2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 日本が誇る技巧派集団「FRAGILE」の3rd「Down Side Up」 | トップページ | オランダの打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenの1st「Aggressive Attack」 »

2012年2月 5日 (日)

Andy Timmons会心のソロ「Resolution」

R0011136
Musician●Andy Timmons(guitar)
Title●Resolusion(2006年)
■Amazonで購入


元「DANGER DANGER」のギタリストAndy Timmons(アンディ・ティモンズ)による入魂のソロアルバムです。2006年リリース。これまでも何枚かのアルバムはリリースしているのですが、この時点では最高傑作ではないかと思います。メンバーはMitch Marine(drums)、Mike Daane(bass)というトリオ構成。プロデュースはAndy TimmonsとMike Daaneが担当しています。これまでのアルバムではTimmons自身がボーカルをとることも多かったのですが、今回はオールインスト、オーバーダブなどのスタジオワークなどはほとんどなく、トリオ構成のみという大変潔い作品に仕上がっています。また従来は拾遺集的に音源を集めて作られていたように思えたのですが、一貫としたコンセプトのもと「通し」で制作されたという意味でやっとリーダー作らしくなっていると思います。

基本的にはパワートリオによるハードフュージョンなのですが、ギターは決して弾き倒しというわけではなくギターソロと楽曲とが大変バランスよくまとまっている名演がずらり。この手の音楽はテレビ番組のBGMにも向くだろうなと思っていたら、案の定、#1「Deliver Us」や#5「Redemption」がとんねるずの番組で使われていました。たぶん音楽担当にTimmonsファンがいたのでしょうね。圧倒的な技量をもちながら決してそれをひけらかすことをしない点にも好感。ギターファンにとってもハードフュージョン好きにとっても楽しめる希有なアルバムです。



●Musicians
Andy Timmons / guitar
Mitch Marine / drums
Mike Daane / bass

●Numbers
1.  Deliver Us
2.  Helipad
3.  Ghost Of You
4.  Resolution
5.  Redemption
6.  Lydia
7.  Gone (9/11/01)
8.  Move On
9.  Beware Dark Days
10. The Prayer/The Answer
11. Bonus Track 1

R0011137


« 日本が誇る技巧派集団「FRAGILE」の3rd「Down Side Up」 | トップページ | オランダの打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenの1st「Aggressive Attack」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

Andyのアルバムはリリース毎に洗練され、チャレンジしていますよね!

若い頃には派手なオーバーダブじゃないと聴けませんでしたが、今ではこの手の良さが分かります!

同タイトルのDVDとタブ譜もありますね!

HiroGさま

コメントありがとうございます。
最新作のSgt.Peppersといい今一番アブラが乗ってるプレイヤーですよね。
DVDも所有していますがメーカーへ直接注文してなかなか届かないと思ったら、本人が全部の商品にサインしているとのこと。
ますますファンになりました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Andy Timmons会心のソロ「Resolution」:

« 日本が誇る技巧派集団「FRAGILE」の3rd「Down Side Up」 | トップページ | オランダの打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenの1st「Aggressive Attack」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ