2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Tunnels / Progressivity(2002年) | トップページ | Torben Waldorffキャリア初のライブ音源「Brilliance」 »

2011年7月31日 (日)

テクニカル系ギタリストオールスター大会「Abstract Logix Live 2010」

R0010841
Mucisian●Various Musicians
Title●Abstract Logix Live 2010(2011年)
■Amazonより購入


ジャズフュージョン専門の通販サイトで近年では自らレーベルを立ち上げて良質な作品をリリースしている「Abstract Logix」。個人的にも大変お世話になっています。最近では大御所John McLaughlinの作品を手がけるなど充実一途という感じですね。

そんな「Abstract Logix」が「New Universe Music Festival」と称するライブを開催しました。2010年11月20日、21日アメリカのノースカロライナでのライブ音源です。当レーベルの勢いを示すかのようにとにかく参加メンバーが豪華絢爛です。

Alex Machacek/Neal Fountain/Jeff Sipe

Ranjit Barot/Bala Bhaskar

Scott Kinsey/Matthew Garrison/Arto Tuncboyaciyan/Ranjit Barot

Jimmy Herring/Neal Fountain/Matt Slocum/Jeff Sipe

Wayne Krantz/Anthony Jackson/Cliff Almond

Lenny White/Jimmy Herring/Tom Guarna/Richie Goods/Vince Evans

John McLaughlin/Etienne Mbappe/Gary Husband/Mark Mondesir

という取り合わせです。まさに現代ジャズフュージョンの重要メンバーのオールスター大会であるといっても過言ではないでしょう。というわけで気になるナンバーをいくつか。

[CD 1]
#1  Strafe
#2  Very Sad

「Abstract」の秘蔵っ子とも言えるAlex Machacek(アレックス・マカチェク)のユニットです。ついこの間には「新生UK」のメンバーとして来日を果たしています。Allan Holdsworthの後継者と目されて久しい彼ですが、その名に恥じない暴れぶりです。スタジオ盤だとどうしても作り込んだ感じになってしまうのですが、ライブならではの適度な緊張感といい意味でのラフさが溜まりません。もちろんMachacekは弾きに弾きまくっています。打楽器がJeff Sipeというのが肝ですね。

[CD 2]
#4  Recovery
#5  Mother Tongues

2日間にわたったライブのトリを務めたのは大御所John McLaughlin(ジョン・マクラフリン)。さすがの安定感で年齢をまったく感じさせない凄まじいソロの連発にはただただ驚くばかりです。定番「Mother Tongues」ではZakir Hussainがスペシャルゲストとして参加しタブラの連打で締めくくります。圧巻という言葉しか思いつかないほどの熱演です。

ほかWayne Krantzなども相変わらずのキレキレフレーズを聴かせてくれているのですが、最後に大御所がおいしいところを全部さらってしまった感がします。CD2枚というボリュームの割に値段はリーズナブル(約1500円)だったこともあり、大変な満足感です♪

こんな素晴らしいライブ、映像化はないのかなと思っていたらどうやら9月にDVDが出るようです。CD先行リリース→DVD化作戦に見事に引っかかってしまったわけですが、内容が良ければ一向にかまいません。当然、DVDも購入予定です。

●Numbers
[CD 1]
1.  Strafe
2.  Very Sad
  Alex Machacek / guitar
  Neal Fountain / bass
  Jeff Sipe / drums
3.  Vignesh Kirtanam
  Ranjit Barot / drums
  Bala Bhaskar / violin
4.  Origin 
  Scott Kinsey / keyboard
  Matthew Garrison / bass
  Arto Tuncboyaciyan / percussion,voice
  Ranjit Barot / drums,voice
  Wayne Krantz / guitar
5.  Essaouira
6.  Sometimes I
  Scott Kinsey / keyboard
  Matthew Garrison / bass
  Arto Tuncboyaciyan / percussion,voice
  Ranjit Barot / drums,voice
7.  Rainbow
8.  Gray Day
9.  Within You Without You
  Jimmy Herring  / guitar
  Neal Fountain / bass
  Matt Slocum  / keyboard
  Jeff Sipe / drums

[CD 2]
1.  Why
  Wayne Krantz / guitar
  Anthony Jackson / bass
  Cliff Almond / drums
2.  Door #3
3.  Gazelle
  Lenny White / drums
  Jimmy Herring / guitar
  Tom Guarna / guitar
  Richie Goods / bass
  Vince Evans / keyboard
4.  Recovery
  John McLaughlin / guitar
  Etienne Mbappe / bass
  Gary Husband / keyboard,drums
  Mark Mondesir / drums
5.  Mother Tongues
  John McLaughlin / guitar
  Etienne Mbappe / bass
  Gary Husband / keyboard,drums
  Mark Mondesir / drums
  Zakir Hussain / tabla

R0010842


« Tunnels / Progressivity(2002年) | トップページ | Torben Waldorffキャリア初のライブ音源「Brilliance」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル系ギタリストオールスター大会「Abstract Logix Live 2010」:

« Tunnels / Progressivity(2002年) | トップページ | Torben Waldorffキャリア初のライブ音源「Brilliance」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ