2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Mike Nockのラテンフェイバー音源「Climbing」 | トップページ | Black Metalの雄「Zyklon」の3rd「Disintegrate」 »

2012年3月31日 (土)

通算8枚目。Larry Coryellの傑作「Offering」

R0011138
Musician●Larry Coryell(guitar)
Title●Offering(1972年)
■Tower Recordで購入


ジャズロックギター界の革命児Larry Coryell(ラリー・コリエル)による通算8枚目のソロアルバムです。1972年Vanguard Recordsよりリリース。1972年1月17日、18日、20日にNYC「Vanguard Studios」でレコーディングされています。長らくCD化が望まれていましたが、2002年にイタリアのレーベルによってやっと「復刻」されました。メンバーに「Tomrrow Never Knows」に客演した縁でSteve Marcus(soprano sax)を迎え、一段とパワーアップしました。前作「Barefoot Boy」(1971年)あたりから確立し始めたゴリゴリのジャズロック路線にますます磨きが掛かり、文句なしに楽しめます。いきなりギンギンのエレピで始まる#1「Foreplay」から凄まじい勢いで疾走します。

興味深いのがCD化にあたってライナーにほぼコンプリートなものと思われるディスコグラフィーが載っていることです。前出「Barefoot Boy」やスイスでのライブ音源「Fairyland」(1971年)、NYCでもライブ音源「At The Village Gate」(1971年)の3作がブルース色が強く、1973年リリース「The Real Great Eacape」でフュージョン色を強めたわけで、この「Offering」はその折衷というか分岐点になることがわかります。1966年の「Free Spirit」から始まり1999年「Monk,Trane,Miles & Me」に至るまでレーベルの詳細も記載されているのでFlying Dutchman、Vanguard、Aristaなど、それぞれのレーベルによって微妙に異なるサウンド作りを検証するうえで、大変な資料価値があると思います。

●Musicians
Larry Coryell / guitar
Steve Marcus / soprano saxophone
Mike Mandel / electric piano with fuzz-wah
Mervin Bronson / bass
Harry Wilkinson / drums
●Numbers
1.    Foreplay
2.    Ruminations
3.    Scotland I
4.    Offering
5.    The Meditation Of November 8th
6.    Beffar's Chant

R0011139


« Mike Nockのラテンフェイバー音源「Climbing」 | トップページ | Black Metalの雄「Zyklon」の3rd「Disintegrate」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通算8枚目。Larry Coryellの傑作「Offering」:

« Mike Nockのラテンフェイバー音源「Climbing」 | トップページ | Black Metalの雄「Zyklon」の3rd「Disintegrate」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ