2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 小川銀次の「Private Diary 2003.6」が再発売! | トップページ | カナダ出身の変態系ジャズロックグループ「Spaced Out」の「Eponymus 2」 »

2012年5月20日 (日)

Tony Williamsによる懐かしのライブ・アンダー・ザ・スカイ音源

R0011253
Musician●Tony Willimas(drums)
Title●The Battle Night(1978年)
■ディスクユニオンで購入


まだ日本の景気が良かった頃、野外コンサートが数多く開催されていました。多くはビールや清涼飲料水メーカーが冠スポンサーになっていたような記憶があるのですが、「はい、貴方たち素敵な音楽を聴いて喉が渇いたら弊社のドリンクを飲んでくださいね」的な非常にわかりやすいプロモーション活動だったのです。長い不景気が続いている現状では、なかなか実現性も低いのが残念といえば残念です。

いまはなき「田園コロシアム」で毎夏開催されていた「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」は主にジャズ畑のミュージシャンが参加していた有名な野外コンサートの一つ。かなりの大物ミュージシャンが毎年のように来日していたのですが、なかでもハービー・ハンコックなどは常連といっても良かったでしょう。もっともハンコックの来日目的は、信奉する某宗教団体が開催する世界的祭典に出席するのがメインで、演奏活動はそのついでだという説がまことしやかに囁かれていましたが、真相は定かではありません。とは言え、この「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」はFMラジオで放送されていて、私はハンコックとサンタナのジョイントライブを聴いた記憶があります。

このライブ音源は1978年7月の「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」のもの。地下音源なので残念ながら入手は困難を極めますが、参加メンバーが非常に興味深いので取り上げてみます。「Tony Williams All Stars」というユニット名から一目瞭然、Tony Williamsが参加しているのですが、共演メンバーが先日惜しくも世を去ってしまったRonnie Montrose(guitar)、Brian Auger(keyboards)、Mario Cipollina(bass)。そしてBilly Cobhamが後半になって特別ゲストとして参加しています。どうしてTony WilliamsとRonnie Montroseという組み合わせなのかよく理解できないのですが、もしかしたら日本でのライブならOKといことだったのかもしれません。名作「Believe It!」収録曲#1「Red Alert」や#3「Wild Life」をRonnie Montroseが弾くというだけでも面白いというか興味深いところです。ラストのWilliamsとBilly Cobhamの壮絶な「叩き合い」は迫力満点です。

惜しむらくは#1「Red Alert」で音飛びが数回あること。これは元音源に起因するのかは定かではありませんが、地下音源だけに仕方がないといえば仕方がありません。どうやら同音源が別タイトルで出回っているようですね。

●Musicians
Tony Williams / drums
Ronnie Montrose / guitar
Brian Auger / keyboards
Mario Cipollina / bass
Billy Cobham / drums on #7

●Numbers
1.  Red Alert
2.  Rocy Road
3.  Wild Life
4.  There Comes A Time
5.  Dragon Song
6.  Heads Up
7.  Drum Solo~Capricorn

R0011254


« 小川銀次の「Private Diary 2003.6」が再発売! | トップページ | カナダ出身の変態系ジャズロックグループ「Spaced Out」の「Eponymus 2」 »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/45153765

この記事へのトラックバック一覧です: Tony Williamsによる懐かしのライブ・アンダー・ザ・スカイ音源:

« 小川銀次の「Private Diary 2003.6」が再発売! | トップページ | カナダ出身の変態系ジャズロックグループ「Spaced Out」の「Eponymus 2」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ