2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« Andy Timmons会心のソロ「Resolution」 | トップページ | いい加減に復刻しなさい!Richard Beirachの「EON」 »

2012年2月10日 (金)

オランダの打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenの1st「Aggressive Attack」

R0011128
Musician●Sebastiaan Cornelissen(drums)
Title●Aggressive Attack(2001年)
■Guitar Nineより購入


オランダ出身のジャズフュージョン界を代表する打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenによる初リーダー作です。2001年に地元Munich Productionというところからリリースされています。#7「Doubter」、#8「Forum」、#9「Prompt」の3曲は2001年11月2日、アムステルダムでのライブ音源になっています。ほぼ地元のミュージシャンで固めていると思われますが、1曲のみスウェーデン出身の鍵盤楽器奏者Lalle Larssonが参加しています。Sebastiaan CornelissenとLalle LarssonとくればオランダのギターモンスターRichard Hallebeekを思い出しますが、Hallebeekは今回は不参加。そのかわりという訳ではありませんが、スリーブにはHallebeekの寄稿が載っています。どうやら同じ「Musician's Institute」出身のようです。

作風としては典型的なジャズフュージョンという感じで、決して派手さは感じられませんが、なかなか聴かせます。ただ少しばかり大人しすぎる感じもしないわけではありません。オドロオドロシいジャケットから受ける印象とは裏腹に極めて良質なジャズフュージョンアルバムに仕上がっています。

●Musicians
Sebastiaan Cornelissen / drums(1-3,5-11) / guitar(2,10-11) /guitar synthesizer(2) / fender rhodes(2,10)
Leonardo Amuedo / guitar(1,3-5,7)
Eef Albers / guitar(11)
Harry Emmery / bass(1,3,5-9)
Udo Pannekeet / bass(11) / piano solo(10)
Lalle Larsson / keyboards
Tom Beek / tenor sax

●Numbers
1.  Mr.Bambara
2.  Detuned
3.  Frametypes (30fps)
4.  Interlude
5.  Minor audio construction
6.  Tube-view
7.  Doubter
8.  Forum
9.  Prompt
10. Aggressive Attack
11. World of Appearance

R0011129


« Andy Timmons会心のソロ「Resolution」 | トップページ | いい加減に復刻しなさい!Richard Beirachの「EON」 »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/43910295

この記事へのトラックバック一覧です: オランダの打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenの1st「Aggressive Attack」:

« Andy Timmons会心のソロ「Resolution」 | トップページ | いい加減に復刻しなさい!Richard Beirachの「EON」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ