2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 北欧スウェーデンのプログレバンド「TRETTIOARIGA KRIGET」の2nd「Krigssang War Song」 | トップページ | 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 »

2012年1月 2日 (月)

Matching Moleの1st「そっくりモグラ」

R0010971
Musician●Matching Mole
Title●same(1972年)
■Amazonより購入


英国のジャズロックバンド「Soft Machine」を脱退したRobert Wyatt(ロバート・ワイアット)が結成したユニット「Matching Mole」による1stです。1973年にWyattが転落事故によって(酔っぱらって5階から転落し下半身不随になってしまいました)、解散するという不幸な歴史をもっています。サウンドとしては初期Soft Machine(2枚目まで)のポップでアヴァンギャルドな要素とジャズロックをうまい具合に融合したもので、70年代英国ジャズロックを語るうえではやはり外せない存在ですし、のちのカンタベリー系音楽でも重要な位置づけを担っています。メンバーはPhil Miller(guitar)、Dave Sinclair(piano,organ)、Bill MacCormick(bass)で後にDave Sinclairが脱退してメンバーとなるDave McRae(electric piano)がゲスト参加しています。

#1  O Caroline
アルバムオープニングを飾るのはフォークロックを思わせるような長閑な曲。Soft Machineのような緊張感とは無縁の何やら人を喰ったような「すかし」です。ここら辺がSoft Machine時代にWyattができなかった「アヴァンギャルド・ポップス」というのでしょうね。

#2  Instant Pussy
ゆったりとしたベースラインに合わせてWyattお得意の高音スキャットが左右に飛び交う不思議な曲です。スキャットは幾重にも多重録音され折り重なるように聴く者の心を揺さぶります。ドラムは不規則でギターも勝手気ままといえば気まま。古き良き英国ジャズロックのイメージですね。

#3  Signed Curtain
#2の延長線上にベースが悲しげな生ピアノへと代わります。スキャットはそのままですが、Wyattの歌声は何とも寂しげで切なすぎます。ピアノも悲しい調べをこれでもかと生み出します。曲最後になるとベースとエレピが参加してきますが、これはキラーチューン「Part Of The Dance」への助走に過ぎません。

#4  Part Of The Dance
#3から無理矢理に編集で繋いだそうですが、個人的にはあまり強引さというか不自然さは感じません。展開が激しい音楽ばかり聴いているので耐性ができてしまったのでしょうか。ディストーションで歪んだPhil Millerのギターが全面に押し出されています。襲いかかるエレピとオルガン。リズム隊は70年代ジャズロックそのもの。凄まじいインプロの応酬で窒息寸前になります。Phil Millerの巧いのか下手なのかよくわからないギターが光っています。最後はSinclairのオルガンでクールダウンし収束します。

#5  Instant Kitten
今度はテープの逆回転と思われる効果音とWyattのスキャットで始まります。このままアヴァンギャルド路線でひた走るのかと思わせて再度ジャズロック路線へと転調。Sinclairによる強烈なオルガンサウンドが実に格好いい曲です。一気に盛り上がったところで突然、メロトロンフルートデクールダウン。

#6  Dedicated To Hugh,But You Weren't
エレピの断続的な音とギターの散文的なリフで始まり、これはありがちな実験曲なのかと不穏な気分になりますが、やがてリズム隊が加わることによって一挙に緊張感が高まります。#4「Part Of The Dance」と同じような位置づけにある曲です。曲タイトルからしてSoft Machineへのパロディーとも。

#7  Beer As In Braindeer
前曲からそのままなだれ込むように始まるフリーキーな曲。凄まじいポリリズムと荒れ狂う各パート。ファズが効いたベースとオルガンが左右に暴れまくります。

#8  Immediate Curtain
前曲から切れ目なくなだれ込むように始まるこの曲は、メロトロンを主体に幻想的な雰囲気を醸し出しています。ある意味で前曲で荒れに荒れた「場」を一挙にクールダウンし、聴く者を静寂の世界へと誘っているのでしょうか。しかし、よくよく聴くとメロトロンは次第に狂気の様相を呈しはじめ、軽いトリップ感を強要し始めます。何だこれは!まずい!と感じ始めたところで急にエンディングを迎えます。何という「すかし」なのでしょう。

オープニングのポップな感じから狂気をたぶんに含んだフリーキーなインプロまでと実にバラエティに富んだ名盤。ジャズロックファンは必携の1枚であることは言うまでもありません。

●Musicians
Robert Wyatt / drums,mellotron,piano,vocals
Phil Miller / guitars
Dave Sinclair / piano, organ
Bill MacCormick / bass
guest:
Dave McRae / electric piano

●Numbers
1.  O Caroline
2.  Instant Pussy
3.  Signed Curtain
4.  Part Of The Dance
5.  Instant Kitten
6.  Dedicated To Hugh, But You Weren't Listen
7.  Beer As In Braindeer
8.  Immediate Curtain

R0010972


« 北欧スウェーデンのプログレバンド「TRETTIOARIGA KRIGET」の2nd「Krigssang War Song」 | トップページ | 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 »

プログレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Matching Moleの1st「そっくりモグラ」:

« 北欧スウェーデンのプログレバンド「TRETTIOARIGA KRIGET」の2nd「Krigssang War Song」 | トップページ | 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ