2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Scott HendersonとMarc Guillermontが参加したコンピ物「Usonic Evolution」 | トップページ | ごった煮的な現代解釈的集合ジャズ「Zapping」 »

2012年5月27日 (日)

テクニカルプログメタル「Extol」の4th「Blueprint Dives」

R0011483
Musician●Extol
Title●Blueprint Dives(2005年)
■Amazonより購入

ノルウェー出身のテクニカル系プログメタルバンド「Extol」(エクストル)による4枚目のアルバムです。2005年リリース。このバンド、デビュー作と2作目ではかなりデス度が高かったのですが、前作を境に「脱デス」へと方向性を転換、テクニカルなスラッシュメタルサウンドへと変貌を遂げました。その意味では「Meshuggah」と受ける印象は異なるものの、指向性の点で多くの共通項を見つけることができます。

この作品ではさらに「スラッシュ度」「プログレ度」が高まっていますが、それでいて凡庸に終わらないのが彼ららしいところ。相変わらずデス声とクリーンヴォイスを巧みに使い分けるとともに、変拍子に次ぐ変拍子の多用で聴く者を飽きさせることがありません。曲によっては尻切れトンボで終わったり何やら中途半端感は拭えませんが、元よりこのバンドに求められているのは違う部分のほうが大きいのではと思われます。


●Musicians
Tor Glidje / guitar
Peter Espevoli / vocal
Ole Halvard Sveen / guitar,vocal
John Robert Mjaaland / bass
David Husvik / drums

●Numbers
1.  Gloriana 
2.  Soul Deprived 
3.  In Reversal 
4.  Pearl 
5.  From The Everyday Mountain Top 
6.  Another Adam's Escape 
7.  The Things I Found 
8.  Lost In Dismay 
9.  Essence 
10. Void 
11. The Death Sedative 
12. Riding For A Fall

R0011484


« Scott HendersonとMarc Guillermontが参加したコンピ物「Usonic Evolution」 | トップページ | ごった煮的な現代解釈的集合ジャズ「Zapping」 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカルプログメタル「Extol」の4th「Blueprint Dives」:

« Scott HendersonとMarc Guillermontが参加したコンピ物「Usonic Evolution」 | トップページ | ごった煮的な現代解釈的集合ジャズ「Zapping」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ