です。ベースにスウェーデン出身でJan GarbarekやKeith Jarrettとの共演で知られるECMの重鎮Palle Danielsson(パレ・ダニエルソン)、ドラムはこれまたジャズフュージョン界の大物Peter Erskine(ピーター・アースキン)というピアノトリオアルバムです。当時はほとんど無名だったAlessandro Galatiに大物2人がサポートするあたりに、彼に対する期待値の高さを伺い知ることができます。スリーブにはKenny Wheelerの推薦文が掲載されています。1994年9月12日~15日、イタリアのフィレンツェでレコーディングされています。

内容としてはBill Evansに始まりKeith Jarrettあたりに通じる典型的なピアノトリオサウンドで、Alessandro Galatiのリリカルかつ瑞々しいプレイが何とも印象的です。何も先入観をもたずに聴くとECM作品と勘違いしそうなほどですが、それはバック2人の存在も大きいのではないでしょうか。繊細すぎるDanielssonのベースと直感的なErskineのドラムスが盛り立てています。一服の清涼感に浸りたい諸兄にぜひお勧めしたい名盤です。それにしてもイタリアンジャズは奥深いですね。一時期、入手困難だったようですが、いまは比較的容易に手に入るのでぜひ♪

●Musicians
Alessandro Galati / piano
Palle Danielsson / bass
Peter Erskine / drums

●Numbers
1.  How Deep IsThe Ozone
2.  Floating #1
3.  Andre
4.  Traction Avant
5.  J.S.What
6.  Wassily
7.  Solar
8.  Floating#2
9.  Amaxonia
10. Blues As You Please

R0011486


« 日本のプログレ集団による「Pazzo Fanfano Di Musica」 | トップページ | ACTレーベル20周年記念ライブでNguyen Leが大暴れ「The ACT Jubilee Concert」 »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良質なヨーロピアンピアノトリオAlessandro Galati「Traction Avant」:

« 日本のプログレ集団による「Pazzo Fanfano Di Musica」 | トップページ | ACTレーベル20周年記念ライブでNguyen Leが大暴れ「The ACT Jubilee Concert」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ