2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« カナダ産ジャズロックバンド「Spaced Out」1st | トップページ | オランダ出身の打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenのリーダー作 »

2011年10月16日 (日)

ヴァイオリンが加わった激しいインプロの応酬 Marc Ducret「Tower Vol.2」

R0010904
Musician●Marc Ducret(guitar)
Title●Tower Vol.2(2011年)
■メーカーサイトより購入


フランス出身のフリー系ジャズギタリストMarc Ducret(マルク・デュクレ)は当欄でもたびたび登場しているミュージシャンです。日本ではまだまだ無名な存在であるうえに、作品リリースもまさに神出鬼没。ゲスト参加はともかくリーダー作であっても公式HPになかなかアップされないという有様。何とか情報戦を征して入手したのがこの盤です。前作「Tower Vol.1」(2011年)の続編的な作品になるのでしょう。2010年9月24日、25日、フランスでレコーディングされています。前作と同様、Ayler Recordsというフリー系レーベルからリリースされています。

前作「Tower Vol.1」は「Ducret対管楽器集団」という構造でしたが、今回は「Ducret連合軍VSヴァイオリン」という感じで臨んでいます。参加メンバーはTim Bernne(sax)、Tom Rainey(drums)という「Sience Fiction」や「Big Satan」などでお馴染みメンツに、今回はDominique Pifarelyというヴァイオリン奏者が加わった変則カルテット構成に。このDominique Pifarelyが大変なくせ者で、Marc DucretはもちろんTim Bernneにまで絡んでいく始末です。いわば鉄壁の守りを誇るDucret軍団に紛れ込んだ暴れん坊な異分子という感じです。アルバム自体は3部構成になっていますが、第1部ではTim Bernneに、第2部ではDucretに執拗に絡みまくりますが、第3部では反省したのか全員と和気あいあいといった感じです。

毎度のことながらあまり一般的な物件とは言えませんが、全国5万人のDucretファンにはもちろんのこと、フリージャズギター好きの方には強力推薦いたします♪

●Musicians
Marc Ducret / fretless guitar
Tim Bernne / sax
Tom Rainey / drums
Dominique Pifarely / violin

●Numbers
1.  Sur I'Electricite
2.  Real Thing #3
3.  Softly Her Tower Crumbled In The  Sweet Silent Sun

R0010905


« カナダ産ジャズロックバンド「Spaced Out」1st | トップページ | オランダ出身の打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenのリーダー作 »

フリージャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« カナダ産ジャズロックバンド「Spaced Out」1st | トップページ | オランダ出身の打楽器奏者Sebastiaan Cornelissenのリーダー作 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ