2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 | トップページ | 渡辺香津美の幻の1st「Infinite」が復刻、再発売! »

2012年1月 4日 (水)

ギリシャ出身のジャズロックバンド「Confusion」唯一(?)のアルバム「Enter Alone」

R0011088
Musician●Confusion
Title●Enter Alone(2003年)
■Amazon USAより購入


いま何かと話題を集めている南欧はギリシャ出身のジャズロックバンド「Confusion」によるおそらく唯一のアルバムです。2003年リリース。「おそらく」としたのはバンドオフィシャルサイトがどうしても見つからず、彼らのキャリアが把握できていないからです。バンド名も今となっては大変皮肉ですね。ギタリスト兼バンマスのAchilleas Diamantis(しかしもの凄い名前ですね!)はテクニカル系ミュージシャンの虎の穴「MI」に入学し、Scott Hendersonなどからギターの手ほどきを受けたそうです。と書くと自ずとプレイスタイルは想像できてしまいます。

サウンドとしてはどちらかというとアメリカっぽいギターオリエンテッドなジャズロックですが、ブルースあり、南欧っぽい明るい楽曲もありと、実にバラエティに富んでいます。と書くとほめ言葉に聞こえますが、このバンドの目指す方向がなかなかわかり辛いのが難点と言えば難点。「とりあえずできることをやってみました感」が全体に漂っているのです。前出のAchilleas DiamantisはScott Hendersonなどに師事したということで、流麗なレガート奏法が最大の武器で聴きようによっては「ギリシャのHoldsworthy」と認定してもいいのではないでしょうか。特に#1「Quarter Past Three」で聴かれるウネウネフレーズはなかなかの聴き応えです。しかし、アルバム全体としてはバンドカラーがいまひとつ掴みきれず、聴いていて納得感のようなものに欠けるのが難点です。そういえば、ジャケットデザインもかなりのB級感がにじみ出ていますね。

<記事訂正>
Twitterでお世話になっているnagoyahelloさんからご指摘があり、この盤は2ndにあたります。本記事の見出しなどはそのままにしてここで追加訂正いたします。1stは「Genesis」というアルバムなのですが、冷静に考えたら私、この盤も所有しておりました。しかしながら例によって家庭内行方不明という状態です。nagoyahelloさんからはオフィシャルサイトも教えていただきましたので掲載します。
オフィシャルサイト
nagoyahelloさん、大変お世話になりました!




●Musicians
Achilleas Diamantis/ guitar
Takis Intas / drums
Panagiotis Haramis / bass

●Numbers
1.  Quarter Past Three
2.  Spanish Way
3.  Tripfall
4.  Enter Alone
5.  Voodoo
6.  Cacophpny Blues
7.  Old Times
8.  Edge Of The World
9.  Pico 'N'Hoover

R0011089


« 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 | トップページ | 渡辺香津美の幻の1st「Infinite」が復刻、再発売! »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!

アマゾンでのレビューを参考に色々とホールズワースのアルバムを購入させていただいています。

このマニアックなバンドのアルバムはG9のサイトでしか見たことないのに、紹介されているのでビックリしました!

このギタリストに二度会った事がありまして、一度目がホールズワースがノースハリウッドのラベリーって箱で演奏した時に合席になり、やって来たのがここのギタリストでした!

彼と合席になりホールズワースは凄いって話しで盛り上がり、このアルバムをくれました!

二度目はMIの所で会い、今ビリー・シーンとレイが引田のビデオシューティングで来てるんだって話しをした記憶があります!

常々、ディープなアルバム紹介に喜びを感じブログを拝見させていただいています。

今後も楽しみにさせていただきたいと思います。

ありがとうございます!

お役に立てましてなによりでした
ギターのアキレアスはポップス系のアーティストのアルバムなんかでもときどき名前を見かけるんですが、さすがにヨソではホールズワースっぽいプレイは控えてるようで、ホールズワース好きとしてはちと物足りなかったりします
あとギリシャだとハリー(ハララボス)・カペリアリスなんかもホールズワース・フォロワーのひとりですね。
http://www.myspace.com/harrykapeliaris

HiroGさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
ブログを中心にしている関係で密林レビューは最近滞りがちで申し訳ありません。ブログの縮小転載という形で再開しようと考えています。
ご本人とお会いしたとは凄いエピソードですね。
しかも2回とは!
最近Holdsworthy関連の発掘作業が停滞気味ですが、
ぼちぼちご紹介したいと思います。

今後ともごひいきに!

ナゴヤハローさま

コメントありがとうございます。
その節は大変お世話になりました。
自分の不明ぶりを恥じるのみですww
ハリー・カペリアリスは初めて知りました。
チェックしようと思います。

今後ともご指導のほどよろしくお願いします^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 魔術師Steve Vaiのライブ音源「Where the Other Wild Things Are」 | トップページ | 渡辺香津美の幻の1st「Infinite」が復刻、再発売! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ