2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Ewan Svenssonの最新トリオ作「Moments Passed」 | トップページ | 変態系ブラックメタルユニット「Anaal Nathrakh」の1st「Codex Necro」 »

2012年3月16日 (金)

スーパードラマーSimon Phillipsの会心ライブ「Out of The Blue」

R0011200
Musician●Simon Phillips(drums)
Title●Out Of The Blue(1998年)
■Amazonより購入


「TOTO」をはじめ多くのセッション活動で多忙を極めるスーパードラマーSimon Phillips(サイモン・フィリップス)による自身3枚目のリーダー作。1998年1月、2月に行われたヨーロッパでのライブ音源です。時期的鬼考えて亡きTony Williamsに捧げたアルバム「Another Lifeime」(1997年)のためのセールスツアーではないかと思われます。参加メンバーはAndy Timmons(guitar)、Jeff Babko(keyboards)、Wendell Brooks(horns)、Jerry Watts JNR(bass)という面子です。

ここであらためてSimon Phillipsの来歴をライナーを頼りに書き出してみると、フィル・マンザネラ「801」あたりから注目を集めるようになり、以降、ジェフ・ベック、ミック・ジャガー、ザ・フー、ロキシー・ミュージック、ティアーズ・フォー・フィアーズ、10CC、マイケル・シェンカー、ジューダス・プリースト、ゲイリー・ムーア、スタンリー・クラーク、アル・ディ・メオラ…などとロック、HM、ジャズフュージョンさまざまなジャンルのミュージシャンとの共演歴があります。そういえば昨年の「東京JAZZ2011」では上原ひろみ、アンソニー・ジャクソンとのトリオで来日していました。凄まじいほどの守備範囲です。

何と言ってもギターのAndy Timmonsが素晴らしく主役のPhillipsそっちのけでTimmonsのギターばかりに注目してしまうという「いつもの悪い癖」が出てしまう作品です。アルバム「Another Lifetime」でのTimmonsも素晴らしかったのですが、やはり彼の魅力が最大限に生かされるのはライブではないでしょうか。Timmons自身のリーダー作ではロック寄りのアプローチですが、ここでは完全にジャズフュージョン寄りのプレイに徹しています。日本盤のみボーナストラックが1曲ついてきます。



●Musicians
Simon Phillips / drums
Andy Timmons / guitar
Jeff Babko / keyboards
Wendell Brooks / horns
Jerry Watts JNR / bass

●Numbers
1.  Kumi Na Moja
2.  Out Of The Blue
3.  Eyes Blue For You
4.  Band Introductions
5.  Jungleyes
6.  Isis
7.  Indian Summer
8.  Rhodes Untravelled
9.  Another Lifetime
10. Midair Decision
11. Freudian Slip ※Japanese issue only

R0011201


« Ewan Svenssonの最新トリオ作「Moments Passed」 | トップページ | 変態系ブラックメタルユニット「Anaal Nathrakh」の1st「Codex Necro」 »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパードラマーSimon Phillipsの会心ライブ「Out of The Blue」:

« Ewan Svenssonの最新トリオ作「Moments Passed」 | トップページ | 変態系ブラックメタルユニット「Anaal Nathrakh」の1st「Codex Necro」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ