2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ECM以前のMetheny&Pastoriusが聴ける異色作 | トップページ | 日野元彦さんの「TOKO At Menu In Jazz」をCDで聴く »

2011年12月17日 (土)

フランスのHoldsworthy、Marc GuillermontによるZAPPAトリビュートアルバム

R0011028
Musician●Marc Guillermont(guitar)
Title●Zappostrophe(2004年)
■Gemm.comより購入


フランス出身のAllan HoldsworthフォロワーMarc Guillermontがほとんど1人で作り上げた「Frank Zappaトリビュート物」です。2004年リリース。奇才Frank Zappaについて語るのは野暮なのでやめますが、Zappaのトリビュート物というのは聞いたことがありませんし、もしかしたら空前絶後かもしれません。ほとんどのパートをGuillermontが担当していますが、1曲のみMarc Baccariniというサックス奏者とCarole Dreantというボーカリストがゲスト参加しています。

Marc Guillermontは最近でこそAbstract Logix関連のアルバムに参加しているので名前が知られるようになりましたが、日本ではやはり無名に近い存在。2004年の時点ではそれこそ誰も知らない状態だったのではないかと推測されます。そもそもZappaをトリビュートしようという発想からして奇天烈極まるのですが、案の定、中身もへんてこりんです。Zappaが生前得意とした演劇的な要素とキッチュで猥雑な音楽的要素を見事に体現しています。Zappaのトリビュートを一つのショー仕立てにアレンジしながら、まるで絵巻物のような展開で怪しげな世界が広がります。GuillermontのギターはZappa風であったり、当然Steve Vai風であったり、Allan Holdsworth風であったりとまさに変幻自在。同じことをSteve Vaiがやったらまた違う世界になると思いますが、果たしてここまでバラエティに富むかどうか。VaiはVaiの世界でしかありませんから。

とんでもなく豊かな表現力と凄まじい技巧をもちながら日本ではまったくと言っていいほど無名なMarc Guillermont。Abstract Logixへの参入によってもっともっと名前が知られても不思議ではありません。

●Musicians
Marc Guillermont / guitar,all instruments
Marc Baccarini / sax on I Wanna Stay Inside
Carole Dreant / voice on I Wanna Stay Inside

●Numbers
1.  Prologue
2.  Hiroe's Back
3.  See U On The Next Floor Frankie
4.  The Dark Page Part 1
5.  Why Chose It Hurt Insides?
6.  Mother's No Convention Part 1
7.  Mother's No Convention Part 2
8.  Mother's No Convention Part 3
9.  Drum Solo
10. Efzed
11. Jazz'n Bell
12. The Dark Page Part 2
13. Make A Blues Noise Here
14. Kwatch
15. Village Of Fun
16. Dummbo's Run
17. Hell
18. Zappositrophe
19. Dear Frank
20. Don't Wanna Be
21. Maya's Roads
22. Mother's No Convention Part 4
23. Mother's No Convention Part 5
24. In Memory Of FZ
25. I Wanna Stay Inside
26. Hiro's Song
27. Epilogue

R0011029


« ECM以前のMetheny&Pastoriusが聴ける異色作 | トップページ | 日野元彦さんの「TOKO At Menu In Jazz」をCDで聴く »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ECM以前のMetheny&Pastoriusが聴ける異色作 | トップページ | 日野元彦さんの「TOKO At Menu In Jazz」をCDで聴く »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ