2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 80年代に活躍した伝説のバンド「PINK」復刻ベスト | トップページ | 伝説の激辛HMユニット「Haji's Kitchen」唯一の作品 »

2011年11月 4日 (金)

浮遊感あふれるAbercrombieのギターが心地よい「Class Trip」

R0010964
Musician●John Abercrombie(guitar)
Title●Class Trip(2004年)
■ディスクユニオンで購入


ECMを代表する知性派ギタリストJohn Abercrombie(ジョン・アバークロンビー)による2004年作品です。2000年代に入ってからのAbercrombieはヴァイオリン奏者との共演が目立っていますが、こちらもそう。今回はMark Feldmanを迎え入れています。参加メンバーはMarc Johnson(bass)、Joey Baron(drums)という実力派ばかり。Mark FeldmanはJohn Zornとの共演歴があるということですから、どちらかといえばフリー系の人なのかもしれません。Abercrombieの「Open Land」「Cat & Mouse」でも共演していました。

基本的には前作「Cat & Mouse」(2002年)の作風の延長線上にあるのですが、共演を重ねるうちにFeldmanとAbercrombieとの連携がさらに緊密なものになってきたように感じます。前作までのFeldmanはややお客さん扱いされているように思えていたのですが、すっかりバンドの一員として溶け込んだと言ってもよいのではないでしょうか。2人のソロイストが時には優しく、時には激しくやり合うさまはまさに芸術品。羽毛のように繊細すぎるフレーズを丹念に紡いでいく楽曲の数々にはうっとりとしてしまいます。相変わらずAbercrombieの浮遊感あふれるソロも素晴らしいの一語です。もちろんリズム隊も完璧です。2000年代ECMの最高傑作♪

●Musicians
John Abercrombie / guitar
Marc Feldman / violin
Marc Johnson / bass
Joey Baron / drums

●Numbers
1.   Dansir
2.   Risky Business
3.   Descending Grace
4.   Illinoise
5.   Cat Walk
6.   Excuse My Shoes
7.   Swirls
8.   Jack And Betty
9.   Class Trip
10.  Soldier's Song
11.  Epilogue

R0010965


« 80年代に活躍した伝説のバンド「PINK」復刻ベスト | トップページ | 伝説の激辛HMユニット「Haji's Kitchen」唯一の作品 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/42397909

この記事へのトラックバック一覧です: 浮遊感あふれるAbercrombieのギターが心地よい「Class Trip」:

« 80年代に活躍した伝説のバンド「PINK」復刻ベスト | トップページ | 伝説の激辛HMユニット「Haji's Kitchen」唯一の作品 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ