2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ベトナム系フランス人ギタリストNguyen Leの編集盤 | トップページ | Matching Moleの1st「そっくりモグラ」 »

2012年1月 1日 (日)

北欧スウェーデンのプログレバンド「TRETTIOARIGA KRIGET」の2nd「Krigssang War Song」

R0011069
Musician●Trettioariga Kriget
Title●Krigssang War Song(1976年)
■Gemm.Comより購入


新年あけましておめでとうございます。
相変わらず季節感や世の中の動きとは一切無縁の当欄ですが、引き続きよろしくお願い申し上げます。

スウェーデン出身のプログレバンド「Trettioariga Kriget」(トレッティオアリガ・クリケット)は70年代から80年代に活躍した北欧ロックの立役者的存在です。1970年に結成され、1974年にアルバムデビュー。合計5枚のアルバムを残しましたが1981年に解散しています。バンド名はスウェーデン語で「30年戦争」という意味だとか。このアルバムは2枚目にあたり1975年の7月から8月にかけてストックホルムでレコーディングされています。私が入手したのは1992年リマスター盤です。リマスター盤は1st収録曲を英語で歌い変えた曲が3曲追加されています。

彼らの活動期間を見るとちょうど英国プログレブームの期間と一致しているのですが、サウンド志向もかなりプログレ、とくにYESからの影響が大です。しかし完全にプログレ一辺倒かというとそうでもなく、Deep Purpleあたりのハードロックの影響も感じさせます。結果としてテクニカルなハード&プログレサウンドに仕上がっています。全曲ともスウェーデン語で歌われているのでまるで意味がわからないことは当然として、不思議な語感を受けるボーカルがスパイスになっています。

#5  Murar(Walls)

プレイ時間は4分弱ですが、変拍子を刻むリズム隊とギターとの絡みが大変おもしろい楽曲です。ギターはブルースオリエンテッドなのにベースは完全にクリス・スクワイア。途中からフリーフォームになりベースが暴れまくるますがやがてメロトロンが入ってきて収束させます。メロディーの端々に何となく北欧土着の香りが漂います。

#7  Krigssang II(War Song II)

アルバムタイトル曲でもあり17分以上にもおよぶ大作。メロトロンから厳かに入ってくるイントロはかなりCrimson的ですが、リズム隊が機能し始めると途端にYES的な感じに変貌します。時期的にはちょうど「Fragile」のYESにかなり通じるものがあります。やがてボーカルが入るとかなり泥臭い感じに。曲の中盤あたりからやたらと転調を繰り返しますが、これも70年代プログレファンにとっては大好物であります。ベースの小技はやはりクリス・スクワイア的なんですよね。

#8  On Going To England
ボーナストラックはライブ音源です。1st収録曲を英語で歌ったもの。ただしスウェーデン訛が強烈なので英語の感じはほとんどしません。裏打ちの変拍子から入るあたりはかなりYES的です。曲途中からベースとギターが暴れ出しますが、往年のスティーヴ・ハウとクリス・スクワイアの絡みを彷彿とさせます。なかなかの熱演。ラストの泣きのギターも優れものです。

#9  Ur djupen(Out Of The Depth)

ボーナストラック。これも1stの収録曲を英語で録音し直したものだとか。かなりハードロックとフォークロック的な要素をうまくミックスさせています。ボーカルの雄叫びはなにやらイアン・ギランを感じさせるなと思いながら聴いていると、曲終盤から懐かしさを十分に感じさせるハードロックサウンドに。ギターもかなりリッチー・ブラックモアを意識しているというか、イギリスマーケットを意識しているかのようです。

●Musicians
Stefan Fredin / bass,vocals
Dag Lundqvist / drums,mellotoron
Robert Zima / vocal,guitar
Christer Akerberg / guitars
Olle Thornvall / lyrics(Swedish & English)

●Numbers
1.  Krigssang(War Song)
2.  Metamorfoser(Metamorphoses)
3.  Jag Och Jag Och "Jag"(I And I And "I")
4.  Mitt Mirakel(My Miracle)
5.  Murar(Walls)
6.  Krigssang II(War Song II)
7.  On Going To England
8.  Ur djupen(Out Of The Depth)
9.  So Long

R0011070


« ベトナム系フランス人ギタリストNguyen Leの編集盤 | トップページ | Matching Moleの1st「そっくりモグラ」 »

プログレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ベトナム系フランス人ギタリストNguyen Leの編集盤 | トップページ | Matching Moleの1st「そっくりモグラ」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ